最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


おせん、視聴率・あらすじ

蒼井優おせん情報は、ランキングから。




6話以降は、おせん視聴率その2へ。








●第5話「史上最悪の衝撃デザート」

第5話視聴率: 9.0%
第4話視聴率: 9.5%
第3話視聴率: 9.2%
第2話視聴率: 8.7%
第1話視聴率:10.3%

今回は、いつもとパターンが違っていて
おせんが啖呵を切って、悪徳リフォーム会社を
撃退させるという話。

ごくせんが視聴率がいいので
便乗して啖呵を切ったって訳ではないでしょうが
こういう展開も新鮮です。


第6話あらすじ

おせんにお見合い話。
相手は、千堂保(小泉孝太郎)。
日本美術史が専門の大学准教授で
文武両道、家柄も容姿も文句なしの人物。

おせん『わっちは一升庵の女将ですから・・・』と躊躇。
シズ『まだ23歳なんですから、普通の女の子らしく楽しめばいいじゃないですか』
と背中を押す。

お見合い。
何事にもハッキリ物を言い、熱く正直な千堂。
もう少し会ってみようと考えるおせん。

おせんに憧れを抱く留吉は、千堂がどんな人物なのか気になって仕方がない。
そして江崎を連れ、デートを偵察。
思った以上にイイ奴だと気付き複雑。

そんな折。
千堂は、女将姿のおせんを見てみたいと言い出し・・・




●第4話「 料亭に鍋がないのは?すき焼き大作戦」

第4話視聴率: 9.5%
第3話視聴率: 9.2%
第2話視聴率: 8.7%
第1話視聴率:10.3%

今回は、ゲストとして大泉洋が出演。
『一升庵の2号店を出さないか』と提案する役どころ。
さすが、大泉洋っといった感じでドラマが締まりました。

そして、今回おもてなし料理としてふるまわれたのが
「土鍋すき焼き」
うまそうでしたね。
すき焼きという概念を吹き飛ばすようなすき焼き。
店で食べたらどれぐらいするのでしょうか?

一度、作ってみようかな。
厚揚げは、売ってるやつでいいし。


第5話あらすじ


女大工の丁子(もたいまさこ)が、一升庵の点検に来た。
丁子のひいじいさんは、名工と謳われた大工。
彼女はその跡を継ぎ、ひいじいさんの建てた家を仕立て直していた。

木下校長(松方弘樹)がおせんを訪ねてくる。
『娘・カンナ(佐田真由美)一家が東京に転勤になり、
一緒に暮らすことになったのだが
丁子のひいじいさんが建てた家を壊し
新築の2世帯に立て直すと娘が主張している。
おせんから説得してもらえないか』
という。

しかし当のカンナは
『安くて早くキレイな家ができる住宅メーカーがいいに決まっている』
と考えを変えない。
その住宅メーカーは、値段を上乗せ、手抜きも当たり前という会社だった。

丁子は、住宅メーカーに直談判に出向くが
『時代遅れの大工は、時代遅れの家とともにぶち壊される運命』
と一蹴される。

おせんは・・・





●第3話「名物とろろ飯は秘密のサイン」

第3話視聴率: 9.2%
第2話視聴率: 8.7%
第1話視聴率:10.3%


タコ引きの竜(西村雅彦)をもてなしたおせん(蒼井優)ですが
あの塩沢トキのような髪形は、もてなしの正装かなんかなんですか?
妙に気になります。

このドラマ、内容は決して面白いとは言えないけど
蒼井優の持っている雰囲気は、けっこう好きなんですよね。

例えば、オープニング。
歌詞のフレーフレーに合わせるように
旗を振っているわけだけど
絵になります。

なかなか旗を振るだけで、存在感を出すのって難しいと
思うんですが・・・
あのオープニングは好きですよね。


第4話あらすじ

営業終了後。
おせんと清二(杉本哲太)以外で、すき焼きを食べに行くことに。
そこに珍品堂さん(渡辺いっけい)が
台場(大泉洋)という男を連れてきた。

台場は『すき焼きは不細工な料理、肉を食べるならステーキが一番』
と、場を荒らし去っていく。

その台場が一升庵にきた。
台場は、現在建設中の複合商業施設に
『一升庵の2号店を出さないか』と提案。

『2号店ができれば、オレも包丁くらい握れるようになるかも』
と淡い夢を抱く江崎。
しかし、清二がその話を断る。

あきらめきれない台場は
江崎を使って・・・





●第2話「親子ゲンカは女将抗争!絆をつなぐ魔法の味噌」

第2話視聴率: 8.7%
第1話視聴率:10.3%

10%割れ。
内容的にも仕方ないか。

ドラマは、対立構図の上に成り立つもんだと思っています。
おせんの構図は、今vs昔みたいなことなんでしょうね。
今の代表が江崎(内博貴)。
江崎を通して「一升庵」を描いて
昔の良さを知るみたいな。
それが、上手く作用してるかって問題ですよね。

前回の料理対決よりは
今回の方が、話的にはよかったと思うので
今後に期待することにしましょう。


第3話あらすじ

江崎は、飲み屋で元板前という男(西村雅彦)に出会う。
「タコ引きの竜」と名乗るその男
江崎が、一升庵で働いていることを話すと
『一升庵のヤツは俺におごって当然なんだ!』と
飲み代を押し付けて逃げてしまう。
竜は、以前一升庵に勤めており、辞めさせられたことに恨み?

翌日。
江崎が、その男のことをみんなに話す。
おせんは千代(由紀さおり)に
『その男は誰なのか知っているか?』と尋ねる。
しかし、千代は
『この件に関しては一切首を突っ込むな!』と言う。

『もしかして自分の父親?』
そう考えたおせんは、江崎に頼んで
「タコ引きの竜」に会いに行こうとするが・・・



●第1話「食は人を信じる心・・対決!天然若女将vs電子レンジの女王」

第1話視聴率:10.3%

日テレの水曜22時枠のドラマが始まって5作品目になりますが
過去最低です。

16.5%:ボンビーメン
15.9%:有閑倶楽部
12.4%:探偵学園Q
12.5%:セクシーボイスアンドロボ

派手さもなくのんびりした感じで
雰囲気を楽しむようなドラマですから
視聴率的には仕方ないですかね。

むしろ、問題は今後。
セクシーボイス並に低迷するのか?
10%前後で踏ん張れるのか?
前者っぽい雰囲気ですが、どうでしょう。


蒼井優は、22歳とは思えない色気がありますね。
童顔なんだけど、すごく雰囲気のある女優さんです。

内博貴は、悪くないと思うんだけ何か足りない。
ただ、いろんなことを乗り越えてだから立派。
これからに期待したいですね。

ドラマの内容ですが、まぁ普通ですかね。
蒼井優、一人目立っていた感じで
脇役が活かされてない気がしました。
これからでしょうね。

食にスポットを当てたら
おいしそうで、食べてみたいと思いましたから
その演出は狙い通りなのかもしれません。

あと、二番板の留吉役に向井理は
ちょっとはまりにくいかな。


第2話あらすじ

江崎(内博貴)は、雑用ばかり。
おせんにお茶をいれてみても
『まずい、おちゃっぱさんがかわいそう』とさんざん言われる。
『月給5万でそこまで出来るか!』と爆発寸前。
そこに、先代女将の半田千代(由紀さおり)が現れた。

おせんをはじめ一升庵の面々も大慌て。
千代は「千成のゴッドマザー」とも言われている存在なのだ。
特に「人を見る目」がすごい。
そんな千代は、おせんに
『なんであんなバカ(江崎)に5万も払ってるんだ!』と言う。

千代が一升庵に来た理由は、毎年恒例の味噌作りのため。
おせんは、今年の味噌作りは江崎に頑張ってもらうと宣言。

江崎はおせんとともに、連日徹夜で
味噌の材料である大豆のよりわけ作業。

必死でよりわける江崎。
しかし、おせんにやり直しを命じられる。
すると江崎は
『あんたは食い物には優しいけど、俺には全然思いやりがない!』
とまたもや一升庵を飛び出してしまう。

そして、江崎不在のまま迎えた味噌仕込みの当日・・・


蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ



第1話あらすじ

都心のレストランで働いていた料理人・江崎ヨシ夫(内博貴)23歳。
派手なパフォーマンスがウリの今の仕事に疑問を感じ
東京の下町にある「一升庵」という老舗料亭へ。

ところが、「一升庵の女将」と名乗った女性は、二日酔いで酒の臭い。
江崎は、その女将・半田仙(蒼井優)に『雇って損はさせない』と頼み込み
働くことを許される。

板場では、板長の藤城清二(杉本哲太)、二番板の留吉(向井理)、雑用係の健太(奥村知史)。
そして、テル子(鈴木蘭々)、冬子(工藤里紗)、玉子(森田彩華)の仲居。

料理の腕には自信満々の江崎だったが、一番格下の雑用係を命じられる。
しかも、一升庵の料理のやり方は、セオリー無視。

おせん。
200万円もする信楽の水桶をぽーんと買い、平気で外に放置。
江崎の持ってきた家財道具を勝手に売り払う。

江崎は、おせんの行動を全く理解できない。
しかも給料が月5万円と聞かされる。

ある日。
おせんは、クッキングスクール校長・木下秀雄(松方弘樹)の頼みで
スーパースピード料理のカリスマ・桜井三千子(片桐はいり)と
料理対決をすることになり・・・


おせん、キャスト

半田仙  :蒼井優
江崎ヨシ夫:内博貴
藤城清二 :杉本哲太
竹田留吉 :向井理
鈴木テル子:鈴木蘭々
久保田冬子:工藤里紗
脇坂玉子 :森田彩華
長谷川健太:奥村知史
林隆史  :宅間孝行
珍品堂さん:渡辺いっけい
浅井シズ :余貴美子
半田千代 :由紀さおり
木下秀雄 :松方弘樹


ホームページできたのも遅かったし
だいぶバタバタしてる感じやね。
それに話の内容的にも、滑りそうな雰囲気あるし
どうでしょう?


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

蒼井優が、テレビで初主演です。
日本テレビ火曜22時「ボンビーメン」枠。
タイトルは「おせん」。

原作は「イブニング」に連載のきくち正太「おせん」。
「おせん」のモデルは江戸・谷中の笠森稲荷門前の水茶屋「鍵屋」の
看板娘「笠森お仙」とのこと。




蒼井優の役柄:半田仙
東京の下町にある老舗料亭「一升庵」の若い女将。
美ぼうと天才的な美的感覚を持つが、普段は天然ボケで大の酒飲み。
仕事のことになると本物をとことん追究する、きっぷが良い姉御肌。
料理や陶芸、書道もこなし、堂々と啖呵を切る個性的キャラ。


おせん、内容
おせんを中心に、一流の味ともてなしを提供しようと奮闘する
料亭の従業員らが繰り広げる食と文化の世直し人情ドラマ。


蒼井優コメント
『まさか自分がドラマの主演をすることになるなんて
夢にも思ってみませんでした。
(視聴者にとって)週に1度の放送が楽しみになるよう、やるだけのことをやる。
冒険してくださったプロデューサーに感謝します。』


三上絵里子プロデューサーコメント
『自分のハートに忠実で身の丈にあった幸せを幸せと思う
当たり前のようで、なかなかできないことをさらりとやってのける
おせんを蒼井さんが演じると格好いいと思った。』


撮影は3月下旬から。



蒼井優初主演どうなりますか。
このキャラクターがはまるかどうかですね。
ただ、和服は似合いそう。






蒼井優おせん情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率


この記事へのコメント
また拝見させていただきました。
応援ポチッ!
Posted by サトシ at 2008年04月20日 16:20
見逃しました…なぜか無理な恋愛をながしっぱなしにしてました↓あらすじ助かります☆
Posted by さくら at 2008年04月23日 08:50
いや〜これほどおもしろくないドラマも珍しいですね。はっきり言って駄作ですね。打ち切りを望みます。
Posted by ユメ at 2008年05月08日 10:11
前回のすき焼きの話おもしろかったのに…

今回のはリフォームの話はお粗末ですね。

ガッカリしました。
Posted by 虎ノ門 at 2008年05月21日 14:40
原作好きなので期待してたのに 原作だとおせんさんが慕われる理由がわかるんだけどドラマのあおい優さんには全くその魅力がありません 今まで主演がなかったのも納得かな
Posted by at 2008年05月24日 18:14
第6話は個人的におもしろかったです。
ドラマを見たあとで原作を読んだのですが、
別物と考えてみないとだめですね。

雰囲気はほんわかしていて、見ていて癒されますけど、私だけかなぁ。
Posted by morita at 2008年05月28日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。