最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する
netabare4.gif

愛の迷宮、概要

愛の迷宮情報は、ランキングから。

昼ドラなんて見ることないんですが
なんとなく見てしまった「愛の迷宮」。
このドロドロ感は凄まじいですね。

愛の迷宮を少し解説します。

正統派女優・宮本真希演じる文香は
恵まれた家庭で何不自由なく育ち
光男との愛の無い結婚で人生が激変するヒロインです。

その光男は、昼の連続ドラマは初の主演の保阪尚希。
亡くなった兄に強烈な嫉妬心を抱きながら
鮎川コンツェルンの跡取りになる
文香の夫・鮎川光男を演じます。

過去の東海テレビのドラマ「幸せ咲いた」「危険な関係」で
主役を務めた高橋かおりは、光男との微妙な関係にあり
光男の兄、政男の未亡人・可奈子役。

また、光男と文香の長男・拓真役に阿部進之介。
次男には光男と可奈子の子で春樹役に河合龍之介。

そして黒川芽以が、その子供二人が愛してしまう
養護施設出身の孤児・夏木ゆりあを演じています。

愛と罪を抱えて6人の男女が、主役として繰り広げる群像劇です。
出口がまるで見えない愛の迷宮。


この複雑な関係を見ただけでも、ドロドロ感に溢れてますよね。


○企画:鶴啓二郎(東海テレビ)
○脚本:中山乃莉子
○プロデューサー:高村幹(東海テレビ)、沼田通嗣(テレパック)
○演出:藤尾隆(テレパック)、杉村六郎
○出演:鮎川文香: 宮本真希
    夏木ゆりあ:黒川芽以
    鮎川拓真: 阿部進之介
    鮎川春樹: 河合龍之介
    鮎川可奈子:高橋かおり
    鮎川光男: 保阪尚希  ほか
○主題歌:織田哲郎「月ノ涙


愛の迷宮情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率トップへ

愛の迷宮のあらすじ

愛の迷宮情報は、ランキングから。

東海テレビ制作、フジテレビ系列で放送されているの昼ドラ「愛の迷宮」。
2007年10月1日から12月27日まで月〜金曜の13:30〜14:00
全65話で放送されます。


愛の迷宮のあらすじです。

元華族令嬢・絵上文香と鮎川コンツェルンの御曹司・鮎川光男は
1965年夏に結婚。
愛のない結婚で、光男はすぐ文香に興味を示さなくなりました。
それでもまっすぐな心の文香は、結婚生活で幸せになれると夢見ていたのです。

しかし、その願いもむなしく光男は
文香の兄の未亡人である可奈子と愛人関係に。

文香が光男と可奈子との関係に気づいた頃
文香自身も使用人・沢木航太と恋に落ちたのです。
彼には妻(裕子)がいました。

文香と航太は、それでも結ばれ航太の子供を妊娠。
同じころ、可奈子も光男の子供を妊娠していました。

その子供たちをも巻き込んでの親子・夫婦・愛人の複雑な
ドロドロした男女関係を描いたストーリーです。

主演は1人ではなく
6名(宮本真希・高橋かおり・保阪尚希・沢木航太・黒川芽以・阿部進之介・河合龍之介)。

■愛の迷宮、キャスト

鮎川(江上)文香…宮本真希
光男の妻。
何不自由なく育った令嬢。
光男と愛のない結婚生活を送っている。
航太と出会い本当の恋を知る。

鮎川光男…保阪尚希
鮎川コンツェルン跡取り。
仕事は強引で横暴。
可奈子と愛人関係。

鮎川可奈子…高橋かおり
政男の未亡人

沢木航太…咲輝
鮎川家使用人

鮎川拓真…阿部進之介
光男の長男、文香の子

鮎川春樹…河合龍之介
光男の次男、可奈子の子

夏木ゆりあ…黒川芽以
養護施設出身の孤児




■愛の迷宮、主題歌:織田哲郎「月ノ涙


愛の迷宮情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率トップへ
タグ:愛の迷宮

愛の迷宮、記者会見のコメント

愛の迷宮情報は、ランキングから。

東海テレビ制作で、始まった「愛の迷宮」。
これは親子2代にわたる愛憎劇のようです。


フジテレビ系の新ドラマ「愛の迷宮」は10月1日から
月〜金曜日午後1時半でスタートしました。

その制作発表は、六本木のグランドハイアット東京で
宮本真希、保阪尚希、高橋かおり、黒川芽以
阿部進之介、河合龍之介の主演者6名が出席して行われていました。

初主演の宮本真希は花嫁姿を披露し
「プライベートではきる事がまだないので、楽しみでした。」とコメント。

文香は夫、光男と義理の姉である可奈子との不倫関係に悩み
自らも禁断の愛に身を投じていくという波乱まみれの設定です。

その事については
「文香は不幸な女だなとは思っていません。
真実の愛を知る時期が少し遅かっただけです。
その分愛にはまっすぐな女性なのです。」と共感していました。

保阪尚希は昼ドラ初出演です。
私生活では今年の春に真言宗に出家し
その後初のドラマ出演になりました。

高橋かおりとのベッドシーンは
「高橋さんは百戦錬磨ですから」とコメント。

ドラマは、前半後半に分かれる構成。
後半は次世代、つまり子供世代の愛憎劇が展開されるもよう。



■愛の迷宮、キャスト

鮎川(江上)文香…宮本真希
光男の妻。
何不自由なく育った令嬢。
光男と愛のない結婚生活を送っている。
航太と出会い本当の恋を知る。

鮎川光男…保阪尚希
鮎川コンツェルン跡取り。
仕事は強引で横暴。
可奈子と愛人関係。

鮎川可奈子…高橋かおり
政男の未亡人

沢木航太…咲輝
鮎川家使用人

鮎川拓真…阿部進之介
光男の長男、文香の子

鮎川春樹…河合龍之介
光男の次男、可奈子の子

夏木ゆりあ…黒川芽以
養護施設出身の孤児




■愛の迷宮、主題歌:織田哲郎「月ノ涙


愛の迷宮情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率トップへ

愛の迷宮、群馬県嬬恋のロケ模様

愛の迷宮情報は、ランキングから。

「愛の迷宮」第7話。
文香と航太が会っているのを可奈子が目撃。
光男に告げ口するものの、光男は全く信じてくれない。

航太は辞めることを認めてもらえず、祐子と別荘へ戻ることに。
二ヵ月後、文香に妊娠の兆候が・・・

と、ドラマは早足で進んでいます。


その愛の迷宮のクランクアップは、群馬県嬬恋での5日間のロケから撮影がスタート。
台風も心配されたそうですが
晴天に恵まれ撮影は、順調に進んだようです。

撮影は、かなりの猛暑。
昭和40年代の設定ですから
お嬢様は日焼けしないというのがトレンドのようで
文香役の宮本真希や可奈子役の高橋かおりは
日焼け対策が大変だったとか。

バラキ湖の風景は格別で
惹かれあう男女を湖上の満月が包み込む。
いいシーンです。





■愛の迷宮、キャスト

鮎川(江上)文香…宮本真希
光男の妻。
何不自由なく育った令嬢。
光男と愛のない結婚生活を送っている。
航太と出会い本当の恋を知る。

鮎川光男…保阪尚希
鮎川コンツェルン跡取り。
仕事は強引で横暴。
可奈子と愛人関係。

鮎川可奈子…高橋かおり
政男の未亡人

沢木航太…咲輝
鮎川家使用人

沢木祐子…吉田羊
航太の妻

鮎川拓真…阿部進之介
光男の長男、文香の子

鮎川春樹…河合龍之介
光男の次男、可奈子の子

夏木ゆりあ…黒川芽以
養護施設出身の孤児




■愛の迷宮、主題歌:織田哲郎「月ノ涙


愛の迷宮情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率トップへ

愛の迷宮第2章・黒川芽以登場、あらすじ

愛の迷宮情報は、ランキングから。

文香は愛する航太の銃弾に倒れ
拓真を遺し、死んでしまいました。

『私はあなたに愛されて幸せだった』と
航太の腕の中で、静かに息をひきとる文香。

16年の刑に服することになった航太。
航太と離婚し、女の子を出産した祐子。
可奈子と再婚した光男。

それぞれの愛と罪は、深い迷宮の中。
かくして第1章は終了し、第2章のスタートです。
愛と憎しみの物語は、子供たちをも巻き込んでいきます。

しかし、すごいドロドロ。
まさしく昼メロで
ツイスターゲームみたいに複雑な人間関係です。
詳しい相関図は、こちらへ


祐子の娘・ゆりあの父は、光男?
祐子は本当に死んでしまったのか?
母の形見「うさぎのペンダント」が・・・
謎は、深まるばかりです。



そして、10月25日から黒川芽以が登場。
黒川芽以が演じる天涯孤独のゆりあは
幼少期に鮎川の跡取り・光男の長男・拓真と出会いました。
そして孤独な者同士強く生きようと、約束を交わすのでした。

そんなゆりあも24歳。
建築デザイナーを目指して専門学校へ通っています。

ゆりあは、拓真と、拓真の弟・春樹から思いを寄せられるという設定です。

拓真の父は、航太・母は、文香
春樹の父は、光男・母は、可奈子
ゆりあの父、光男・母は、祐子

母親はともかく、父親ははっきりしている訳ではありません。
最後の最後で、拓真の父は光男だったってことも考えられますからね。

どんな展開になっていくか、予想もできませんね。


■愛の迷宮、キャスト

鮎川(江上)文香…宮本真希
光男の妻。
何不自由なく育った令嬢。
光男と愛のない結婚生活を送っている。
航太と出会い本当の恋を知る。

鮎川光男…保阪尚希
鮎川コンツェルン跡取り。
仕事は強引で横暴。
可奈子と愛人関係。

鮎川可奈子…高橋かおり
政男の未亡人

沢木航太…咲輝
鮎川家使用人

沢木祐子…吉田羊
航太の妻

鮎川拓真…阿部進之介
光男の長男、文香の子

鮎川春樹…河合龍之介
光男の次男、可奈子の子

夏木ゆりあ…黒川芽以
養護施設出身の孤児




■愛の迷宮、主題歌:織田哲郎「月ノ涙


愛の迷宮情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率トップへ

愛の迷宮、クランクアップに名取香り



愛の迷宮もクランクアップしたのですね。
私もすべてではないのですが、見ています。
昼ドラをこんなに見たのは初めてです。

話は、まさしく昼ドラ。
ドロドロです。

第3世代っていうのでしょうか。
今は、先代の社長の孫たちが話の中心です。

子供として4人。
長男・鮎川拓真(阿部進之介)
二男・鮎川春樹(河合龍之介)
長女・鮎川恵理香(奥田恵梨華)
夏木ゆりあ(黒川芽以)

母親は、誰なのかはっきりしてるのですが
父親は、いまいちハッキリしていないんですよね。


拓真の母・文香(宮本真希)、父・航太(咲輝)?
春樹の母・可奈子(高橋かおり)、父不明?
ゆりあの母・沢木祐子(吉田羊)、父・航太か?光男(保阪尚希)?
恵理香の母・可奈子、父・光男の兄の政男


今後の展開を予想すると
問題になるのは、春樹の父。
新キャラクターが登場するのか、しないのか?
しないなら父親の可能性があるのは、航太か光男の父・光吉(横内正)?
光吉なら華麗なる一族になってしまいますね。

そして、あとひとつ気になるのが拓真と恵理香。
関係を持ってしまったので、歴史は繰り返されるべく
妊娠することもあるのでは・・・

しかしすごいドラマです。

その愛の迷宮の挿入歌を歌っているのが名取香り。
すべてがある場所」です。
名取香りってスターダストだったんですね。

スターダストといえば、恵理香役の奥田恵梨華もスターダストで
奥田恵梨華のブログに愛の迷宮のメンバーで鍋を囲んでる写真を
アップしてます。
こういう素の感じもいいですね。

FX業界