最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


ラスト・フレンズの視聴率・あらすじ

ラスト・フレンズ情報は、ランキングから。



7話以降はラストフレンズ視聴率・あらすじ・その2





●第6話「命がけの逃避行」

第6話視聴率:17.2%右斜め下
第5話視聴率:19.9%
第4話視聴率:15.9%
第3話視聴率:15.6%
第2話視聴率:15.9%
第1話視聴率:13.9%

宗佑は、不気味さを増したような感じで
本当に怖いですね。
美知留とタケルが逃げる時バッタリ出くわし
タクシーの窓をバンバン叩くシーンは
まさにホラー映画。

そんな宗佑なんですが
子供には優しい。
そんなシーンがいくつかありました。
ある一面ではそういう優しさがあり
ある一面は、美知留を拘束し暴力をふるう。
なぜ、宗佑はこのようになったのか?

宗佑の過去については
以前その生い立ちを美知留が話していましたが
さらに突っ込んだ悲しい過去が、明らかになっていくのかもしれません。

錦戸亮がラストフレンズホームページのインタビューで、こう話しています。
『多分、宗佑は、自分は絶対間違っていない、と思っているんでしょうね。
でも、殴ってもダメだっていうこともわかっていると思うんです。
難しいですね。
宗佑がどうしてこういう風になっていったか、
っていう理由みたいなものはあるんですけど…。
僕自身はその理由に納得できるわけじゃないけど
理由はある、みたいな感じです。』


その宗佑から美知留を守ったのが
瑠可ではなくタケルでした。
今までの展開から考えると瑠可が守りそうな感じなのに
美知留が宗佑からひどいことをされたと知っても
自分の殻に入ったまま。
同一性障害のことを苦悩する瑠可。

そのことをタケルに打ち明けようとすると
その前にタケルから告白されてしまう。
飽きさせない展開ですね。

ドラマも中盤から後半戦に入ります。
ますます目が離せませんね。



第7話あらすじ

タケルから
『君が好きだ』
と告白された瑠可。
動揺を抑えながら
『タケルの気持ちには応えられない』
と答える。



美知留たちはみんなで遊園地へ遊びに行くことに。
そこに林田がやってくる。
瑠可は、林田に恋人役を頼んでいた。

遊園地。
タケルは、白幡優子(伊藤裕子)の姿に気づく。
急に気分が悪くなったタケル。
その場から逃げ出し、ベンチに倒れこんだ。
タケルの異変に気づいた美知留。
彼を介抱。
一緒にシェアハウスに戻った。

その夜。
美知留は
『宗佑に別れると伝えることにした』
と瑠可に言う。
『自分でけじめをつけたい』
という美知留の決意を知った瑠可。
しかし、何も言わなかった。

翌日。
美知留は宗佑に電話。
やはり心は揺れる美知留。

そんな美知留を
タケルは優しく慰める。
すると・・・





マグカップピンク(美知留:長澤まさみ)


マグカップブルー(瑠可:上野樹里)


マグカップパープル(タケル:瑛太)


ラテマグカップ オレンジ(エリ:水川あさみ)


ラテマグカップ グリーン(友彦:山崎樹範)





●第5話「衝撃の一夜」

第5話:19.9%
第4話:15.9%
第3話:15.6%
第2話:15.9%
第1話:13.9%


さらに、重い内容になってますね。
宗佑(錦戸亮)のくぐもった声。
本当に雰囲気があります。

『どうにかなっちゃおうか?』と
エリ(水川あさみ)にキスされたタケル(瑛太)。
嫌悪と拒絶反応で、エリを突き飛ばしました。

やっぱり、タケルの過去には
電話で話していた優子(伊藤裕子)
姉なのか、継母なのかとの間で何かあったのは
間違いなさそうですね。

タケルが、瑠可(上野樹里)に惹かれているのは
性同一性障害の瑠可は、異性でありながら同姓のような
雰囲気からでしょうか。

そうして、こう呟く。
『瑠可、君の笑顔が好きだ。
君が誰を好きでもいい。
オレは、君を支えよう。
君の笑顔を』

でも、瑠可にはこう言われてしまう。
『触んなよ!触んな!!』って。



そして、タケルはこんなことも呟いていました。
『瑠可、僕らはいつか幸せになれるのだろうか?』と。
これは、明らかに伏線ですよね。

宗佑の『瑠可って奴、タダじゃおかない。』の言葉の。
宗佑は、瑠可に対して何をするのか?
気になります。


第6話あらすじ

美知留は『宗佑のそばにいてあげたい』
と宗佑のマンションへと急いだ。
瑠可は、そんな美知留の言葉に傷つき、激しく動揺。

息を切らしながらマンションにやってきた美知留。
すると、なんと宗佑が出迎え。
いたって元気な様子。

そして、宗佑は『新しいケータイを買うから』
と美知留のケータイを取り上げた。

その夜。
瑠可は、タケルやエリを誘って酒を飲みに行き泥酔。
シェアハウスに戻ると、友彦がいた。
友彦は『妻と話し合い、試験的に別居しようという結論に落ち着いた』という。

そんなある日。
タケルは、美知留の働いている美容室を訪れるが
美知留は店を辞めていた。
美容室で宗佑の住所を聞いたタケル。

チャイムを押しても返事がない。
ドアノブに手をかけると、鍵がかかっていない。
不審に思い、ドアを開けるタケル。

すると、そこには・・・
変わり果てた美知留の姿が・・・



●第4話「引き裂かれた絆」

第4話:15.9%
第3話:15.6%
第2話:15.9%
第1話:13.9%

最高視聴率タイ。
安定していますね。


DV男・宗佑(錦戸亮)の悲しい過去が明らかになりました。
だからといって、暴力は許されるはずもなく・・・
雨の中、一晩中ずぶ濡れになり
『待ち続けることは辛くない』という宗佑の言葉が悲しい。

美知留(長澤まさみ)は、やがて
相談相手のタケル(瑛太)を意識するようになるようですが
それを知ったら宗佑はどうなってしまうのか?

瑠可(上野樹里)との三角関係を含め
ますます目が離せませんね。




第5話あらすじ

美知留は、ずぶ濡れの宗佑を見つけ
タクシーに乗せてマンションまで送り、寝かしつけた。

帰ろうとする美知留の手をつかむ宗佑。
『行かないでほしい』と頼んだ。
しかし美知留は
『また同じことの繰り返しになってしまうから、もう一緒には住めない』
そう言い残し、部屋を後にする。

その夜。
シェアハウスに戻った美知留。
『もう1度同じ美容室で働くことにした』と瑠可たちに報告。
『自分がしっかりしていれば大丈夫』と。

翌日。
タケルは、仕事を終えた美知留を迎えに行く。
『実家で開かれるパーティーに美知留と一緒に来てほしい』
瑠可からそう頼まれていたのだ。
楽しいひと時を過ごした美知留。
岸本家に泊まることに。

タケルは、シェアハウスに戻った。
すると、エリがひとりでグラスを傾けていた。
酒に酔ったエリ。
寂しさを紛らわすかのように、タケルにキスしようとする。
その瞬間、タケルは・・・








●第3話「命を削る思い」

第3話視聴率:15.6%
第2話視聴率:15.9%
第1話視聴率:13.9%

少しダウンもこのあたりで、落ち着きそうな感じ。



宗佑(錦戸亮)の暴力がエスカレートしてきました。
美知留(長澤まさみ)は顔に傷、そしてあざをつくり
宗佑のもとから逃げ、瑠可(上野樹里)に助けを求めてくる。

その時のタケル(瑛太)のナレーション
『瑠可は、その時決心したのだろう。
どんなことがあっても、命を懸けても美知留を守るって・・・』

いつものように、過去を振り返りながらのナレーションですが
この言葉から推測すれば、瑠可と宗佑が対峙して
何かしらの事件が起こるということみたいですね。

あえて、過去を振り返る言葉で「命を懸けても」と
「命」を強調しているということは・・・


不思議なのは、小倉友彦(山崎樹範)。
彼は運命の赤いテープで結ばれた5人の中に
入ってないにもかかわらず
けっこう登場回数多いですよね。

暗い内容なので、ガス抜き的存在にも見えますが
何か今後の展開で、キーマン的な存在になるような気がするんですよね。

どうでしょう?


第4話あらすじ

美知留は、宗佑から激しい暴力を受け
瑠可やタケルたちが暮らすシェアハウスに。

瑠可は、美知留を落ち着かせ『宗佑とは別れたほうがいい。
暴力で相手を自分の思い通りにしようとするのは、愛じゃない!』という。
瑠可の言葉に、涙を浮かべる美知留。

瑠可は『美容室を辞めて、携帯電話にも出るな。』と美知留にアドバイス。
美知留は、シェアハウスで落ち着いた生活を送る。
その間も携帯電話には、何度も宗佑からの電話があった。

モトクロスの練習場。
トレーニング中の瑠可は、遠くからじっとこちらを見つめている宗佑に気づく。
そこにチームの監督・林田。
宗佑の尾行を防ぐために、林田を誘って飲みに行くことに。

その夜遅く。
酒に酔った瑠可と林田。
ふざけ合いながら帰路についていると
そこで瑠可は、林田に唇を奪われてしまう。

一方、宗佑。
ついに、瑠可の住むシェアハウスをつきとめ・・・



●第2話「命がけの秘密」

第2話視聴率:15.9%
第1話視聴率:13.9%

15%を超えてきました。


宗佑(錦戸亮)が、美知留(長澤まさみ)に
椅子を振り下ろそうとしたとき
身を呈して盾になった瑠可(上野樹里)。
こう言う。
『私の美知留に手を出すな!』って。
すべては、この台詞のための伏線みたいな展開でした。

ただ、今回の話は1話で出し尽した出がらしのような感じ。
1話が衝撃的だった分、物足りなさを感じている自分がいます。
まぁ、1話は色々と盛り込みましたからね。

あと、気になるのは、かなりネタフリしているところ。
これから先何か大きな事件があることを
におわしていますよね。
そして、たぶん誰かが死ぬ。
その大前提があって、物語は進んで行ってるわけで
どう考えたって、悲しい結末になりそう。

それから、注目は宗佑。
不気味さが際だってきましたね。
宗佑がそこにいるだけで、張りつめた空気感を作り出してますから。
今やドラマの中心です。

それに引き替えタケル(瑛太)は、影が薄いかな。
タケルのエピソードはこれからか。



第3話あらすじ

イスを振りかざす宗佑。
美知留をかばう瑠可。

瑠可の戻りが遅いことを心配したタケルがかけつけ
宗佑を押さえつける。

瑠可は『何故、暴力を振るった!』と宗佑を責めると
宗佑は『ふざけていて、イスが倒れただけ。』と答える。

退院した瑠可。
美知留の美容院を訪ね、ランチを共にする。
そこで、美知留に宗佑の話を切り出す。
美知留は『一緒に暮らしていれば、ケンカをすることもある。
だから、たいしたことではない。』と答え
『今まで人から愛されていると感じたことがなかったが
宗佑からは愛されていると感じる』という。
それを聞き、もうこれ以上美知留に何かを言うのを諦めた瑠可。
ランチ代を置いて店を出て行く。

美容室。
美知留は、男性客からの指名を受ける。
男性客の髪は切らない、という宗佑との約束を思い出したが、引き受けた。

その夜。
宗佑の理不尽な要求に不満を抱いていた美知留は
『仕事なのだから断れない!』と宗佑に訴えた。
すると宗佑は『自分と客のどちらが大事なんだ!』と詰め寄り・・・





●第1話「誰にも言えない悩みDV・妊娠・禁断愛」

第1話視聴率13.9%

15%は獲ると思ってたんですが
やっぱりテーマが重いですからね。



春のドラマで期待しているのは、キムタクの「change」ではなく
このラストフレンズとルーキーズです。
そのラストフレンズが始まりました。

かなりいいですね。
あっという間の1時間でした。
しかも、冒頭から衝撃映像。

第1話のタイトルにある
妊娠って誰のことかと思っていたら
美知留(長澤まさみ)のことでした。

漁村。
大きなおなかの美知留。
瑠可(上野樹里)に宛てて手紙をしたためる。

冒頭でのこのシーンは、おそらく結末でしょうから
かなり重要なシーンですよね。
技法として、その時点から過去に遡って
また、その時点に戻ってくるって感じの展開です。

気になる点がいくつかあります。
まず、美知留のおなかの中にいる子供の父親は
誰なのかということ。

宗佑(錦戸亮)なのか?
タケル(瑛太)なのか?
はたまた瑠可なのか?(それは、ないか。)
かなり気になります。

そして、もうひとつ。
瑠可への手紙で、こんなこと言ってましたね。
「あなたを裏切ったむくい」
「あの恐ろしい出来事」
「あの死」
「あなたたちに二度と会えない」

あの死って、誰が死んだの?
瑠可のような感じを匂わしていますが・・・
あなたたちと言ってることは、タケルも・・・
それとも、宗佑か。


衝撃映像その2。
DVを受ける美知留。
殴る蹴るの暴行を受けていましたね。
蹴りは4、5発あったんじゃないですか。

しかも、仕事場では熱湯をかけられるし
長澤まさみも辛い役どころです。
キャーキャー言うキャラは、あまり好きではないので
今回のいじめられる役で、新境地を見出して欲しいですね。

あと、瑠可は男前でいいんですが
上野樹里の男言葉にまだ違和感があります。
そのうち慣れるとは思うんですけど。

そして、衝撃映像その3。
上野樹里と長澤まさみのキスシーン。
いきなり第1話から持ってきました。

使うとしたら、もっと後半かと思っていたんですが・・・
そうなると、さらに過激なベットシーンとかも
あるかも知れないってことですね。

というか、そう思わせるだけでも
うまい演出です。




来週も見ずにはおれません。

美知留は、宗佑に何も言わずに
瑠可のシェアハウスで一夜をすごしたけど
また、殴られてしまうの?
来週は、いったいどうなる。



第2話あらすじ

宗佑は、美知留を迎えに美容室を訪れた。
美知留は『連絡もせずに外泊したこと、怒ってない?』と宗佑に聞く。
すると宗佑は、美知留を抱きしめ『どこにも行かないでほしい』と告げる。

翌日。
瑠可のアルバイト先に、父親の修治(平田満)が訪ねてくる。
瑠可は、修治を連れてタケル(瑛太)がアルバイトをしているバーへ。

同じころ。
食事の準備をしていた美知留。
実家で見つけられなかった高校の卒業アルバムが
何故かクローゼットの奥にあることを知り、不審を抱く。
しかも・・・

集合写真の瑠可の名前には×印がしてあった。

別の日の夜。
美知留は、急な残業で帰宅が遅くなる。
すると宗佑は、いきなり美知留を殴りつけた。
そのとき・・・

瑠可からの電話が入り・・・





●ラストフレンズ制作発表

東京都文京区のフォーシーズンズホテル椿山荘東京で
ラストフレンズ制作発表が、行われました。

長澤まさみコメント
『同情を買う女の子にはしたくなかった。
一所懸命に生きている姿を演じることで
DVは本当にいけないことなんだと伝えたい。』

上野樹里コメント
『ここまで男っぽいショートにしたことはなかったけど
もっと短くてもいいくらい。
楽です。』

のだめカンタービレ、プロポーズ大作戦と
月9、スペシャルで主演した2人の共演ですから
どういうドラマなのか、楽しみですね。


ラストフレンズ第1話あらすじ

美容師アシスタントの藍田美知留(長澤まさみ)。
高校時代の親友・岸本瑠可(上野樹里)と偶然再会。
瑠可は、友人のエリ(水川あさみ)とシェアハウスで暮らしながら
モトクロスに励んでいた。

美知留は、一緒に暮らさないか、と瑠可に誘われる。
でも、区役所の児童福祉課に勤務の恋人・及川宗佑(錦戸亮)と
同棲することを決めたばかりの美知留は、それを断る。


ヘアメイクアーティストの卵、水島タケル(瑛太)。
雑貨店で瑠可とぶつかり、彼女が落としたマグカップを拾う。
その夜。
タケルは、信号待ちをしている瑠可を見かける。
そして、声をかけようと・・・
ナンパだと勘違いした瑠可に怒鳴られる。
落としたマグカップを渡すことができない。

別の日。
瑠可とエリは、とあるバーに。
タケルがバーテンダーをしている店だった。
タケルは、瑠可に事情を話し、誤解を解く。

一方、美知留。
宗佑のマンションに引っ越す。
幸せを実感していた。
ところが・・・
翌日。
美知留が目を覚ますと
宗佑が美知留の携帯電話を見て・・・



●ラスト・フレンズクランクイン

長澤まさみ(藍田美知留)のクランクインは
美知留がアシスタントとして働く美容室のシーンから。
西原亜希・蘭香レア・平野早香と共に。

撮影2日目。
岸本瑠可役の上野樹里、水島タケル役の瑛太がクランクイン。
雑貨屋で、高校時代の親友・美知留の姿を偶然見つけた瑠可。
店にいたタケルにぶつかって、買ったばかりのマグカップを
落としてしまったこともお構いなしに、美知留を追いかける。
そんなシーンを撮影したようです。
予告編で流れていたシーンですね。

それにしても上野樹里、バッサリ髪の毛を切りましたね。



●ラスト・フレンズの内容

美容室でアシスタントとして働く藍田美知留(長澤まさみ)。
家庭では母が男を連れ込み、職場の美容室ではいじめに。
唯一の心の支えは、恋人の及川宗佑(錦戸亮)だった。
美知留は、家から逃れるため宗佑との同棲生活を約束。

そんなある日。
美知留は中学の同級生、岸本瑠可(上野樹里)と再会。
瑠可は中学時代から美知留のことが気になっていた。

瑠可は、シェアハウスで友達と共同生活を送っていたが
あるきっかけ水島タケル(瑛太)と知り合う。
タケルは、彼女に惹かれシェアハウスに移り住む。

同棲生活を始めた美知留。
瑠可からのメールを男からのメールと勘違いした宗佑に
激しい暴力(DV)を受けてしまう。
行き場のない美知留。
目指したのは瑠可のいるシェアハウスだった。



主演は長澤まさみです。
放送枠は、フジテレビ木曜22時「鹿男あをによし」枠。
タイトルは「ラスト・フレンズ」。
脚本は「ラブジェネレーション」の浅野妙子。

4月10日よりスタートです。



●ラスト・フレンズのキャスト

長澤まさみ:藍田美知留。
自宅では母親が男を連れ込み、職場ではイジメを受けている。
恋に対して憶病になる不幸な美容師アシスタント。
明るいが優柔不断。
離婚家庭に育つ。
唯一の心の支えだった恋人と念願の同棲、
しかし、彼氏からドメスティック・バイオレンス(DV)を受け
瑠可が暮らすゲストハウスへ逃げ込む。
相談相手だったタケルを意識するようになるが、恋をするのが怖い。

上野樹里:岸本瑠可
ボーイッシュな美知留の中学時代の同級生。
モトクロスの選手として全日本選手権の優勝を目指している。
両親にも親友にも言えない深い悩みを持つ。
強がり。
サバサバと見せているが、本当は傷つきやすい。
面倒見が良く、皆から慕われている。
人一倍目標意識が強い。
レズ?性同一性障害??

瑛太:水島タケル
瑠可と知り合うヘアメークアーティスト。
懐の広さと優しさで女性たちの良き相談相手。
過去のトラウマからセックス恐怖症に悩んでいる。
瑠可にひかれる。

錦戸亮、NEWS・関ジャニ∞:及川宗佑
恋人の美知留(長澤まさみ)を苦しめるDV男。
児童福祉課で働く好青年ながら、彼女を思うあまり暴力をふるう二面性を持つ。

水川あさみ:滝川エリ
「エリー」。
契約制客室乗務員。
シェアハウスの住人。
ルームメイトの瑠可とは男言葉でなんでも話す。
ケチで口が悪いが根は優しい。
いつも本音で生きている個人主義者。
実は口に似合わず惚れっぽい。
男女国籍性癖を問わず友人が多い。




山崎樹範 :小倉友彦
西原亜希 :平塚令奈:美容室先輩
蘭香レア :三田小百合:美容室店長
平野早香 :岡部まゆみ:美容師
倍賞美津子:藍田千夏

長島弘宜 :岸本省吾
澁谷武尊 :樋口直也 (男の子)

北見敏之 :遠藤健一郎
田中哲司 :林田一巳
朝加真由美:岸本陽子
平田満  :岸本修治



●ラスト・フレンズ主題歌

宇多田ヒカル「Prisoner Of Love」
2年ぶり5作目のアルバム「HEART STATION」に収録。

曲目タイトル:

1.Fight The Blues
2.HEART STATION
3.Beautiful World
4.Flavor Of Life -Ballad Version-
5.Stay Gold
6.Kiss & Cry
7.Gentle Beast Interlude
8.Celebrate
9.Prisoner Of Love
10.テイク 5
11.ぼくはくま
12.虹色バス
13.Flavor Of Life(Bonus Track)




ラスト・フレンド情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率


この記事へのコメント
長澤まさみ瑛太と濡れ場シーンだって
うひょ
Posted by プーマン at 2008年03月28日 21:49
「ラスト・フレンズ」予想通り視聴率上がってきましたね。内容が内容だけに、重すぎて家族で見るには二の足を踏むでしょうし、同時間にТBSでは家族で笑顔で勉強しながら見れて、ママも見たがるジャニーズの「ひみつのアラシちゃん」が放送中。これからどれだけ視聴率を上げれるでしょうか?
2話がちょっと物足りなかったですか?1話のラストにびっくりさせられましたからね。まあ、2話のラストもドキドキしましたよ。マジで椅子で殴るのかと思って・・・
何はともあれ結末がどうなるか1番気になるドラマです。
Posted by たもっちゃん at 2008年04月18日 11:14
たもっちゃんさんこんにちは。

そうですね。
このドラマは、家族団らんというドラマではありませんよね。

ひみつのアラシちゃんも、10.0%から11.2%にアップ。
視聴者層もかぶっているところもありそうですから
視聴率の移り変わりも気になるところです。

まだまだドラマも始まったばかり。
深いところはこれからでしょうから
ほんと、先が気になりますよね。
Posted by ドラマル at 2008年04月18日 12:01

2回目の視聴率っていくつだったの?
あと1回目のラスト何があったの?教えてくださいm(_ _)m
Posted by プーマン at 2008年04月18日 21:47
プーマンさん、こんにちは。

第2話の視聴率は15.9%です。
1話のラストシーンは
美知留が宗佑から暴力を受け
雨の中、公園でずぶ濡れになっているところを
瑠可がシェアハウスに。
そして美知留は、一晩泊めてもらうことになる。

翌朝。
瑠可がソファで眠っている美知留の寝顔を見ると
涙を流して眠っていた。
そんな辛い思いを抱えている美知留に
瑠可がキスするというのが1話のラストシーンです。

このドラマは、いつも最後にショッキングシーンで
終わるという手法を用いています。
Posted by ドラマル at 2008年04月19日 10:25
回想的なストーリー展開とか、重い人間関係がNANAと似ているな思っていたら、脚本が映画版NANA,NANA2の人でした。
Posted by よーし at 2008年04月19日 13:05
ドラマルさんあざす
俺基本ドラマ見ないのに、このサイトのおかげ?でドラマオタクになりました笑
Posted by プーマン at 2008年04月19日 19:34
最後だけ見た
宗佑ハンパないな
後ろの隙間から見てた時鳥肌立ったわ
つか長澤まさみ顔すごかった
Posted by プーマン at 2008年04月24日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。