最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


ROOKIES(ルーキーズ)視聴率、あらすじ

ROOKIES・ルーキーズ情報は、ランキングから。

●最終回「さらば愛しの恩師」

最終回視聴率:19.5%
第10話視聴率:12.5%
第9話視聴率:14.6%
第8話視聴率:14.7%
第7話視聴率:14.2%
第6話視聴率:15.4%
第5話視聴率:16.4%
第4話視聴率:13.1%
第3話視聴率:15.4%
第2話視聴率:14.8%
第1話視聴率:12.2%

かなり熱いドラマでした。
もう見れないのが残念。
と思っていたら、秋にはスペシャル
来年には映画化なんですね。

最後のカットで、誰かがボールを握っている姿だけが
映っていましたが
あれがスペシャルへの伏線ってわけですか。
いったい誰なんでしょう。
気になります。



今回は、御子柴が大活躍。
キャプテンとして監督不在のチームを引っ張り
選手として逆転満塁ホームラン。

てっきり安仁屋が満塁ホームランを打つものと思っていた。
でも、8回っていうのが気になっていたんですよね。
そしたら9回に、ああゆうドラマが・・・

佐藤隆太の川藤も当たり役だったし
生徒たちも役者ぞろいでしたから
安心して見れたし、いいドラマでした。

よく泣けたし、勇気もたくさんもらえたし
充分堪能できました。

だから、秋のスペシャルは嬉しいですね。
今から待ち遠しいです。

「ROOKIES」オリジナルグッズセットが新登場!
甲子園優勝

●第10話「最期の夏・・・そして」

第10話視聴率:12.5%


試合に負けたら審議委員会にかけられ
1年間の試合禁止は避けられない情勢。
かなり、強引な設定ではありますが・・・
2年のニコガクナインにとって、実質最後の大会というわけです。

このドラマは、途中何度もバレーで延期になっています。
普通なら見る持続力も失われていくものですが
見始めると、その世界に引き込まれていく
そう言う力のあるドラマです。
今回も面白かった。

延期が何度も入った分、かなり長く感じたこのドラマも
ついに次週最終回。
どんな結末が待っているのでしょう。


最終回あらすじ
対戦相手は目黒川。
試合が始まる。
先頭バッターの新庄
フルスイングした打球はグングン伸びて・・・

詳しいあらすじは、ルーキーズホームページへ。




【裏BOX・初回限定特典】
●ウォールポケット
(表・裏 両BOXに封入されているDISCごとの紙ジャケを
タペストリー風に飾ることのできるウォールポケット)
●ROOKIES特製ビジュアルブックレット
●裏BOXには、ニコガク野球部7名の直筆サイン入り紙ジャケット
計350枚を限定ランダム封入!!(表BOXには4名が封入)

●特典映像
1)ドキュメントof ROOKIES〜11人が戦った141日間のキセキ、そして・・・
2)ROOKIESナビ
3)ROOKIES制作現場から 〜キセキにのせて〜最終章
 ・Memories of佐藤隆太
 ・Memories of市原隼人
 ・Memories of小出恵介
 ・Memories of城田 優
 ・Memories of中尾明慶
 ・Memories of高岡蒼甫
 ・Memories of桐谷健太
 ・Memories of佐藤 健
 ・Memories of五十嵐隼士
 ・Memories of川村陽介
 ・Memories of尾上寛之
4)Yahoo!ライブトーク
5)ニコガクダッグアウト(第5回〜最終回)
6)予告集(第5回〜最終回)
7)後提供ベース集(第4回〜最終回)
8)宣伝SPOT集〜裏編

●第9話「汚された誇り」

第9話視聴率:14.6%


今回もかなり熱い話でしたね。
凶暴な後輩が登場して。


川藤の名セリフ。
『試練は、それを乗り越えられる奴のところにしかやってこない』
なるほど、いい言葉だ。
そして、『俺たちは、大丈夫だ』と結ぶ。

『夢に凶器はいらない。
お前の値打ちが下がってしまうだけだ』
凶器で頭を殴られ流血しながらも
そう言ってのけるのは、もはや鉄人。
すごい熱血教師です。

その熱血指導がみんなを変えて
もう挑発には乗らない。
すっかり成長しています。

今回の話の中心は、キャプテン。
『俺が怒っているのは、そんなことじゃない。
怪我でもして、予選に出られなくなったら
どうするつもりだったんだ。
言っただろう、一人も欠けちゃだめだって』

その予選が始まった。
観衆のブーイングを浴びながら・・・
次週快進撃は、続くが・・・
スポーツの記者として渡部篤郎も登場。









●第8話「はるかなる夢…明日への勝利」

第8話視聴率:14.7%

目黒川高校との練習試合が描かれた回でした。
試合中やたら中断が多いし、守りにつく前に円陣を組んだり
野球の試合としてみたら突っ込みどころ満載なのですが
ドラマとしてみたら、やっぱり引き込まれますね。

今回の中心シーは、桧山の代打に平塚を決断するシーン。
勝つための非常の采配ということろですね。
その期待に応えて、平塚が悪球打ちの代打逆転ホームラン。

このまま快進撃は続くのか?
次週、甲子園大会の抽選会。
しかし、スコアボードが叩き割られ、マウンドにはゴミや廃材が散乱。
またトラブルが・・・



ROOKIES/表BOX(TBSオリジナル特典付き初回限定版・送料無料)
初回特典
・ルーキーズ野球部特製クリアファイル
・ニコガク特選トレーディングカード11種
・ニコガク野球部“ONE FOR ALL”プリクラ

3ksen.JPG


●第7話「許されざる敗北」

第7話視聴率:14.2%


岡田と湯川がスター軍団の目黒川高校と試合をしても仕方ないと
戦線離脱。
それを川藤の熱い想いが変えさせる
そんな内容でした。

そして、池辺ノートを元に猛練習。
話はそれますが、池辺巌。
ロッテから阪神に来た選手で
背番号は34番。
確かセンターでしたか。
おぼろげな記憶ですが
かなり好きな選手でした。
池辺と聞くと思いだすんですよね。

プレイボール。
江夏は、わざと無死満塁にして
4番安仁屋には、1球もバットにかすらせることもなく
3球三振。

ニコガクナインの士気を下げようとするも
そこは常識では計り知れない
スーパーポジティブなニコガクナイン。
点は取れなくても満塁までいったに大喜び。
江夏の思惑が外れてしまいます。

次は、投手・安仁屋と打者・江夏の戦いですが
また、来週休みみたいですね。









●第6話「奇跡の初勝利なるか!?そして涙の別離・・・」

第6話視聴率:15.4%

第2章スタート。
川藤もさることながら安仁屋も熱いねえ。
市原隼人は、本当にかっこいいわ。


ヒール役の校長が、川藤の責任を肩代わりして学校を去る。
これで、平和が訪れると思いきや
新校長が・・・
さらに、新キャラ・安仁屋のライバル江夏も登場。

これからも目が離せません。

次週、第7話。
その江夏のいる目黒川高校と試合。









●第5話「負けたら解散・・・その時、最後の男」

第5話視聴率:16.4%

過去最高を記録。

ルーキーズの主題歌GReeeeN(グリーン)「キセキ」が
6月4日にスタートした着うたフル配信で
初日に18万ダウンロードを記録したそうです。
これは、1日あたりのDL数が初めて10万を超え
新記録。

ドラマのイメージにもピッタリで
いい曲ですよね。
GReeeeN『キセキ』
視聴・ダウンロード







練習試合が始りました。
やっぱり野球のシーンは見るのがきつい。
バットの振り方とかボールの捕り方とか。

それに試合が中断しすぎで
そっちの方が気になってましたね。

まぁ、そういうことを度外視すれば
川藤は相変わらず熱いし。
ナインもケンカをしながらも
夢に向かって友情を深める内容は
ドラマのクオリティーが下がり気味ながら
いい感じで来ています。

そして、代打新庄。
手のひらを開いて、掌(たなごころ)。
一番おいしいところで出てきました。

8−9、9回裏ツーアウトランナー1塁。
ホームランが出れば逆転サヨナラの場面です。

ここは、ホームランを打つか。
ホームラン性の当たりを相手チームの
ファインプレーで阻まれるか。
どちらの可能性も考えられます。

後者のような気がするのですが、どうなるでしょう?
次週第6話の放送は6月7日です。



第6話あらすじ

静かに闘志を燃やしバットを構える新庄。
2ストライクと追い込まれた。
固唾を呑んで見守るニコガクナイン。

3球目。
新庄、フルスイング。
ボールは快音を残しライトへ。

ランナーの関川は、セカンド・サードベースを蹴り
ホームに突っ込む。
いいボールが返ってくる。
キャッチャーがタッチ。

静寂に包まれるグラウンド。
アウトか?
セーフか?


数日後。
川藤に殴られた国松が、ニコガクへ抗議にやってきた。
『川藤を辞めさせないと高野連と教育委員会に訴える』
と、怒り心頭。

すると校長は
『辞職というカタチで責任を取らせていただきます』
と言う。

その騒ぎを廊下で聞いていたニコガクナイン。
校長に激しく抗議をするが・・・



●第4話「どん底からの出発」

第4話:13.1%
第3話:15.4%
第2話:14.8%
第1話:12.2%


今回も面白い内容でした。
新庄はまだ戻ってきていないのですが
9人がそろい、いよいよ練習試合です。

用賀第一高校は、御子柴(小出恵介)の後輩がいる学校。
しかも、今回の対戦は1年生が相手。
後輩に馬鹿にされている御子柴ですが
はたして、見返すことができるのか?

そして、新庄は・・・





第5話あらすじ

練習試合の日。
感慨深げにグラウンドを見つめる、安仁屋 (市原隼人) たち。

校長室。
川藤は用賀第一高校の野球部副顧問・国松 (田口浩正) と、あいさつ。
『試合を中止するなら今のうちだ』と言う村山校長 (伊武雅刀) 。
しかし川藤は『あいつらの本当の姿をお見せします』と自信満々。

試合開始。
グラウンドで整列をする両チーム。
選手と一緒に並んだ川藤。
笑い出す用賀ナイン。
若菜 (高岡蒼甫) らが、すごむ。
すると主審が『場合によっては没収試合とする』と忠告。

プレイボールのコール。
マウンドに立つ安仁屋。
第1球を投げた。
伸びる剛速球! 
バットを構えたまま、唖然とするバッター。
三者連続三振。

ニコガクの攻撃。
先頭バッターは俊足の 関川 (中尾明慶) 。
川藤のサインは・・・




●第3話「守り抜きたいもの」

第3話視聴率:15.4%
第2話視聴率:14.8%
第1話視聴率:12.2%


今回は、安仁屋(市原隼人)が野球部に復帰するまでが
描かれていました。
見どころは、雨の中、川藤 (佐藤隆太)との野球勝負。

最後、空振りするか?
打ち返すか?
そんな緊迫の勝負でした。

野球のシーンもぼちぼち、映されているのですが
野球はあんなり上手くなさそうですね、みんな。
そんな中、佐藤隆太の投球ホームは
野球を知らないという設定にしては
奇麗な投げ方やったなあ。

次は、新庄(城田優)の説得か。


第4話あらすじ

用賀第一高校との練習試合まで、あと1週間。
グラウンドでは、誰がピッチャーになるかでもめていた。

そんな中『誰かキャッチャーをやれ!』と
安仁屋がピッチャーへ名乗り。
若菜(高岡蒼甫) がキャッチャーを買って出た。

ピッチャーマウンドに立つ安仁屋。
安仁屋の剛速球に、若菜らは度肝を抜かれる。
その投球を見た川藤は
安仁屋をピッチャーにすると決めた。

後日。
川藤が決めたポジションで練習。
キャッチャーの若菜は、バッターがスイングすると目をつむってしまう。
それを見た桧山(川村陽介) 。
『情けねぇ』と嫌味を言うと
若菜は桧山を殴り倒して、グラウンドを後にする。

練習後。
キャプテンに抜擢された御子柴(小出恵介) は
若菜と話をしてみるという。

一方、新庄。
チンピラ風の連中に、ボコボコに殴られていた。
そこを川藤が通りかかり、倒れている新庄を発見。
『もう許してやってくれ』と、ケンカを止めるが・・・





●第2話「夢を、どこまでも信じる!」

第2話視聴率:14.8%
第1話視聴率:12.2%

まだ上がりそうな雰囲気ですが
次回はゴールデンウィークの中。
この視聴率を維持できるかどうかって
ところでしょうか。



前回同様に面白かった。
それにしても川藤 (佐藤隆太)のテンション高いね。
しかもただ高いだけじゃなく、常に高い。

見てるこっちが逆に疲れてくるぐらい。
60分フルスロットルって感じですね。
もう少しメリハリがあってもいいように思いますが・・・

安仁屋(市原隼人)は、カッコいいねえ。
どういう風に野球部に入部するのか
楽しみです。

阪神の安仁屋は、もみあげのサイドスローのピッチャー。
全然雰囲気が違うのですが・・・



第3話あらすじ

練習試合に向けて、メンバーが集まりつつあった野球部。
そんな中、事件が起こる。

元野球部の坪井(松本寛也)らが襲われ、部室が荒らされた。
これは、野球部に恨みを持つ不良グループの仕業だった。

野球部が部活を再開したことで、野球部が今までのように
暴力をふるえないと思い、報復を始めたのだ。
犯人を捜す若菜たち。

一方、犯人の不良グループを察した安仁屋。
その一人に詰め寄る。

そこに新庄(城田優)。
『お前はおとなしく野球をやってろ!』と安仁屋を殴り飛ばす。
犯人の不良グループと対峙する新庄。

その様子を平塚(桐谷健太)と今岡(尾上寛之)が見かける。
それを知って部室からバットを手に飛び出していく若菜たちに
川藤がこう言い放つ。

『大事なものを守りたいなら、部活に行くと言え!』と。




●第1話「新人教師と不良たちの熱き戦いが今始まる」

第1話視聴率:12.2%

TBSのこの時間帯としては、健闘したといえますね。
ただ、ごくせん3の半分以下ですから
もう少し獲りそうな気もしてたのですが。
来週、どうなるかですね。



かなり期待していたドラマです。
だいたい期待は、裏切られるものなんですが
このドラマ、期待以上に面白かった。

特に佐藤隆太の川藤先生は、いいわ。
新たな名物教師の誕生ですね。

『オレを見ろ!オマエら全員、明日が見えてないんだから
オレが見せてやるから、オレを見ろ。夢から逃げんな!』
あつくるしい・・・

でも、ただの熱血教師じゃなくて、いい具合に天然が入ってます。
そのバランスが絶妙。
涙あり笑いありです。

ごくせんと同じ日に始まって、不良高校生に熱血教師。
テーマが近いこともあって、3年D組vs2年B組の視聴率対決も見もの。
僕は、断然ルーキーズの方が面白かったですが。

そう思う一番の理由は、生徒役の演技力。
ルーキーズの生徒役は、高校生としては年齢がいってますが
経験を積んできた若手俳優ですから、安心して見てられます。
その分、初々しさはありませんが・・・

ホント来週が待ち遠しい。
次週は・・・



第2話あらすじ

用賀第一高校から、練習試合の申し込みがあった。

村山校長 (伊武雅刀)は、『辞退するしかない。』と言うと
川藤は『もちろん、喜んで受けます』と言う。
すると、『試合ができなかったら辞表を出せ!』と
約束させられることに。

練習試合は一ヵ月後。
川藤は、安仁屋(市原隼人)たちにそのことを伝える。
しかし、まったく相手にしてくれない。

そんなとき、若菜 (高岡蒼甫)が『本当はサッカーがしたかった』と
川藤に打ち明けた。
それは川藤を困らせるための口実だった。
でも川藤は『はじめて夢を打ち明けてくれた』と喜び
サッカー部へ転部できるよう奔走する。

そんなウソを真に受ける川藤を煙たく思う若菜たちは・・・




第1話あらすじ

川藤幸一 (佐藤隆太)。
新米教師として、二子玉川学園高校に赴任することになった。
登校すると、「ガシャン!」と窓ガラスが割れる音。
そして、女生徒の悲鳴。

音のする廊下へ向かうと
関川秀太 (中尾明慶) と若菜智哉 (高岡蒼甫)、桧山清起 (川村陽介) たちが
3年生の 国枝 (鈴之助) らと乱闘騒ぎ。

止めに入ろうとする川藤。
その背後から爆音。
今岡忍 (尾上寛之) と平塚平 (桐谷健太) が、バイクに乗って突っ込んできたのだ。
若菜らに羽交い絞めにされた国枝に、平塚がラリアット。
そして、走り去るバイクと不良たち。

そこに「生徒は体育館に集合」との校内放送。
野球部の部室でたむろしていた
安仁屋恵壹 (市原隼人)、新庄慶 (城田優)、岡田優也 (佐藤健)、湯舟哲郎 (五十嵐隼士)
新しい先生を見に行こうと体育館へと向かう。
しかし、御子柴徹 (小出恵介) は、切ない表情。

体育館。
川藤が紹介され
「夢に向かって一緒にがんばろう」とあいさつ。
それを聞いた安仁屋たちは爆笑。
にらみ合う川藤と安仁屋たち。

職員室へ戻った川藤。
隣の机を見ると、前任校で同僚だった真弓りえ (吹石一恵) がいた。
偶然の再会にびっくりする川藤。
就業のチャイムが鳴った。

担任となる2年B組へ。
教壇に立つと、後ろの席が空いているのに気づく。
八木塔子 (村川絵梨) に野球部の人たちの席だと教えられると
川藤は、彼らを探しに野球部の部室へ向かったのだが・・・



放送は2008年4月19日から。
期待してるドラマです。
必ず見たいですね

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2008年春ドラマ情報です。

主演は、佐藤隆太。
少年ジャンプで連載された漫画・森田まさのり「ルーキーズ」のドラマ化です。
放送時間は、TBS系の新ドラマ枠土曜20時。


「ROOKIES・ルーキーズ」ドラマの内容。、
高校野球が舞台。
熱血教師のもと、問題児たちが甲子園を目指して更生し
成長していく姿を描いた青春物語です。

その熱血教師・川藤幸一を演じるのが佐藤隆太。
舞台となる高校では、野球部が試合中に起きた不祥事で活動停止に。
教師に裏切られ、責任をとらされた野球部員たちは
何よりも夢を大切にし、生徒のためなら職を捨てる覚悟の川藤幸一と出会い
本音でぶつかりながら、再び這い上がろうとする。
そんなドラマのようです。


佐々木夫妻の仁義なき戦いでは、役名にプロレスラーの名前が付いていましたが
「ROOKIES・ルーキーズ」では、阪神タイガースの現役およびOBの
実名を組み合わせています。

佐藤隆太が演じるのは川藤幸一は、代打の切り札だった川藤幸三と
オリンピック打撃コーチの田淵幸一の名前を合わせたもの。

阪神ファンの私としては、名前を聞くだけでうれしく
懐かしさが込み上げてきます。

「ROOKIES・ルーキーズ」キャスト

佐藤隆太:川藤幸一 ・・・野球部監督
国語教師。
野球部の顧問を買って出る熱血教師。
大雑把でガサツだが、情に厚く世話好きでかなり涙もろい。
幼い頃から空手を習い、その腕前は日本代表クラス。
座右の銘は「夢にときめけ、明日にきらめけ!」。

市原隼人:安仁屋恵壹 ・・ピッチャー
2年B組。
ルックス、運動神経ともに抜群。
女子にモテるワルで、リーダー的存在。
夏の予選大会中に同級生が起こした暴力事件で
野球部は半年間の活動停止になり
それをきっかけに、野球への熱い想いを封印。
二度とユニフォームは着ないと誓ったが・・・

小出恵介:御子柴徹 ・・・セカンド
2年B組。
高校球児に憧れ、小学生の頃から野球を始めた。
中学では3年間ずっと補欠で、ついたあだ名は「球拾い大臣」。
それでも野球が大好きで、迷わず野球部へ入部。
野球部ではパシリ。
努力家の性格を川藤に見込まれ、キャプテンに大抜擢される。

城田 優:新庄 慶 ・・・ 後に合流
2年B組。
喧嘩が強く、安仁屋と並ぶ不良グループのツートップ的存在。
小学生の頃に両親が離婚。
中学では友だちを求めて野球部へ入部。
しかし、2年生のときに暴力事件を起こし退部に。
川藤の影響で変わっていくメンバーを見て、御子柴たちに制裁。
その事件以来、孤立する。

中尾明慶:関川秀太 ・・・センター
2年B組。
金髪でモヒカンがトレードマークのお調子者。
中学の頃は陸上部に所属し、インターハイへ。
しかし、暴走族との交友関係が指摘され退部。
グレ始めた。
野球部一の俊足を持つ男。

高岡蒼甫:若菜智哉 ・・・キャッチャー
2年B組。
岡田と湯舟、桧山たちと、部室でマージャンをしていつもヒマをつぶしている。
いい加減で面倒くさがり。
“舐められることが大嫌い” なので売られた喧嘩は必ず買う。
野球は未経験だが、その男気と体力を見込まれ、キャッチャーに。

桐谷健太:平塚 平 ・・・サード
2年B組。
女子に気持ち悪がられている。
スーパーポジティブな性格。
野球センスはないが、ビンボールなど悪球にはめっぽう強い。
顔に迫ってくるボールには、野性の防衛本能が働き、ジャストミートで打ち返す。

佐藤 健:岡田優也 ・・・レフト
2年B組。
ノリがよく、喧嘩をするよりナンパをするほうが得意。
メンバーの前ではいつも明るく振舞っているが、それは一人になることが嫌いだから。
ドレッドヘアが自慢の、ヒップホップ命の男。

五十嵐隼士:湯舟哲郎 ・・ファースト
2年B組。
中学のときはサッカー部に所属。
部室でマージャンをしていないときは、ナンパをしている。
女の子扱いも上手くモテるが、美的感覚がズレているブス好き。

川村陽介:桧山清起 ・・・ショート
2年B組。
あごひげが特徴の硬派なタイプ。
何かとヒートアップする野球部の中で
物事を冷静に見つめられるクールさを持っている。
そのクールさゆえ、メンバーに何かと忠告をするポジション。

尾上寛之:今岡 忍 ・・・ライト
2年B組。
平塚を「平ッチ」と呼ぶほど仲がいい。
暴走気味な平塚の言動に、いつもツッコミを入れる役。
保健体育の教員・藤田カオルにぞっこん。
野球は未経験だが、運動神経もよく肩もいい。


村川絵梨:八木塔子 ・・・ 2年B組生徒
2年B組。
安仁屋の幼なじみ。
明るく活発なクラスの人気者。
見かけによらず負けん気が強く、思ったことはすぐ口に出してしまう。
でも、安仁屋への想いは、素直に伝えられない。
現在はコーラス部。
安仁屋が中学のとき言った「甲子園に連れてってやる」という言葉を信じ
後にニコガク野球部のマネージャーに。


浅野和之:池辺駿作 ・・・ 教頭
吹石一恵:真弓りえ ・・・ 英語教師
伊武雅刀:村山義男 ・・・ 校長
天野ひろゆき:掛布光秀・・社会科教師。

< 友情出演 >

森山未來 :張本琢己
綾瀬はるか:御子柴響子



ROOKIES・ルーキーズ情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率


この記事へのコメント
1話良かったですね。視聴率がどれ位なのか楽しみです。
Posted by O.A. at 2008年04月19日 21:15
ブログ検索から たどり着きました。

良かったら私のブログにも遊びに来てください。
それでわっ。

ポッッツチポッッチ♪♪
Posted by キャバ嬢★ミサキ★ at 2008年04月19日 23:02
番宣しすぎでお腹いっぱいになりかけたんですが飽きずに見れました。3ヶ月だと中途半端なんで全巻きっちりドラマ化してほしいっすね。
Posted by せいちん at 2008年04月20日 07:26
自分もごくせんより断然ルーキーズの方がおもしろかった!続きも楽しみ♪
Posted by mie at 2008年04月20日 14:04
原作に忠実に描く、とか言っといて、生徒たちの学年が1学年上がっていることが気になる・・。
Posted by 人は皆だめ at 2008年04月20日 18:31
ほんとにおもしろかったぁ!!ごくせんは3作目だからか先が読める気がしました。好きですが☆ルーキーズは老けてる高校生ですが、演出がすごくよかったです♪
Posted by さくら at 2008年04月20日 19:10
おもしろかったけど、喧嘩のシーンはやり過ぎ。流血しまくりで観ててちょっと気持ち悪くなった。
Posted by 鳥居 at 2008年04月21日 12:36
視聴率意外と低いですねぇ・・・。
番宣しすぎだったけど、本当面白かった。早く土曜日になってほしい位★☆

私はリアルタイムで見れなくて録画しました。土曜の8時って出かける人多い時間帯ですよね(若い子は特に)
そういうのもあって視聴率低かったのかな?って思いました。
Posted by あや at 2008年04月21日 13:32
おもしろ
Posted by at 2008年04月21日 17:31
第三話早く観たいです!!!
Posted by おしゃれ好き at 2008年04月27日 11:04
私も期待以上でした!!!
家族で見ていたのですがドラマに辛口で全く見ない弟でさえ2時間でも見たいと言ってたくらいです。
出演者の演技力も内容も良くきっとごくせんと同じ時間帯にやっていれば視聴率も高かったんだろうと思うと心残りです…
それでもこれから視聴率が伸びてくことを期待してしまいますねわーい(嬉しい顔)
Posted by at 2008年04月28日 00:59
2話を録画してたの昨夜観ましたが今期ラスフレと並んで最高ですね(^O^)市原くんは低身長の問題を演技力でカバーしてて。しかもかっこいいわな。ごくせんの生徒役の人達は過去最低の演技で見る気がなくなる。数字次第では3ヶ月以上あるかもしれないって言ってたがやっぱ3ヶ月で終わっちゃうんだろうなぁ(*_*)
Posted by せいちん at 2008年04月28日 08:22
たしヵゝにごくせんょりルーキーズの方ヵゞリアルさヵゞぁってぃぃ♪
ってヵゝイッチ〜マジヵッコょすぎ♪大好き!!!
これヵゝら視聴率ヵゞ上ヵゞってぃくコトを期待してます☆
Posted by りぃ仔☆ at 2008年05月04日 23:02
つまらないドラマ!!スクール・ウォーズみたいな…
Posted by アンチ阪神 at 2008年05月05日 05:46
水曜日に視聴率出るんかな?たしか佐藤隆太は野球やってて本当は出来るけど川藤が出来ないから演技してるだけ。高岡もやってたんでは?あとはわかんないけど…。20代の男子が撮影の合間に数時間練習しただけじゃ上達しないわな(*_*)早く次が観てぇ〜ぜ!
Posted by せいちん at 2008年05月05日 09:38
他のドラマが視聴率下げてるのに対してルーキーズはGWだったにも関わらず頑張ってますねo(^-^)o
これからもどんどんあげてって欲しいです(^0^)/
次回が楽しみですね♪♪
Posted by at 2008年05月08日 09:42
私もこちらのほうが、ゴクセンよりも断然いいとおもいます。
いい感動しましたのでこれからも期待!!
Posted by トイーゴ at 2008年05月08日 13:03
4話またまた感動しました!安仁屋が御子柴を殴るシーン良かった♪
Posted by せいちん at 2008年05月11日 09:37
それぞれがいい味出してて、皆一生懸命で泣けます!

見終わった後にこんなにいい気分になれるのはROOKIESだけです!!
Posted by あやい at 2008年05月12日 13:44
面白くても視聴率が下がったんでは………
Posted by ヘーローズ at 2008年05月17日 07:56
視聴率下がりましたね♪
面白くても………
Posted by ヘーローズ at 2008年05月17日 07:59
こんにちわ!同時進行で漫画も読み進めてるんですが、2〜3時間かけて読んだ部分が昨日1時間でダイジェストに進んだのであっさりした印象でした!でも、ドラマはドラマですごく面白いですね♪ごくせんが若いキャストなので見づらくなりました↓同世代のRookiesが見やすいです!
Posted by さくら at 2008年05月18日 11:27
見終わったあと何かを感じれるドラマです。
22時始まりだったらもっと視聴率上がっただろうに。
曜日、時間帯がもったいないです。
Posted by まな at 2008年05月18日 21:32
長くてすんませんm(__)m
視聴率上がってきてバレーボールで2週間空くのはもったいないわ!時間ずらしてでもやってほしい☆
新庄の自分で掌を開くはとこはBESTシーンだわ。その前の安仁屋のわかってたよ結局こうなんのは。熱い!!ウィッグは地毛みたいだし(笑)
つかごくせんの裏でやる映画とか弱くないか?テレ朝も相棒の再放送やりゃいいのに。
Posted by せいちん at 2008年05月19日 15:44
視聴率右肩上がりですね。ここまで放送される度に視聴率が上がるのは珍しいかな?代打新城の後が良かったので放送されればいいなと思います。
Posted by O.A. at 2008年05月19日 18:17
何度もすみませんm(__)m
明後日からルーキーズ再開や!観直してまたテンション上げて新庄の打席迎えるぜ!
Posted by せいちん at 2008年06月05日 18:20
間延びした感は拭えませんが
本当に楽しみです。
Posted by ドラマル at 2008年06月06日 11:47
今回は、どうしても先が気になって今回の部分だけ読んだ原作と全く同じで驚きました。後3話位?かな。この短い間で今のとこからあの土を踏むまでどのようになるのか楽しみです。
Posted by O.A. at 2008年06月09日 19:16
校長も教頭もやっぱり野球が好きで
ニコガク野球部を愛しているのですね。
そういう人たちが伝統を継承しているのだと
改めて思いました。

あの土。
僕も踏みたかったなあ。
Posted by ドラマル at 2008年06月11日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。