最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する
netabare4.gif

2011年春ドラマ、天海祐希「BOSS」続編

ドラマ「BOSS2」の情報はランキングから。


2011年春ドラマ情報です。

主演は、天海祐希。
「BOSS」の続編。
フジ系木曜22時「外交官・黒田康作」枠。

「女性が見たくなる本格刑事ドラマ」をテーマとして
2009年春に放送されました。
「特別犯罪対策室」の室長に抜てきされた元女性キャリアが
落ちこぼれ部下たちをまとめあげ、凶悪事件を解決するという話。


視聴率は

第1話:18.1%
第2話:15.1%
第3話:15.2%
第4話:15.8%
第5話:18.0%
第6話:15.8%
第7話:17.2%
第8話:17.1%
第9話:16.9%
第10話:17.4%
最終回:20.7%



続編は、前回の最終回で裏金汚職に利用されていた責任を取り
日本を去ろうとしたところに携帯電話が鳴った
あのラストシーンからスタート。

実は、この電話が今後展開する事件を告げるものだったのです。
そこから新たなストーリーが展開されていく。



天海祐希コメント
『より大きな強大な敵と戦うことになっておりますので
私、横幅も縦幅も大きくなって皆さまの前に…。
いや、これ以上身長は伸びませんけど
スケール大きく皆さまの前に戻ってきたいと思っております』



キャストについては、まだ詳しくは分かっていません。
前回と同じメンバーでいって欲しいですね。


前回のキャストはこうでした。

大澤絵里子:天海祐希:「特別犯罪対策室」の室長
野立信次郎:竹野内豊:参事官補佐

木元真実:戸田恵梨香:朝起きられないために、科捜研から放り出された
花形一平:溝端淳平:やる気だけは人一倍ある新人刑事
岩井善治:ケンドーコバヤシ:暴力事件を起こして組織対策課を追い出された
山村啓輔:温水洋一:生活安全課からやってきた、警視庁一のうっかり者
片桐琢磨:玉山鉄二:組織に属することに嫌気がさしている

奈良橋玲子:吉瀬美智子:科捜研の鑑識官兼監察医

池上浩 :丸山智己
川野昭夫:長谷川博己
森政夫 :HILUMA

丹波博久:光石研:刑事部長
屋田健三:相島一之:参事官
小野田忠:塩見三省:捜査一課係長


ドラマ「BOSS、続編」の情報はランキングから。

2011年春ドラマ、反町隆史・榮倉奈々・井川遥・伊原剛志「グッドライフ」

ドラマ『グッドライフ』の情報はランキングから。

2011年春ドラマ情報です。

主演:反町隆史。
放送時間:フジ系火曜22時「美しい隣人」枠。
ドラマタイトル:「グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜」

グッドライフ (小学館文庫 ち)
原作:韓国で200万部を売り上げたチョ・チャンイン「カシコギ」。
「カシコギ」は日本でトゲウオと呼ばれる淡水魚。
メスは子供を産むと子供を捨て、オスが稚魚を必死に育てる。
子が成長すると、オスはまるでそれを見て安心したかのように死んで行く。
そんな不思議な習性を持っている魚である。



ドラマの内容
家庭を省みなかった父親が、白血病と闘う息子への愛に気づき
献身的に尽くすという感動物語。


キャッチコピー
もし、子供と一緒に過ごせる時間に限りがあると知ったとき
父親は子供に何をしてあげられるか?




あらすじ

常に仕事優先。
家庭を省みない男・澤本大地。
妻・華織が、家を出ったところから物語は始まる。

突きつけられた現実。
家事・育児…。

プライドを捨ててまで、守りたいと思える存在に見つけた矢先
息子が白血病であるということを知る。
「限られた時間の中で、最愛の子供に何ができるだろ?」
不器用に葛藤しながらも、一人前の父親になっていく…

ある一組の父と息子、そして彼らに関わる人々の物語を通し
「父親というものはどう生きて、子供に何を伝えて死ぬべきか?」
その答えを見つけるドラマである。




反町隆史コメント

『韓国のベストセラーを日本で映像化できること
主演させて頂くこと、大変嬉しく思っています。
原作を読んだ感想は、父と子の愛が切なく心温まるストーリーに
とても感動しました。
見ている方が感情移入できるような父親になれるよう
監督と相談し、一つ一つ、仕上げていきたいと思っています』





キャスト

澤本大地:反町隆史:新聞社勤務の報道記者。
超几帳面なA型。
決して妥協を許さない仕事人間。
上司に対しても自分の主張は曲げず
部下には容赦ない罵声を浴びせる。
企業の謝罪会見などで、真っ先に核心を突く質問を浴びせる自分を
誇らしく思っている。
論理的に人を糾弾することに関しては天才的。
仕事の評価は高いが、職場に仲間と呼べる人間は一人もいない。


澤本羽雲:未定:澤本の息子。愛称『わっくん』
自分のことを自分で「わっくん」と呼ぶ。
同級生にからかわれるが、どうしても恥ずかしくて「俺」「ボク」と言えない。


紺野七海:榮倉奈々:社会人一年生。
まっすぐで、勉強熱心。
でも、理想が高く、頭デッカチ。
焦って頑張ろうとすればするほど、空回り。
時としてトラブルを引き起こす。
様々な局面で、病棟の子供たちや澤本親子と関わっていく。


澤本華織:井川遥:澤本の妻。羽雲の母親。専業主婦。
元美術館のキュレーター。
展覧会の企画や開催までのすべてを取り仕切り
国内外を飛び回っていた。
キャリア志向だったが、羽雲の妊娠を期に家庭に入る。


円山湊人:伊原剛志:慇懃無な小児科医師。
バツイチ。病院に寝泊まりし、寝ぐせだらけの頭で毎日出勤。
机の上はぐちゃぐちゃ。
看護師にはセクハラ三昧。
ダメ医師のように見えるが
実は子供と真摯に向き合うことができる優秀な小児科医。


雪村慎平:未定:美術大学教授。
独身。偶然知り合った、華織の精神的支えとなる。
華織が、心の悩みを打ち明けられる唯一の存在。
子供のために美術セミナーを開催。
羽雲の個性的な絵の才能を
のびのびと伸ばしてあげることに生きがいを感じる。




感動の話のようですが、泣けるかな。
子役は未定ですが、子役にかかっている部分は大きいですね。
反町隆史の主演ドラマも久しぶり。
期待したいですね。





ドラマ『グッドライフ』の情報はランキングから。

2011年春ドラマ、相武紗季・速水もこみち・栗山千明「リバウンド」

ドラマ『リバウンド』情報はランキングから。

2011年春ドラマ情報です。

主演:相武紗季。
放送時間:日テレ系水曜22時「美咲ナンバーワン!!」枠。
ドラマタイトル:『リバウンド』
脚本:遊川和彦『女王の教室』『曲げられない女』


『リバウンド』内容

元おデブなヒロインがリバウンドを繰り返しながら
恋に仕事に友情にと人生のハードルを乗り越え
本当の自分という名の“ベスト体重”を見つける物語。


『リバウンド』あらすじ

松山市のトンカツ屋に生まれた大場信子。
トンカツとケーキ三昧の生活で、小学6年生で体重60キロ。
20歳のころには85キロに達していた。

しかし、太っているのが原因で失恋。
一念発起し、ケーキ断ち。37キロものダイエットに成功する。
モード系ファッション誌の編集部にも就職できた。

ところが、かつて「苺のショートケーキ」で信子を魅了したパティシエの息子
「スウィート王子」こと今井太一を取材したことから、“禁断”のケーキを口にすることになり
以来、ひたすらケーキを食べ続けるようになってしまう。

体型はリバウンド。
さらに会社から解雇を迫られるなど
順風満帆に見えた信子の社会人生活は急転直下!

はたして、信子のリバウンド人生。どうなる?


『リバウンド』キャスト

大場信子:相武紗季
今井太一:速水もこみち:「スウィート王子」、“オレ様”パティシエ
三村瞳:栗山千明:「バカじゃない? 男のために太るなんて…」と叱る信子の親友




相武紗季コメント
『リバウンドの経験はありません。

初めての特殊メイクで太った姿の自分を想像し、わくわくしました。

オリジナルにこだわった作品だったので
やりがいがあると感じました。とても楽しみにしています』


プロデューサーコメント
『リバウンドというタイトルから
ダイエットを扱ったコメディを想像するかもしれませんが
これは”女性の生き方”を描いた人間ドラマです。

昨年放送した「曲げられない女」の脚本・スタッフで
幸せになろうともがく女性の姿をリアルに描きます』




相武紗季と速水もこみちは「絶対彼氏」「レガッタ」で共演しているので
息が合った演技を見せてくれそうですが、逆に新鮮味はないかな。

コメディではないんですね。
特殊メイクの合成写真見たけど⇒合成写真
相武紗季でも、太るとああなちゃうんですね。






ドラマ『リバウンド』情報はランキングから。

2011年春ドラマ、杏・りょう・木村佳乃・尾野真千子・倉科カナ『名前をなくした女たち(仮)』

ドラマ『名前をなくした女たち(仮)』情報はランキングから。

2011年春ドラマ情報です。

主演:杏
放送時間:フジ系火曜21時「コントロール」枠。
ドラマタイトル:『名前をなくした女たち(仮)』
脚本:渡辺千穂「泣かないと決めた日」



『名前をなくした女たち(仮)』内容

小学校受験をめぐる5人の母親の“ママ友地獄”を描く。
友情、嫉妬、見え、うわさ、建前、裏切りなどのドロドロな人間関係
ママ友社会の光と影に悩みながら、自分らしさを見いだすまでの奮闘劇。



『名前をなくした女たち(仮)』キャスト

秋山侑子:杏
5歳の男の子の母親。
明るくて物おじしない性格。短大卒業後、ハウスメーカーに勤務。
出産後も息子を保育園に預けて働いていたが、不況のあおりでリストラ
専業主婦になる。引っ越し先で初めてママ友ができ、息子のお受験を決意。

安野ちひろ:尾野真千子
夫から虐げられているものの
それを悟らせずに明るく元気で世話好きな幼稚園の役員ママ。

進藤真央:倉科カナ
できちゃった婚をして18歳で娘を出産したヤンキーママ。
オシャレ大好き。

沢田利華子:りょう
ベビーグッズの輸入ネットショップの女性社長。

本宮レイナ:木村佳乃
生まれついてのお嬢様。
ベンチャー企業の社長と結婚。
カリスマ主婦読者モデルとして活躍するセレブママ。


杏コメント
『まさか、自分のことを話しているとは思わなかったくらい
意外なお話で驚きました。その晩は興奮して寝られませんでした。

新しい世界に踏み出していく主人公の姿は
私もリンクしていくと思います。
リアルなママ友の世界を楽しみにしていてください』

フジテレビ編成局の太田大コメント
『多くのお母さんたちが一度は悩んだことがあるというママ友トラブル。
ドラマでは、杏さんが演じる侑子の目を通して、
世の母親たちを悩ませている問題をえぐり出していきます。
誰にも相談できずに悩んでいるお母さん
育児を頑張っているお母さんたちに「独りじゃない」
と伝えられるドラマを作りたいと思います』




「泣かないと決めた日」では、榮倉奈々をいじめるヒール役でした。
今回は逆の立場?
脚本がそうだし、上司役だった木村佳乃もでるし
ああいう感じのドラマになるのかな。


春だし、入園入学のシーズン。
ドラマとリンクする部分は多そうですね。



ドラマ『名前をなくした女たち(仮)』情報はランキングから。

2011年春ドラマ、錦戸亮・水川あさみ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』

ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』情報はランキングから。

2011年春ドラマ情報です。

主演:錦戸亮
放送時間:テレ朝系金曜23時「バーテンダー」枠。
ドラマタイトル:『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』
脚本:寺田敏雄


『犬を飼うということ』内容

舞台は、建設中のスカイツリーが見える東京の下町。

中流機械メーカーの人事担当・本郷勇次は
年上の社員にリストラを宣告するのが仕事。
辛く苦しい思いを奥底に抱えながらも「家族のために…」と
どこか諦めている。
しかし、今度は自分がリストラを言い渡されることになる。


スカイツリー近くの自宅には
できちゃった婚の妻と2人の子供。

妻・幸子は、勇次のことを
父親に勘当されてまで一緒になる相手ではなかったのでは?
と思うようになっていた。
でも、「現実から逃げるわけにはいかない。
子どものためにも頑張るしかない!」と
パートを掛け持ち。働き詰めの毎日だ。

長男は、大(まさる)。
父親ゆずりのせいか何事も長続きせず、遊び回り、ほとんど家にいない。
実は「親を心配させたくない」という思いを強くもっているため
嘘を重ねはめになる。
また、クールに達観している部分もあり
「スカイツリーが完成する頃には、うちは崩壊しているだろうな」
という持論を持つ。

末っ子の眞子は、小学1年生。
「スカイツリーが完成する頃には家族が崩壊する』
という兄の言葉が頭から離れない。
唯一この家族の行く末を案じている。

5人目の家族。
捨てられていたメスのポメラニアン。
セレブの家で飼われていたらしいが、スーパーの前に捨てられた。
動物愛護センターに連れて行かれたところを眞子が救い出し、家に連れ帰る。
最初は「犬を飼う余裕なんてない!」と家族が猛反対。
でも、ひょんなことから飼うことになる。
名前は“スカイツリー”と名づけられ、眞子の親友に。
その後、「スカイツリー」によって奇跡が起こり
どん底家族を変えていくことになる。


ストレートな“泣けるホームドラマ”。


キャスト

本郷勇次:錦戸 亮
本郷幸子:水川あさみ

本郷眞子:未定
本郷 大:未定
スカイツリー:メスのポメラニアン



錦戸亮コメント
『僕の父親は、今の僕と同じ26歳のころには子どもが3人いたんです。
僕は26歳になってもこんなグッチャグチャな感じですが
今回初めて父親役をやることになって“そんな歳になったんやなぁ”と
感慨深いものがあります。

動物と子どもと一緒の撮影は大変だと言いますけど、全然大丈夫。
これまで何回も共演していて、話しやすい存在の水川さんもいるという
アドバンテージもありますし、今回の現場に対して特に不安はありません。
ほかの作品のときと同じように、淡々と一生懸命頑張りたいと思います』




「ラスト・フレンズ」「流星の絆」「オルトロスの犬」「ジョーカー」
と錦戸亮のドラマを見てきました。
ドラマ以外テレビは見ないので、素の錦戸亮は全然知らないのですが
役者としての錦戸亮はけっこう好きです。

ちょっと影のある感じが。
期待したいです。

あと、眞子ちゃんが誰になるかですね。
「Mother」の芦田愛菜ちゃんにやって欲しいな。



ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』情報はランキングから。

2011年春ドラマ、堀北真希・大倉忠義・田中美佐子『生まれる。』

ドラマ『生まれる。』情報はランキングから。

2011年春ドラマ情報です。

主演:堀北真希
放送時間:TBS系金曜22時「LADY」枠
ドラマタイトル:『生まれる。』
脚本:鈴木おさむ


●『生まれる。』内容

51歳の母親の妊娠を機に命について考えるドラマ。

出版社勤務の長女・林田愛美の母親に妊娠が発覚。
同じ女性として母親の一番の理解者でありながらも
51歳での母親の妊娠を到底受け入れられない。
当初は母親の体などを考え反対。
でも、仕事で高齢出産の取材を進めるうちに考えが変わってくる。

家族の大黒柱であり4姉弟の長女である愛美を中心に
長男、次男、次女、そして母親が、様々な葛藤を抱えながらも
生まれる「命」、そして「人との絆」について考え、悩み
自らにもう一度「生きる」ということを問いかけるヒューマンドラマ。



●『生まれる。』キャスト

長女・林田愛美:堀北真希
51歳の母親の妊娠に直面しながらも
一家の大黒柱として母親、家族を守っていく。

長男・太一:大倉忠義
愛美の弟。
ある重大な事実を突きつけられ、波乱の運命を背負うことになる。

次男・浩二:中島健人
次女・美子:
父親・新平:三宅裕司
母親・愛子:田中美佐子

水川真帆:酒井若菜
太一の勤めるデザイン会社のよき先輩

国木美和:戸田恵子
愛美が勤める編集プロダクションの上司。
愛美の憧れの存在。

近藤卓巳:大杉漣
腕利きの産婦人科医。
愛子の高年齢出産を担当する医師。


●堀北真希コメント
『自分もお母さんから生まれてきて
誰かのお母さんやお父さんになったりする。
この世に無関係の人はいない命のテーマのドラマ。
たくさんの人の心に響くように頑張りたいです』

●大倉忠義コメント
『生きるということ、命ということについて
よく考えますが、答えの出ない難しい問題に感じます。
25年しか生きていませんが、自分なりに生きるということを
勉強しながら、表現できたらなと思います』




社会派ドラマですね。
「14才の母」の時は、「14才の母」の母役だった田中美佐子。
今回は「51才の母」なんですね。





ドラマ『生まれる。』情報はランキングから。

2011年春ドラマ、松岡昌宏「高校生レストラン」

ドラマ『高校生レストラン』情報はランキングから。

2011年春ドラマ情報です。

主演:松岡昌宏
放送時間:日テレ系土曜21時「デカワンコ」枠
ドラマタイトル:『高校生レストラン』
脚本:


実在する高校生レストラン「まごの店」をモデルに、
料理人としては一流だけれど、教師としては未熟者の新米臨時採用教師と
閉塞感を抱え、将来への夢や希望を容易には持てない高校生たちが
ぶつかり合いながらも料理を通じて成長しく姿を描くドラマ。



詳しいことは、また追記します。



ドラマ『高校生レストラン』情報はランキングから。

2011年春ドラマ、芦田愛菜・阿部サダヲ・鈴木福『マルモのおきて』

ドラマ『マルモのおきて』情報はランキングから。

2011年春ドラマ情報です。

主演:芦田愛菜・阿部サダヲ
放送時間:フジテレビ系日曜21時「スクール」枠
ドラマタイトル:『マルモのおきて』
脚本:櫻井剛、映画「ゴーグル」「フミの帽子」



『マルモのおきて』内容

文具メーカーのお客様相談室に勤務する独身アラフォー男・高木護。
亡くなった親友の双子の姉弟を引き取ることになる。
双子は、姉の笹倉薫と弟の友樹。
二人の母親は幼いころに家出してしまい、父親に育てられたのだが
その父が死んだことで、高木護に引き取られることになったのだ。

そんな彼らが本物の家族になっていく姿が描かれる。

さらに、双子が拾ってきた犬のムックが人間の言葉を話し
双子を温かく見守る一方で、親代わりとなった護を説教したり
励ましたりするなど、ファンタジックな要素も盛り込まれる。

手がけるのは、「フリーター、家を買う。」スタッフ。

「マルモのおきて」というタイトルの由来は
子供たちが護をマルモと間違えて呼ぶこと
犬がしゃべることは家族以外には秘密という“おきて”となり
さまざまな出来事を乗り越えていくたび、新たな“おきて”が
毎話誕生することから。



『マルモのおきて』キャスト

高木護:阿部サダヲ
笹倉薫:芦田愛菜
笹倉友樹:鈴木福
ムック:犬:ミニチュアシュナウザー




芦田愛菜コメント
『いつも動物が何を考えているのかを教えてくれたら
もっと仲良くなれるのになあと思ってました。
ずっと犬を飼うことにあこがれていたので
今回、お話しできる犬と一緒に生活できると聞いて
今からドキドキワクワクしています。

大先輩の阿部さんと共演させていただけると聞いて
大変うれしいです。
阿部さんのお芝居をしっかり勉強させていただきながら
一生懸命頑張ります

家族みんなで大笑いしてほっこりした気分になって
また月曜日から頑張るぞっていう気分になれるドラマになれば
いいなあと思います』

阿部サダヲコメント
『突然双子の父親。しゃべる犬。オリジナル脚本。
ワクワクします。

「日曜日の夜が待ち遠しい」
って言われるドラマになるように頑張ります』

橋本芙美プロデューサーコメント
『フジテレビ連続ドラマ史上初!犬がしゃべる物語の誕生です。
ありそうでなかった、でも実はみんなが観てみたかった
笑いと泣きと癒し100%の新しいホームドラマで
2011年春、日本全国のみなさまに元気をお届けします』




芦田愛菜ちゃん、6才のコメントとは思えませんね。
ゴールデン枠での6才の連ドラ主演は史上最年少だとか。

過去には、
1969年TBS系「ジャンケンケンちゃん」の宮脇康之、当時7才。
1983年NHK連続テレビ小説「おしん」小林綾子、当時10才。
1994年日本テレビ系「家なき子」安達祐実、当時12才。

「犬を飼うということ」に出て欲しいなと書いたのですが
犬は犬でもしゃべる犬で、ゴ−ルデンの主演ですか。
すごい。
犬の声は北大路欣也ってことはないよね。

かなり見たいけど、裏が「jin」だからなあ。




ドラマ『マルモのおきて』情報はランキングから。

2011年春の月9、香取慎吾・黒木メイサ・藤木直人「幸せになろうよ」

2011年春の月9情報はランキングから。

追記


キャスト

香取慎吾:高倉純平:結婚相談所のアドバイザー
まわりの人を幸せにすることが得意。
多くのカップルをまとめてきた実績を持つ。
「たとえ結婚相談所での出会いでも、紹介する二人にはちゃんと愛し合ってほしい」
そんなポリシーのもと、熱い心で接客。
独学で身に付けた恋愛にまつわるさまざまなテクニックや理論を使って
最近ぐんと成果を上げ始めている。

黒木メイサ:柳沢春菜:謎の美女
香取扮するアドバイザーが培ってきた相談の理論も
マニュアルも通用しない“美人すぎる入会希望者”。
美貌も知性も兼ね備えているのに、なぜ結婚相談所に?
彼女の狙いとは? 
実は彼女には、誰にも言えない
どうしても結婚したい隠された理由があったのである。

藤木直人:矢代直人:容姿端麗の有能な弁護士

仲里依紗:桜木まりか:結婚相談所での純平の後輩
キュートでセクシー。
それに甘え上手で、男性客に絶大なる人気。
しかも超がつくほど惚れっぽい。
今は先輩・純平のことを追いかけている。
でも、気づいてももらえていない。

綾部祐二(ピース):上野隆雄:純平の大学時代からの友人で歯科医。
軽薄な男。でも、その軽薄さが女子には余裕と映るのか半端なくモテる。
恋愛のプロであるはずの純平にも「いいか? 女ってのはな…」と言いたい放題。
後に「まりか」と出会い、二人の間には恋が発展していくことになりそう。

玉森裕太(Kis-My-Ft2):柳沢優次
春菜のいわば「暗」の部分に関わる弟。
優次自身も家族にも言えない問題を抱え苦しんでいる。

小林薫:柳沢匠悟:春菜の父親。
一時はファッションアパレル系の社長を務めていたが
妻と離婚、彼自身も大きな問題を抱えている。
一筋縄ではいかない父親。
この父親が、純平にとってとても大きな存在となっていく。

高畑淳子:高原早苗:離婚し家を出て行った匠悟の元妻。
夫との人生を捨てて別の人生を歩みながらも
子供たちの幸せはあきらめられないたくましい母親。

原田美枝子:美津枝:純平を女手一つで育てた母親。
もともとはすごい美人で、男性からの人気も絶大だったのだが
夫と死別してからは女を捨て、なりふりかまわず純平を育ててきた
元気のいい母親。
純平との丁々発止のやりとりもみどころ。


脚本:井上由美子


////////////////////////////////////////////////////////////

2011年春の月9情報です。

主演:香取慎吾。
放送時間:フジ系月曜21時「大切なことはすべて君が教えてくれた」枠。
ドラマタイトル:『幸せになろうよ』


ドラマの内容

結婚相談所のアドバイザーという“幸せを売る男”が
美しすぎる入会希望者に一目ぼれ。
同時期に相談所に訪れた“ミスターパーフェクト”の弁護士と
彼女をまとめようとするが、自分の気持ちが抑えられず
三角関係になるという話。

美しすぎる入会希望者と“ミスターパーフェクト”の弁護士は
「とんでもない秘密を抱えている」という設定から
ミステリーの要素も盛り込まれる。



あらすじ

いけないとはわかっていながらも
クライアントである謎の美女に恋に落ちてしまった「幸せを売る男」。

でも「謎の美女」にすばらしい結婚相手を探すこと。
それが「幸せを売る男」の仕事である。
「ミスターパーフェクト」と結び付けようと努力するが
「幸せを売る男」の苦悩は増すばかり。

しかし・・・彼女は、明らかに何か隠してる。
彼女が結婚したい本当の理由とは? 
さらに、彼女の家族も一筋縄ではいかない。
どうやらとんでもない秘密を抱えているらしい。

さまざまな謎、逆風。
それでも「幸せを売る男」は「謎の美女」へと突き進むのだった。


もう一人の謎の人物は弁護士。
彼はなぜ結婚相談所にやってきたのか?
すべてを兼ね備えている彼にも、実はとんでもない秘密があった。

男性にも慕われ、女性にはもっと愛されるという非の打ち所のない彼。
でも、実はある取り返しのつかない失敗を犯してした。
彼が犯した最大のミスとは?




香取慎吾コメント
『幸せを売れるほど幸せな時代ではありませんが
見てくれる方と僕の役が幸せになれるよう
LOVE注入します』


黒木メイサコメント
『都会で働く女性を
月9というキラキラしたイメージに負けないよう演じていきたい』


藤木直人コメント
『謎めいた弁護士役ですが、小学生の時クラスで
ミステリアスな男子2位に選ばれた実力を発揮して
頑張ります』

村瀬健プロデューサーコメント
『今をときめく3人の豪華競演によって、おもいっきり笑って
でもキュンとしてしまう、ハリウッド映画のような
ロマンチックラブコメディーにしたいと思っています。

男と女を引き合わせて結婚に導くことに幸せを感じていた男が
自分が好きになった女性を幸せにするために
あろうことか自分以外の男を紹介するハメになって苦しむという主人公に
香取さんはぴったりだと思いました』



月9、久しぶりのコメディーですね。
キャスト的にもかなり期待できそう。
楽しみです。




香取慎吾ドラマ情報はランキングから。

2011年春ドラマ、吉瀬美智子・要潤『ハガネの女 season2』

『ハガネの女 season2』の情報はランキングから。


初回2時間スペシャル撮影のため、フィリピンロケ。
スモーキー・マウンテンと呼ばれたゴミの埋め立て地で
現地の子どもたちと撮影。

写真特集:吉瀬美智子、スラムの子らに授業「ハガネの女」マニラロケ


////////////////////////////////////////////

2011年春ドラマ情報です。

主演は、吉瀬美智子。
タイトルは、「ハガネの女 season2」。
テレビ朝日系木曜21時「告発〜国選弁護人」枠。

深夜枠からゴールデン進出です。



4年3組の担任・芳賀稲子(通称ハガネ)。
学級崩壊やモンスターペアレントなど問題を抱える小学校の臨時教師である。
35歳、独身、恋人なし、貯金なし、定職なし。失敗も日常茶飯事。
感情で動く瞬間湯沸かし器で、まゆ毛も描かず
寝ぐせやジャージー姿、サンダル履き。

下降気味の"女偏差値"に歯止めをかけ、女として一花咲かせたい!
そう願う元教師が訳あって、なりふり構っていられない教育現場に復活。
鋼の「強さ」と「しなり」を武器に学校、生徒、親に巣くう闇に
立ち向かう女教師の奮闘をリアルに描く。

前作は、こんな感じキャッチコピーでした。



視聴率は

第1話:12.7%
第2話: 8.5%
第3話:12.7%
第4話: 9.4%
第5話: 9.9%
第6話: 8.8%
最終回:10.2%







続編あらすじ

無事、教員採用試験に合格した「ハガネ」。
36歳。相変わらず独身……
なんと!元副担任の塩田からプロポーズされ
喜びを噛みしめていた。

そんなある日。
不法入国で両親が国外退去となった少女・タオが、ハガネのクラスに転校。
国籍は違っても愛すべき自分の生徒であると
そんな気持ちで彼女を受け入れるが
日本人に強い敵意を抱くタオは、クラスメートの真理衣たちと衝突。
タオはどんどん孤立していく。

さらに、「タオが万引きをした」と噂が学校内に広がり
彼女に対するイジメが加速。

本当にタオは犯人?
ハガネは、タオが転校する前に通っていた小学校へ向かい
元クラスメートたちに話を聞くと…




吉瀬美智子コメント
『去年、私が初めて主演した「ハガネの女」が
今度はゴールデン帯のドラマとなって帰ってきます。
撮影はこれからですが、今回は前回に増してハガネの前には
強烈な子供たち、保護者たちが立ちはだかります。
前回以上に、私も体当たりで撮影にのぞんでいきたいと思います 』






キャスト

芳賀稲子……吉瀬美智子
塩田渉……要潤
先崎徹……設楽統
藤間真理子……清水ミチコ
中野愛梨……大橋のぞみ
西堀マナ……有村架純
中野エリ(39)……横山めぐみ

(新レギュラー)
上川俊一……片岡愛之助
心理カウンセラーの資格を持つ養護教師。
生徒だけでなく、教師たちの心のケアも担当する。
ハガネら教師と時には対立するが、陰ながらサポートをする一面も。
ハガネの性格と行動を知るにつれ、少しずつ彼女に惹かれていく。

水嶋恭平……斎藤工
大学を卒業したばかりの新任教師。
いまどきの若者。
親の薦めで教師になったせいか、やる気がなく、志も低い。
自分で人生を選んだという実感が持てず、斜に構えて皮肉ばかり。
責任を取るのが怖いため、積極的に行動を起こしたことがない。

浅野達也……松本利夫
青果市場で働いているマナの恋人。
バツイチで小学三年生の一人娘・夏希と二人で暮らしている。
マナに思い切ってプロポーズするが、二人の前には大きな壁が立ちはだかる。

野村敏之……高橋克実
この春から愛河小学校に赴任してきた新しい校長。
コワモテで無愛想だが、気さくでおおらかな面も持つ。
何を考えているか分からない、とっつきにくい人物。
しかし、実はしっかり教師や生徒たちのことを観察しており
ハガネの心強い理解者になっていく。
趣味は刑事ドラマ鑑賞。




このドラマは芸達者な子役が多く出ていて
けっこう引きこまれます。
前回は、『白い春』の大橋のぞみ、『薔薇のない花屋』の八木優希
『メイちゃんの執事』の吉田里琴、『佐賀のがばいばあちゃん』の今井悠貴
映画『誘拐ラプソディー』の林遼威
という子役が出演していました。

今回も引き続き出演するようなので、成長ぶりが楽しみです。






ドラマ『ハガネの女 season2』の情報はランキングから。
FX業界
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。