最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する
netabare4.gif

2011年冬ドラマ、仲間由紀恵・檀れい「美しい隣人」

2011年冬ドラマ情報です。

主演は、仲間由紀恵。
放送枠は、フジテレビ系火曜22時。
タイトルは「美しい隣人」。
共演は、檀れい。

脚本は、神山由美子「黒革の手帖」「わるいやつら」「対岸の彼女」。



内容

魅力的だがミステリアスな女・沙希と
平凡な主婦・絵里子の偶然の出会いをきっかけに
平穏な日常が崩れていく様を描く。
大人の女のサスペンス。


キャスト

仲間由紀恵:沙希
奥ゆかしく魅力的かつ、どこかミステリアスな女性。

檀れい:絵里子
ごく普通の幸せな家庭の主婦で、健気な母親。






仲間由紀恵コメント
『“謎な女性”という感じで、いろんな顔を持っていて
怪しい雰囲気の女性。
サスペンス要素のあるドラマで
少し怪しい部分も見せていきたいですが
あまり大げさにはしたくないので
バランスのとり方が難しくなってくると思います。

(檀さんは)子役の子と一緒にいる画がすごくほほ笑ましく
見ているだけでいいお母さんという感じでした。
柔らかくて温かい家庭を想像させてくださるような
全部を母性で包むような雰囲気を持っていらっしゃるので
今回多くのシーンを2人でやらせていただきますが
すごく楽しみです。

とにかくとてもいいチームなので
緊張感を持って楽しい現場にしたいと思います』


檀れいコメント
『絵里子は、きわめて普通に生きてきたというか
日々、生活していくということを大切にしている
女性だと思います。
朝起きて子供を幼稚園に送って行って
夕方、また迎えに行って、ごはんを食べさせて
お風呂に入れて、寝かしつけて……という
当たり前の幸せを当たり前だと感じられて
淡々と日々を人生を重ねている人。
ただただ普通に平凡に生きてきた女性を
上手く演じていければと思っています。
その中で、仲間さんとのやりとりや今後の展開の中で
どのように絵里子が変わっていくのか楽しみです。

まさか仲間さんが悪女をやるなんて!と思いました。
2人の女性のかけあいというか、仲間さんとのやり取りが
ドラマの上でも、演じ手の一人としても楽しみです。
2人で家の中で話すシーンがあるのですが、
たわいのない会話の裏に、意味のあるせりふ
相手を探るせりふがあって
その微妙な空気の変化を視聴者に
感じてもらえればと思います』



檀れいさんはコマーシャルぐらいでした見たことがないので
どういう演技をされるのか、楽しみです。
一方、仲間由紀恵さんは悪女。
「ごくせん」や「トリック」の役のイメージが強いので
こちらも楽しみです。

2011年冬ドラマ、北川景子・木村多江・ユースケ・サンタマリア「LADY〜最後のプロファイリング〜(仮)」

LADY〜最後のプロファイリング〜の情報はランキングから。

2011年冬ドラマ情報です。
主演は、北川景子。
放送枠は、TBS系金曜22時「スペック」枠。
ドラマタイトルは、「LADY〜最後のプロファイリング〜(仮題)」。


「LADY〜最後のプロファイリング〜」あらすじ、内容

警視庁捜査第一課犯罪行動分析室(CPS)という架空のチームを舞台に
プロファイラーたちの活躍を描く社会派ドラマです。

新人プロファイラーの翔子が様々な事件を通して
一人前の犯罪プロファイラーに成長していく姿を描きながら
理解しがたい犯罪者の心理を分析する
プロファイリングの過程をリアルに表現。
その犯罪の中にある“社会の闇”を浮き彫りにしていく。
本格ヒューマン・サスペンスドラマ。


キャッチコピーはこう。

『完璧な犯行。指紋もない。目撃者もいない。
捜査一課のエリート刑事が頭を抱える、容疑者不明の難事件。

しかし、遺留品のレシート1枚で、犯人を見破る奴らがいる。
犯罪の痕跡から犯人像・潜伏先をも推定し犯人を追い詰める。
最強のプロファイリング捜査チームの活躍を描く!』



「LADY〜最後のプロファイリング〜」キャスト

香月翔子:北川景子
FBIアカデミーで犯罪プロファイリングを学び
警視庁に新設された「犯罪行動分析室」にスカウトされた新人プロファイラー。
犯罪者の心理に同調して分析。
旺盛な行動力で事件を解決していく。
過去の事件にも詳しい“犯罪マニア”。
恋愛ベタ。

結城晶:木村多江
翔子の上司で犯罪行動分析室の主任。

新堀圭祐:平岡祐太
二つの学位を持つ天才肌。
同じ年の翔子をライバル視している同僚プロファイラー。

奥居マリエ:須藤理彩
パソコンのスペシャリストで情報分析官。

藤堂雄一郎:小澤征悦
プロファイリング捜査を信用していない捜査一課のキャリア。

寺田毅彦:要潤
法医学者出身。
犯罪行動分析室のサブチーフを務める中堅プロファイラー。

柘植正樹:ユースケ・サンタマリア
翔子たちプロファイラーと連携し捜査を行う捜査一課係長



北川景子コメント

『今回、この作品の出演のお話を頂き
自分がやってみたいと思っていた“職業モノ”で
しかも一話ずつ観ても楽しめる“一話完結モノ”ということなので
出演することがとてもうれしく楽しみです。

犯罪プロファイラーという役柄は難しい役柄だと思うので
色々と役柄の参考になるような資料を読んだり
映像作品を観たりして取り組みたいです。

ただ単に毎回事件を解決していくだけでなく
人間として成長していく姿が表現出来たら良いと思っています』




スペックに続き、こういう感じを継続するわけですね。
北川景子が主演した「モップガール」はけっこう好きでした。
今回は、どういうキャラかわかりませんが
勢いのある女優さんですから、期待したいですね。


LADY〜最後のプロファイリング〜の情報はランキングから。

2011年冬ドラマ、草なぎ剛・今井美樹・佐藤健・加藤ローサ「冬のサクラ」

ドラマ「冬のサクラ」の情報はランキングから。


2011年冬ドラマ情報です。
主演は、草なぎ剛。
ヒロインは、今井美樹。
放送枠は、TBS系日曜21時「獣医ドリトル」枠。
タイトルは、「冬のサクラ」。
脚本は、高橋麻紀。



「冬のサクラ」内容

限られた時間の中でひかれ合う男女の恋物語。
「冬のソナタ」を超える王道のラブストーリーを目指す。



ドラマコピー

「愛してる」その一言さえいえないでいる二人
そして、残された時間が少ないことをまだ知らない二人
果たして二人の恋は、サクラの花びらと共に散ってしまうのか、それとも──




「冬のサクラ」あらすじ

今まで一度も恋をしたことのないガラス細工職人・稲葉祐。
事故で記憶を失ってしまった石川萌奈美と出逢うことから始まる。

萌奈美は、冬に咲くサクラ「啓翁桜」を求めて山形県へ一人旅。
そこで事故にあい記憶を失う。
東京に夫と子供がいる事も…。
記憶障害は脳腫瘍が原因で、余命はわずかだった。

惹かれあっていく祐と萌奈美。
祐にとってはそれが初恋だった。

兄想いの祐の弟・肇とその恋人・向井安奈は、2人を見守ろうとする。
しかし、東京にいる萌奈美の夫・航一が祐の存在に気づき、やがて豹変していく……。

男にとっては初恋、女にとっては最後の恋。
苦しいからこそ美しい恋。
この愛は是か非か?



「冬のサクラ」キャスト

草g剛:稲葉祐:ガラス細工職人
今井美樹:石川萌奈美

佐藤健:稲葉肇:祐の弟
加藤ローサ:向井安奈:肇の恋人
高嶋政伸:航一:萌奈美の夫

山崎樹範
でんでん
大島蓉子
白羽ゆり

吉田日出子
江波杏子





草なぎ剛コメント
『この冬一番のラブストーリーをお届けできるよう精一杯演じたいと思います。
今回ご一緒させて頂く今井美樹さんは、共演してみたいと思っていた方なので
この「冬のサクラ」という作品で共演できる事が今から本当に楽しみです。

また、先日放送された「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」では
家族の大切さ、大和魂の誇りというものを
ドラマを見て頂いた多くの人に感じてもらえた事で
自分自身もひと回り成長する事ができたと実感しているので
今回のお芝居にも反映できるよう、頑張っていきたいです』



今井美樹コメント
『お話しをいただいて、ただただ驚きました。
どうして私なんだろう?というのは、未だに謎です。
連続ドラマは11年ぶりなので
とにかく皆さんの足を引っ張らないように頑張っていくだけです。

記憶喪失になってしまうという事への役作りも、とても難しいと思いますが
私自身も母親という立場なので、母と娘の関係性を受け入れるのが
生理的にとても難しかったです。

草gさんは素晴らしい役者さんですので
彼の役者さんとしての吸引力に巻き込まれていきたいです。
どうぞよろしくお願いします』





「冬のソナタ」を目指しているんですか。
タイトルもなんか似てるし。
かなり意識していますね。

しかし、今井美樹も久しぶりですね。
どんなドラマにいなるのでしょう?

ドラマ「冬のサクラ」の情報はランキングから。

2011年冬ドラマ、香里奈「美咲ナンバーワン!!」

ドラマ「美咲ナンバーワン!!」の情報はランキングから。


2011年冬ドラマ情報です。


主演は、香里奈。
放送枠は、日テレ系水曜22時「黄金の豚」枠。
タイトルは、「美咲ナンバーワン!!」。
原作は、藤崎聖人「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載されていたコミック。
10月から「月刊スピリッツ」で連載を再開。
脚本は、江頭美智留。




「美咲ナンバーワン!!」内容

困っている人がいると放っておけない性格と人一倍の努力で
六本木のクラブのナンバーワンに上り詰めたキャバクラ嬢の天王寺美咲。
世話になったママの頼みで、3カ月だけの約束で
名門校「御堂学園高校」の教師となる。

担当するのは、問題児ばかりを集めた特別クラス2年Z組。
持ち前のパワーで、真っすぐに生徒たちにぶつかっていく姿を描く痛快学園ドラマ。


香里奈が着こなす華やかなキャバ嬢ファッションや
女性教師スタイルも見どころの1つ。

手掛けるのは、「ごくせん」のスタッフ。



香里奈コメント
『教師は教師でも、元キャバクラ嬢という今までにない異色なキャラクターですが
キャバクラという、学校とは全く違う世界で美咲が培ってきた経験を
どのように教師に活かしていくのか、今からとても楽しみにしています。

そして、スタッフ、キャストの方々のお力をお借りしながら
美咲のようにまっすぐで強い熱い思いをもって
全力で生徒達にぶつかっていきたいと思っています』



「フリーター、家を買う」でのガテンな作業服が見慣れだしてきたところですが
今度はキャバ嬢ですか。
いや、元キャバ嬢の女教師ですね。
華麗なる転身だなあ。
「ごくせん」スタッフということで、期待したい学園ドラマです。

生徒役などまだ未定ですが、わかり次第書いていきます。



ドラマ「美咲ナンバーワン!!」の情報はランキングから。

2011年冬ドラマ情報、織田裕二・柴咲コウ「外交官・黒田康作」

『外交官・黒田康作』内容

今度はサンフランシスコ、メキシコ、そして日本を舞台に
黒田が国境を越えて事件に挑みます。

「怪事件解決」を主軸に、外交の闇に鋭く切り込み
複雑にからみ合う謎の連続に、映画では描かれなかった黒田の過去
さらに、ヒューマン要素が加わるようです。



キャスト

黒田康作:織田裕二
映画同様に邦人テロ対策室に所属。
「邦人を守る」というただ一つの信念を胸に奔走する外交官。

大垣利香子:柴咲コウ
事件解決のためにタッグを組む少し頼りない女性刑事。
空間認識能力にすぐれ、捜査地図を描くのが得意な地図オタク。
地図力は発揮するが、捜査力はイマイチ。

霜村毅:香川照之:黒田の旧友。
霜村瑠衣:夏帆:霜村毅の娘。
観上祥子:草刈民代:黒田に疑念を抱く女性外務副大臣。

悠木圭一:萩原聖人
西園寺守:田中 圭
鴨下祐司:大倉孝二
君島祐太朗:西島隆弘
山路貴繁:岩松 了
新居田一彦:田中哲司
斉藤修助:近藤正臣
安藤庸介:鹿賀丈史
霜村倫世:紺野まひる
佐々木藍子:片瀬那奈

脚本:古家和尚・池上純哉


織田裕二コメント
『回を重ねるごとに繰り広げられる人間ドラマがとても楽しみです。
黒田の行動は、僕自身にも勇気を与えてくれます』


柴咲コウコメント
『軸のしっかりした物語が展開されていっていると感じます。
また自分が演じます大垣利香子という役柄は、頼りない性格ではありますが
実直な女性。
仕事でも人としても、少しずつ成長していくところがポイントになっていると思います。

映画「アマルフィ」の世界観を引き継ぎつつ
毎回新たな事実に直面していく黒田さんたちを
素直にサポートしていける役になるように努めたいと思います』



「県庁の星」コンビだ。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2011年冬ドラマ情報です。


主演は、織田裕二。
ドラマタイトルは、「外交官・黒田康作」。
放送枠は、フジ系木曜22時枠の予定。


●「外交官・黒田康作」内容

映画「アマルフィ 女神の報酬」の続編。
外交官の黒田が、世界各国でテロや邦人が関係するトラブルに巻き込まれる。



●映画「アマルフィ 女神の報酬」あらすじ

クリスマス目前のローマ。
イタリアでのテロ予告をうけ
外交官・黒田康作がローマに降り立った。

そんな中、ライトアップされた街で1人の日本人少女が失踪。
目的は、営利誘拐か?テロの序章か?

警察の包囲網を撹乱する犯人グループ。
一向に進展しない捜査。

様々な想いが交錯する中
全ての鍵は、イタリア南西に位置する美しい港町・アマルフィにあることが分かる。






先日、結婚したばかりの織田裕二。
「アマルフィ 女神の報酬」は見ていませんが
「踊る大捜査線」の青島刑事に続き、黒田外交官もニューヒーローとして
定着する可能性もありますね。

青と黒、違いに注目したい。


2011年冬ドラマ・相葉雅紀「バーテンダー」

ドラマ「バーテンダー」の情報はランキングから。


2011年冬ドラマ情報です。


主演は、相葉雅紀。
放送枠は、テレ朝系金曜23時「秘密」枠。
タイトルは、「バーテンダー」。
原作は、「スーパージャンプ」に連載中の「Bartender」(原作・城アラキ/漫画・長友健篩)

脚本は、高橋ナツコ。



●「バーテンダー」内容

パリから帰国後
放浪期間を経てバーテンダーとして、最初からやり直すことになった溜。
天才バーテンダーが1杯のカクテルを通じて
客が抱える仕事や恋、家庭の悩みを解決に導いていく姿を描く1話完結のドラマ。
ヒロイン・来島美和との恋や、「ミスターパーフェクト」と呼ばれるバーテンダー
葛原隆一や師匠の加瀬五朗との対決もみどころ。


●「バーテンダー」あらすじ

若干26歳にしてヨーロッパカクテルコンテストで優勝。
にもかかわらず、師匠であるバーテンダー・加瀬にクビを言い渡された。

その意図がわからず、失意のうちに帰国。
放浪の日々を送っていた。

そんな時、雑誌記者・来島美和との出会いを機に、BAR「ラパン」で出直し。
仕事を通じて自分の生きる道を模索しながら、店を訪れる客と向き合い
根っからのお人好しのお節介で、心の傷をそっと埋めていく。




●相葉雅紀:佐々倉溜

客が抱える悩みに合ったカクテルを作り、心の傷をほぐしていく凄腕バーテンダー。
普段は天然だが、ひとたびカウンターに立つと雰囲気も一変。
「絶対にお客さまを裏切らない」という信念のもと
カクテルと人情で人々の心を解きほぐしていく。



●相葉雅紀コメント

『毎週みなさんの記憶に残るような
カクテルを作っていきたいと思います。
一週間を締めくくる金曜の夜、リラックスして楽しんで下さい』




相葉雅紀といえば「マイガール」、笠間正宗の『コハルちゃん〜』
というセリフを思い起こしますが
今度はバーテンダーですか。

どういった感じになるのでしょうね。



ドラマ「バーテンダー」の情報はランキングから。

2011年冬ドラマ、多部未華子・沢村一樹・手越祐也「デカワンコ」

ドラマ「デカワンコ」の情報はランキングから。


2011年冬ドラマ情報です。


主演は、多部未華子。
放送枠は、日テレ系土曜21時「Q10」枠。
タイトルは、「デカワンコ」。
原作は、「YOU」で連載している森本梢子「デカワンコ」。


脚本は、伴一彦。


●「デカワンコ」内容

警視庁刑事部捜査1課第8強行犯捜査殺人捜査第13係に
配属された「ワンコ」こと花森一子。
捜査中もフリフリの私服で行動する天然ボケの女刑事だ。
しかし、一度かいだにおいを絶対忘れないという特技を持つ。
相棒でよきライバルの警察犬「ミハイル号」とともに
犬並みの嗅覚と体当たりの捜査で、周囲の人間や凶悪犯の心さえ変えていく。
というストリー。

事件のカギとなる重要な場面では、「ひくーん!」という効果音と共に
ワンコの鼻が反応するシーンがお決まりとなるようです。
また、毎回10着以上の衣装を用意し、ファッションにこだわっていくという。


●「デカワンコ」キャスト

多部未華子:花森一子(通称・ワンコ)
拳銃にストラップを付け、ゴスロリファッションで捜査現場に向かう新人刑事。
その拳銃はミニスカートの下に忍ばせている。
警察犬ばりのきゅう覚を持つ。
決めゼリフは「ニオイます!」。

沢村一樹:重村完一
13係の主任警部補。
「落としのシゲさん」の異名をとる。

手越祐也:桐島竜太
考えるより先に手が出るイケメン若手刑事。
当初、ワンコに拒否反応を示すが、次第にペースに巻き込まれ、共に成長していく。



●多部未華子コメント

『原作を初めて読んだ時、登場人物がコミカルで面白くて
思わず声に出して笑ってしまいました。
キャストの皆さんも、とても個性的な方たちが揃っているので
現場での掛け合いが楽しみです。
コメディというだけではなく、人間味あふれるドラマになると思うので
家族みんなで観て、楽しんでいただけると嬉しいです』




なんかぶっ飛んだ刑事ドラマになりそうですね。
で、主演が多部未華子。
とうとう民放連続ドラマ初主演ですね。

2007年の9月に「山田太郎ものがたり」に出演して初めて
彼女のことを知りました。
多部未華子って?誰?みたいなことも書いてましたね。

頑張ってほしいいです。





ドラマ「デカワンコ」の情報はランキングから。

2011年冬ドラマ、江口洋介・西島秀俊・北乃きい「スクール!!」

ドラマ「スクール!!」の情報はランキングから。


2011年冬ドラマ情報です。


主演は、江口洋介。
放送枠は、フジ系日曜21時「パーフェクト・リポート」枠。
タイトルは、「スクール!!」。
脚本は、秦建日子。


●「スクール!!」内容

ズブの教育素人の民間人校長が
持ち前の熱血さと、真摯さでさまざまな困難に立ち向かい
輝きを失った子どもに夢を与え
事なかれ主義がまん延している母校の小学校を立て直すという話。

教師と子どもの真剣勝負。小学校の再生。
という物語を通じて「学校の正義」「子どもとまっすぐ向き合うことの大切さ」
そして「未来への希望」を、家族みんなで感じられるハートフルドラマ。



●「スクール!!」あらすじ

江口洋介演じる主人公は、20年間現場一筋だった中堅ゼネコンの現場所長。
恩師との約束を果たすため、廃校の危機にある母校に校長として赴任。
教育に関しては何も知識がなかったが、持ち前の明るさと行動力
そして素人ならではの斬新な発想で、閉そくしきった小学校に風穴を開けていく。



●「スクール!!」

江口洋介:
根っからのリーダー気質で
周囲には“永遠のガキ大将”と呼ばれるような熱い男

西島秀俊:超現実主義者で冷酷なスーパー教師
北乃きい
塚本高史
岸部一徳
市川実和子
三浦翔平
堀内敬子
塩見三省



●江口洋介コメント
「えっ?民間人校長?」
そんな制度があることを知らなかったので
随分思い切った企画だと驚きました。
自分でも調べていくうちに「それも選択肢の一つかな?」と大納得。
子供をテーマにする訳ですから、やりがいがあります。
子供たちと一緒に、勇気と元気のある大人を演じたい
と今から張り切っています。





江口洋介の主演。
教師ではなく、校長先生が主人公というのは
ある意味、新しいかもしれませんね。




ドラマ「スクール!!」の情報はランキングから。

2011年冬ドラマ、松下奈緒・藤木直人・横山裕「CONTROL・犯罪心理捜査」

松下奈緒・藤木直人ドラマの情報はランキングから。

2011年冬ドラマ情報です。
主演は、松下奈緒。
放送枠は、フジ系火曜21時「フリーター、家を買う」枠。
タイトルは、「CONTROL・犯罪心理捜査」


内容

オリジナル脚本による刑事もの。
心理学をもとに事件の真相に迫るドラマ。

熱すぎる女と冷たすぎる男。
このコンビが、凶悪事件をどのように解決していくのか?
そこが、見どころの一つになりそう。


キャスト


松下奈緒:瀬川里央
周囲から煙たがられるほど熱く、男前な刑事。
しかし恋愛ベタ。

藤木直人:南雲準
超論理的で偏屈な心理学教授。

横山裕:寺西景
里央とは警察学校時代からの同期で同僚の刑事。
ずっと思いを寄せているが、告白できない草食系男子。

北村有起哉
臼田あさ美
佐藤二朗
奥村佳恵
勝村政信
泉谷しげる



松下奈緒コメント
『時にカッコよく、時にかわいらしく、そんなキャラクターを作り上げられたら。
いろんな場面で共感していただける作品となるよう頑張ります』

藤木直人コメント
『初共演の松下さんは、清純な中にりんとした強さを持っている方という印象。
その強さに負けないように僕も頑張りたい』






「ゲゲゲの女房」の大ヒット。
「紅白歌合戦」の紅組司会も決まり
まさに2010年は、松下奈緒の1年と言っていぐらい。
そんな彼女が2011年の冒頭からドラマ主演です。

なんか、「ガリレオ」ぽいイメージですが
松下奈緒、藤木直人とのコンビには期待したいです。





松下奈緒・藤木直人ドラマの情報はランキングから。

2011年冬の月9、戸田恵梨香・三浦春馬・武井咲「大切なことはすべて君が教えてくれた」

ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の情報はランキングから。

気になっていた三浦春馬演じる教師と
関係を持った女生徒が決まりました。

武井咲です。

2010年天海祐希主演の夏ドラマ『GOLD』では
早乙女晶役を演じていました。
「目力のある女優さん」です。

あと、『AKB48』の篠田麻里子の出演も決定。


●武井咲:佐伯 ひかり



立明稜学園高校2年。
ある理由で、自分のことを「欠陥品」と思い込んでいる。
始業式前日、修二と一晩の関係を持ち、以後、婚約者の夏実に近づいていく。




●篠田麻里子:東堂 さやか



ウェディングプランナー。
1年以上先まで予約が埋まるほどの人気のプランナー。

夏実とマンションでルームシェア。
夏実、修二とは大学の同級生。
ふたりの結婚を機に引越しの準備を進めている。

大学時代に修二と付き合っていて、結婚も考えたことがあった。
今は夏実、修二ともに良き友人。
結婚を祝福し、結婚式のプランニングを引き受けている。

でも、修二に対する気持ちが心の奥底に残っていて
幸せそうなふたりを見ていると心が痛むこともある。


///////////////////////////////////////////////////////////

2011年冬ドラマ情報です。


主演は、戸田恵梨香と三浦春馬。
放送枠は、フジ系月曜21時「流れ星」枠。
タイトルは、「大切なことはすべて君が教えてくれた」。
脚本は、安達奈緒子。




●「大切なことはすべて君が教えてくれた」内容

学園公認のカップルとして結婚を誓い合った2人の教師が
思いがけぬ裏切り、葛藤に直面し、互いの愛を試される話。


「教師と生徒の恋」もはやそれは禁断ですらないのか?
結婚を約束し合った学園でも人気者の二人の教師。
しかし、男性教師には秘密の過ちがあった。
それは女子生徒と関係を持ったこと。

無邪気さと残酷さを武器に少女は問いかける
『あなたたちの愛は本物ですか? 相手は信じるに足る存在ですか?』と。

男は自分の罪をどう償うのか?
女は男の罪をどう許すのか?
教師という職業を舞台に、“試される愛”をスリリングに描く。


「子供は大人を信じてもいいですか?」と
混迷する世の中に一石を投じる“禁断”の学園ラブストーリー。





●ドラマのコピー

誰からも愛され情熱的で真っ直ぐな女性教師。
生徒や親たちから信頼される人気ナンバー1の男性教師。
二人は結婚を誓い合い、周囲はそれを祝福していた。
ただ一人の生徒をのぞいて。

男性教師の教え子がこう尋ねた。
『なぜ、先生と寝たらダメなんですか?』
婚約者である女性教師が言った。
『本当にあなたを信じていいですか?』
二人の女はなぜこの男を愛したのだろうか。
彼はなぜこの二人の女を愛したのだろうか。

この愛は痛くて鋭い。



●「大切なことはすべて君が教えてくれた」あらすじ

上村夏実は、英語の高校教師。
夢であった教師になり、生徒からも親われ、充実した教師生活を送っていた。
さらに、高校・大学の同級生で今は同僚の教師との
結婚を半年後に控え、幸せな毎日を送っていた。

夏実の婚約者・柏木修二。
生物の高校教師である。
生徒や保護者、同僚の先生たちからの信頼も厚い人気教師だ。

誰もが2人の結婚を祝福していた。
しかし、新学期が始まる前日
修二が担当するクラスの生徒と関係を持ってしまったことから、2人の歯車が狂いだす。



●キャスト

上村夏実:戸田恵梨香
高校1年生の担任で英語の教師。バスケ部の顧問。
明るく、サバサバした性格で、前向き。
中学生までアメリカで過ごした。
自分に自信と責任を持っている。
自分で選んだことなら後悔しない、という強さがある。

修二と女生徒の関係がきっかけで自身の嫉妬深さや
残酷な面を知り、自己嫌悪に陥り、自分自身と向き合うことになる。



柏木修二:三浦春馬

高校2年生の担任で生物の教師。
真面目で、思慮深く物事を真剣に考える性格。
自分の言葉で生徒と接する姿勢は、生徒だけでなく
保護者や同僚の教師からも支持を得ている。

婚約者である夏実と、関係をもってしまった女生徒の狭間で苦しむ。
しかし、その女生徒と接していくことで
改めて自分に向き合い、女生徒の抱える闇を知り、救いたいと思うようになる。


 
●戸田恵梨香コメント
『愛を贈ります。
真実、嘘。信頼、裏切り。憎しみ、愛。
誰もが感じる葛藤は形のないものだけれど、確かな何かを私自身が見つけ出し
恋愛という普遍的なテーマを通じて、観て下さる方々に伝えていきたいです』

三浦春馬コメント
『初めての月9、そして教師役に挑戦するということで、プレッシャーもありますが
それ以上に戸田さんをはじめ、素晴らしいキャストの皆さんと
一緒にお芝居をさせていただけることが、とても楽しみです。
スタッフ、キャストと力を合わせて最高のドラマをつくりたいと思います』





戸田恵梨香も刑事から教師。
これはちょっと興味のあるドラマですね。
三浦春馬とのコンビも新鮮。

気になるのは、関係を持った女生徒を誰が演じるのか?
わかり次第、書いていきます。

ところで、「大切なことはすべて君が教えてくれた」の
「君は」誰を指しているのか?
「教えてもらった」のは誰なのか?

普通に考えると、男性教師が女生徒からって感じだけれど
ちょっと違うような、別の意味があるような。
なんか気になっています。







ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の情報はランキングから。
FX業界
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。