最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


キミ犯人じゃないよね?視聴率、あらすじ

キミ犯人じゃないよね?情報は、ランキングから。



7話以降の視聴率・あらすじは
キミ犯人じゃないよね?視聴率その2へ。





●第6話「呪われた花嫁の彼女」

第6話視聴率: 7.7%右斜め下
第5話視聴率: 9.7%
第4話視聴率: 9.3%
第3話視聴率: 8.5%
第2話視聴率:10.4%
第1話視聴率: 8.3%


このドラマも勝利の方程式といいますか
展開形が決まっているドラマです。
「パズル」同様にトリックのおもしろ味はあまりないのですが
貫地谷しほりと要潤の掛け合いを楽しむドラマ。

パズルは石原さとみ一人で孤軍奮闘という感じですが
こちらは貫地谷しほりと要潤と二人いてますから
面白みに幅があります。

笑いのつぼに当たれば
楽しめるドラマですね。
回を重ねるごとにキャラクターになじんでる印象だし。


第7話あらすじ

ロングヘアーの女性を狙った「ザンギリキラー」殺人事件が連発。
犯人は、刺殺した女性の髪を散切りにし
タバコの吸殻を現場に残している。

そんなある日。
フードプロデューサー・安達美保子(舟木幸)が
ザンギリキラーと同じ手口で殺された。
偶然、その殺害現場を通りかかった宇田川。
何者かに殴られて気を失う。

意識が戻った宇田川。
ケーキ店を営む野田はるか(矢吹春奈)しずか(松永京子)あすか(小松彩夏)ら
3姉妹の家にいた。

一方、現場検証現場で、宇田川の警察手帳を発見。
さらに『宇田川を誘拐した』との脅迫電話。
身代金1億円を要求。
その事実を知ったさくらは・・・



●第5話「ヴィーナスに魅せられた彼女」

第5話: 9.7%
第4話: 9.3%
第3話: 8.5%
第2話:10.4%
第1話: 8.3%


今回は、さくら(貫地谷しほり)の推理が外れ
事件が起こらないのかと思いきや
2段仕込み見みたいな展開でした。

まあ、内容はともかく貫地谷しほりは器用ですね。
ボケも突っ込みも卒なくこなすのですから。


第6話あらすじ

バイト中のさくら。
そこに宇田川(要潤)が現れた。
『これから良家・習志野家の婚礼パーティーに参加する』という。
『しかし、参加者は女性同伴が義務付けられている』
ということで、さくらを誘いに来た宇田川。

習志野家。
パーティーの最中、花嫁の習志野京香(紺野まひる)が
『窓の外に甲ちゅうの影を見た』と言って怯えだした。
実は、習志野家には
『新郎新婦は一晩中、離れで祈りを捧げる』というしきたりがある。
『でも、先祖の霊がその婚礼を認めない場合は
甲ちゅうを身に着け、新郎新婦に死の制裁を与えるらしい』

そして・・・



●第4話「死体を瞬間移動させた彼女」

第4話視聴率: 9.3%
第3話視聴率: 8.5%
第2話視聴率:10.4%
第1話視聴率: 8.3%

今回は、山口紗弥加 がゲストで
すなわち犯人でした。

なんか面白くなってきましたね。
要潤と貫地谷しほりの掛け合いが。

最初は、うまくいきそうなイメージなかったんですけど
回を重ねるごとに、良くなっていっている印象です。


第5話あらすじ

さくらのバイト先のテーマパークで「UFOの碑」の除幕式。
イベントを企画した矢作(佐藤正宏)が行方不明になった。

たまたま招待客として会場にいた宇田川。
矢作の秘書・平井(武野功雄)から
『園長はもうこの世にいないと思う』と聞かされる。

矢作のせいでテーマパークは経営難。
経営方針をめぐり、副園長・流山まどか(片瀬那奈)と衝突。

『僕のやり方に反対なら、僕を殺せ』と言う矢作に
まどかが『そうさせてもらう』と言い争っていたのだ。

『近くの渓流で、矢作の血痕が付いた財布が見つかった』との連絡。
付近の草むらにはミステリーサークル。

さくらと「バイト契約」を結んだ宇田川。
まどかの無実を証明しようとするが、矢作の消息すら掴めない。

そんな中、さくらはまどかのファッションに疑問を・・・





●第3話「麗しきダイイングメッセージの彼女」

第3話視聴率: 8.5%
第2話視聴率:10.4%
第1話視聴率: 8.3%

2話で上げた分、吐き出してしまいました。



今回は、かなり噛み合ってたし面白かったな。

金八先生をほとんど見ないので
君津奈々役の星野真里をあまり知らなかったんですが
奇麗な人ですね。
『持って行かれた!』って
宇田川(要潤)になってしまいました。




第4話あらすじ

宇田川は惚れてしまった小劇団の女優
鴨川里紗(山口紗弥加)からデートに誘われて有頂天。

そのデート中、望遠鏡で景色を眺めていた里紗。
マンションの一室で2人の男が争う姿を目撃。
宇田川も望遠鏡を覗く。

すると帽子を被った男が、もうひとりの男を刺した。
刺された男が劇団の演出家(池田鉄洋)かもしれない、という。
宇田川と里紗は事件現場へ急行。

偶然バイト中で同じ屋上にいたさくら(貫地谷しほり)も
2人の後を追う。
しかし、遺体は部屋から忽然と消えていた。


●第2話「華麗なる完全犯罪の彼女」

第2話視聴率:10.4%
第1話視聴率: 8.3%

大台に乗せてきました。



今回は、要潤が頑張ってたって感じでした。
だいぶ役をつかんできたようですね。
その分、貫地谷しほりが・・・

このドラマはサスペンス的には
犯人は分ってますから、面白みがありません。
なので、要潤と貫地谷しほりの掛け合いがすべて。

今までのところ、しっくりいってるとは
思えませんが・・・



第3話あらすじ

女子高教師・船橋純也(菊池均也)が殺された。
計画的殺人のようだ。

宇田川(要潤)。
死体の不自然なポーズに注目。
「ダイイングメッセージでは?」と言い始める。
そして、さくら(貫地谷しほり)のもとへ行き「バイト契約」。

現場検証。
被害者の同僚・君津奈々(星野真里)に一目ぼれした宇田川。
さくらはそんな宇田川に呆れながら、生徒として潜入。
生徒たちの会話から、殺人動機をもつ3人の名前を掴むが・・・





●第1話「二重密室殺人の彼女」

第1話視聴率:8.3%

妥当なところと思いますが
10%を目指して欲しいですね。



なんやろね。
あんまり面白くないね。

問題があるとすれば、要潤の方か。
いまひとつ弾け方が足らんというか。
もうひとつの印象です。

一方、貫地谷しほりの突っ込みは、いいですね、。
メリハリがあって、突っ込みにもバリエーションがあります。

スシ王子よりはいいとしても
モップガール、未来講師めぐるよりは
評価は下がりますね。

これからの盛り返しに期待したいです。


第2話あらすじ

レストランの厨房で刺殺体。
被害者は、店の経営者・大屋正和(坂田雅彦)。
遺体周辺にはマカロニが散乱。
さらに、大屋の財布が消えていて、物盗かに思われた。

そんな中、坊ちゃん刑事・宇田川は
「これは物盗りに見せかけた、顔見知りの犯行だ」と
珍しくまともな推理。

ところが、見習いシェフ・我孫子尚美(新山千春)の証言では
死亡推定時刻に男が大屋の遺体から財布を抜き取るのを目撃。
その男に突き飛ばされ、脳震盪を起こしたのだという。

尚美に一目ぼれの宇田川。
さくらのもとへ犯人捜しのバイト契約。

さくらは、大屋が殺される前日に訪れた
クラブ“アセダク“へ潜入するのだった。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////






第1話あらすじ

推理作家志望のフリーター・森田さくら(貫地谷しほり)。
作家担当・夏目ユリと広報担当・市原ミキ(黒谷友香)の
人気作家「ユリ&ミキ」の弟子となり、2人のお世話をすることに。

1カ月後。
ユリが密室の書斎で首を吊って死んでいた。
書斎には合鍵がない。

ユリは、死亡推定時刻の直前
編集者に「もう書けない」とケータイメール。

現場に集まった富士見署の面々。
主任捜査官・太宰(渡辺いっけい)。
「仕事に行き詰っての衝動的な自殺」と断定。

しかし、手柄が立てられず署でくすぶっている
「浮いてる坊ちゃん」刑事・宇田川(要潤)には、気になることが・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ちりとてちん』でヒロインだった貫地谷しほりが主演です。
テレビ朝日系ドラマ金曜23時「未来講師めぐる」枠。
タイトルは『キミ犯人じゃないよね?』
相手役は要潤。

貫地谷しほりが演じるのは、推理作家志望の森田さくら。
フリーターでキャバクラやブルドーザーの運転手、看護師…など
数々のアルバイトを点々とし、また掛け持ちしている。
でも、抜群の記憶力と捜査能力を隠し持つ。
決め台詞『このヤマ、いただき!』

一方、要潤が演じるのは、常識外れの推理ばかりする新任刑事・宇田川教生。
警察に親のコネで入った坊ちゃん育ちの甘い性格。
署内で「僕は浮いている」とさくらとの短期ヤケクソ捜査で
密かに手柄を立てることを目指している。
口癖『最初に聞きますが、君犯人じゃないよね?』


キミ犯人じゃないよね?の内容は

さくらは、宇田川に抜群の記憶力と推理センスを
見いだされる。
そして“助手”として雇われ、難事件を解決していく
1話完結のサスペンスコメディー。

さくらは持ち前の推理力で真相に近づくが
いつも女性容疑者に恋をしてしまう宇田川。
「この女性を助けたい」という思いから
別の犯人像を推理。
捜査をかく乱してしまう。




貫地谷しほりと要潤の新コンビ。
要潤が、どんなボケ方するのか楽しみです。

『TRICK』や『時効警察』『モップガール』など
名コンビを生み出している「金曜ナイトドラマ」。
記憶に残るコンビになるでしょうか?


キミ犯人じゃないよね、キャスト

森田さくら:貫地谷しほり
宇田川教生:要潤
柴田太郎 :金剛地武志
前田銀二 :池田努
中川明美 :小川奈那
森田かえで:小島藤子
堀江祐二 :萩野崇
太宰久司 :渡辺いっけい





君犯人じゃないよね?情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率


この記事へのコメント
未来講師めぐるのつまらなさよりは、まだマシな気がしましたが、どうもパンチが足りない印象でしたね。どううまくパターン化するかですかね。

しかし主人公の過去に何かがあったみたいな伏線は、モップガールもそうでしたけどちょっとねぇw
Posted by at 2008年04月12日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。