最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


エジソンの母、視聴率

エジソンの母、情報は、ランキングから。

●最終回「エジソン追放! 涙と怒りの全校集会」

最終回視聴率: 9.9%
第9話視聴率: 9.7%
第8話視聴率: 9.8%
第7話視聴率: 8.1%
第6話視聴率: 7.7%
第5話視聴率: 6.8%
第4話視聴率: 9.1%
第3話視聴率:12.1%
第2話視聴率:11.1%
第1話視聴率:11.0%

賢人(清水優哉)は、火事の責任を取られせる形で
転校を余儀なくされるのだけど
青柳(杉田かおる)の集めた署名のおかげ?で
どこも受け入れ拒否。
転校しないで済むというオチでした。

鮎川(伊東美咲)の演説。
いつの間にか熱血教師になっていましたね。


エジソンの母DVD、2008年05月21日発売。

●第9話「歯にも格差がある! ポークカレーもね 」


第9話視聴率: 9.7%
第8話視聴率: 9.8%
第7話視聴率: 8.1%
第6話視聴率: 7.7%
第5話視聴率: 6.8%
第4話視聴率: 9.1%
第3話視聴率:12.1%
第2話視聴率:11.1%
第1話視聴率:11.0%

10%を前にあしぶみ状態。

賢人(清水優哉)もだいぶ学習したっていうか、大人になりましたね。
今までかなり破天荒なことしていたんだけど
ここにきて、そのパワーも落ちてきた感じです。
それと同時に視聴率も低下。

今回は、賢人が友達の歯を糸を使って抜いてあげ
それが、保護者たちを交えた『カレーパーティー』で作ったカレー鍋の中に
入ったような、入らなかったようなという話。

次週最終回。
どんな結末が・・・


最終回あらすじ

賢人らの5人は、秘密基地の外にタイムカプセルを埋めようと
それぞれの宝物を持ち寄るが、ろうそくの火によって基地が火事に!

その火事が原因で、賢人は学校を去ることを余儀なくされ
あおい(坂井真紀)も賢人の転校を決意。
何とか賢人を学校に残したい規子(伊東美咲)。

でも・・・


●第8話「怪物ママのプチ誘拐事件」

第8話視聴率: 9.8%
第7話視聴率: 8.1%
第6話視聴率: 7.7%
第5話視聴率: 6.8%
第4話視聴率: 9.1%
第3話視聴率:12.1%
第2話視聴率:11.1%
第1話視聴率:11.0%

3週連続の上げ。
10%突破目前まできました。

天才・賢人(清水優哉)も縄跳びには苦戦してました。
やっぱり、頭で考えるからでしょうね。

もうドラマも終りが近づいています。
ですが、盛り上がりに関してはいまひとつかなと。
最終回に向けて目指すべきテーマが、よく見えてこないからです。

まぁ、ちらっと転校・留学という話が出ていたので
そういう方向に進むのかなぁ、とは思っています。

エンディングを予想してみると
賢人・あおい(坂井真紀)が美浦(谷原章介)と共にアメリカへ。
賢人が転校して、ほっとしたような少し寂しいような気持の規子(伊東美咲)。
そこにまた賢人のような転校生がやって来る。
そして、大人になった賢人(安田顕)が、ノーベル賞ってエンディング。


第9話あらすじ

生活科の授業。
保護者たちを交えた『カレーパーティー』。
でも・・・

出来上がったカレーに美月(杉田かおる)の怒りが爆発!!!
規子、加賀見(松下由樹)と美月の対決は決定的。

そして、美月は賢人追放の署名活動に・・・



●第7話「永遠にパクパク鳴れ!幸せの防犯ベル」

第7話: 8.1%
第6話: 7.7%
第5話: 6.8%
第4話: 9.1%
第3話:12.1%
第2話:11.1%
第1話:11.0%

ジワジワと上がってきています。
大台復活はあるでしょうか。

今回は、賢人(清水優哉)があおい(坂井真紀)に
「人に迷惑をかけてはいけない」ということを教えられ
人のためになるように巨大な防犯ベルを発明するという話。

賢人は本当にピュアですね。
どういう大人になるのか、ずっと見ていきたい。
大発明家になるのか?
ごくごく普通の人になるのか?
きっと、いろんなターニングポイントがあるはずだから。
当然挫折も経験するだろうし・・・


次回、第8話あらすじ

規子(伊東美咲)は、なわとびが飛べない賢人の指導にはげむ。
なわとびの練習をする賢人。
そこに天才数学者・加賀見博(大杉漣)が・・・

また、教育委員会の織田(森口瑤子)があおいに接近する。




●第6話「地球が滅亡するので宿題できませーん」

第6話視聴率: 7.7%
第5話視聴率: 6.8%
第4話視聴率: 9.1%
第3話視聴率:12.1%
第2話視聴率:11.1%
第1話視聴率:11.0%

少し戻しましたが・・・

今回の規子先生(伊東美咲)。
かなりストレス溜ってますね。
感情的になってあおい(坂井真紀)を責め立てていました。

でもあおいは、さすがエジソンの母です。
賢人(清水優哉)の可能性を摘んだりしません。
天才は持って生まれたものもありますが
それが育つ環境がないとやがては枯れて行くものなんでしょうね。


第7話あらすじ

美浦(谷原章介)にコートを返すためカフェに訪れた規子(伊東美咲)。
あおい(坂井真紀)との仲を美浦に尋ねると美浦は・・・

そんななか、学校では生徒たちでオリジナル「赤ずきん」をやることになる。
それを教育委員会の織田(森口瑤子)が見学に。
これで賢人を追い出せると意気込む美月(杉田かおる)。
はたして・・・



●第5話「子供の絵を良い絵と悪い絵に分けるフシギ先生」

第5話視聴率: 6.8%
第4話視聴率: 9.1%
第3話視聴率:12.1%
第2話視聴率:11.1%
第1話視聴率:11.0%

ここにきて急降下ですね。
デスノート後編(23・6%)増加分に取られたってことでしょうかね。


内容は、よい絵と悪い絵。
答のない芸術作品に児童画教育の第一人者・松平(片桐はいり)が
はっきりとよい絵・悪い絵を言い切って問題提起。
そんな内容でした。

ただ、今回は賢人(清水優哉)の「どうして?」の突っ込みが足りなかったので
賢人に振り回されることもなく、松平先生にかき乱されたって感じでした。

印象に残ったシーンと言えば、加賀見先生(松下由樹)が壊れてしまい
ごみ箱を蹴飛ばすシーン。
本音と建前のなか、先生の苦悩がその蹴りでよく表現されていたと思います。


次週、規子先生(伊東美咲)が教師を辞めたいですって・・・
どうなるの?




第6話あらすじ

マンションに泥棒に入られた規子先生に、さらに追い打ち。
青柳(杉田かおる)ら保護者たちが賢人のことでクレームの嵐。
精神的にまいってしまう・・・

規子先生はあおい(坂井真紀)の元を訪れ
賢人にクレームが何度もきていることを伝えるが
話は思わぬ展開に・・・


●第4話「どうしてうちは貧乏?年収より大切なものを子供たちが学ぶ」

第4話視聴率: 9.1%
第3話視聴率:12.1%
第2話視聴率:11.1%
第1話視聴率:11.0%

少しずつ着実に上げていたのですが、一気に下がってしまいました。
デスノートにかなり取られたんでしょうね。
ということは、来週もこんな感じか。
ちなみにデスノート視聴率は19.7%でした。


今回は、平等と貧富の差についてでした。
人間は平等であると憲法に記されているのだけれど
実際はお金持ちの人がいたり、貧乏な人がいたり。
これは、矛盾なのか?矛盾でないのか?

大人になるとそんなこと当たり前で、深く考えることはまずない。
こういう哲学的な、答えのないような疑問は
考え出すとキリがないから時間もないし。

だから、適当なことろでありきたりの答えで納得して
深いところまで行って迷宮に迷うことはしない。
日常生活に影響するしね。

まぁ、たまにドラマでそういうことを考えるのは
頻度としてはいいのかな、子供いないし。
子供がいたら、それを教えないといけないので大変だと思います。


話をエジソンの母の内容の方に戻します。
展開が面白くなってきました。

最も興味のあるのは、加賀見先生(松下由樹)のダンナ。
学年主任でビシビシと厳しいのですが、家庭に少し問題がみたいな。
表と裏っていうのでしょうか、こういう脚本好きですね。
「わたしたちの教科書」の副校長もそう。
家庭で問題を抱えていました。

子供の言ったヒモという言葉に反応していたし
ヒモなのか?それとも天才なのか?
次週、挙動不審な男として現れる加賀見博(大杉漣)は・・・



第5話あらすじ

佐々木(安田顕)と美術館デートを楽しむ規子(伊東美咲)。
なんと美浦(谷原章介)に遭遇。
そして賢人(清水優哉)らにも。

その後、今度はうどん屋でバッタリ会ってしまった規子と美浦。
そこで、美浦は規子に衝撃の告白。


学校では、有名な児童画教育の第一人者・松平喜美代(片桐はいり)が
図工の時間に登場。
賢人の質問に・・・





●第3話「狼と元彼乱入!授業参観成立せず」

第3話視聴率:12.1%
第2話視聴率:11.1%
第1話視聴率:11.0%
1話から少しずつですが、上がり続けています。
といってもまだ始まったばかりですが
下げてないのはこの「エジソンの母」と「だいすき!」だけ。
表現は悪いですが、あまり期待してなかったけど
見てみると、内容が期待を上回っているという人が多いのでしょうか。


今回は、自然の摂理ということで
そんなに危険な描写もなくて、ゆっくり見れた感じです。
伊東美咲も役に馴染んできた感じで、だいぶ見やすくなりました。

そして気になるのが、失恋中の規子先生(伊東美咲)の元に現れた
イケメンの佐々木先生(安田顕)。
2人はどうなっていくのでしょう。





第4話あらすじ

1年2組では鉛筆工場へ社会科見学。
そこで生徒たちから
『お金持ちと貧乏、どっちが良いの?』と
質問された規子先生は、とっさにウソを・・・



●第2話「絶対ダメ!空を飛ぶ実験」

第2話視聴率:11.1%。
第1話視聴率:11.0%。

役者自体が演技に馴染んできたのか?
見てるこっちが慣れてきたのか?
違和感的なものは薄れてきました。

それにしても今回はちょっと過激というか、挑戦的というか・・・
けっこうクレームの電話あったんじゃないでしょうかね。
カセットコンロのガスを吸って空を飛ぼうとするシーンでは
『よい子は絶対マネしないでください!』ってテロップが出てましたが
光景は異様。

あと、こちらはテロップは出ていなかったのですが
学校の窓から机を踏み台にして外に飛び降りるシーン。
ためらいなく飛び降りていたし
落ちた先のすぐ横には、コンクリートの手洗い場か何かが
見えていて、そこに落ちていたらと想像すると・・・

午後10時ですから、子供は寝てて見てないとは思いますが
というより、真似されると大変なことになりますから
小さいお子さんには見せられませんよね。

ある程度分別がつく年になればいいですけど
そうでない小さいうちの天才は、かなり危険な要素も
持っているってことですね。
1+1=どうして2なの?とかの疑問ぐらいならいいとしても
空を飛ぶ実験だったり、空があるなら水もあるだろうから
池に入って魚のように泳ごうとするかもしれないし・・・

天才は、そういう紙一重のところにいるんですね。
というか、本当にそうなことする子どもはいるのでしょうか?
これは、作家の想像?


このドラマの演出は賛否あるだろうし
ギリギリのところを行っているように思います。
これからさらに過激になっていくのか?
ここらへんでストップするのか?
気になるところではあります。

鮎川先生(伊東美咲)も賢人に対して振り回されて
押さえつけることばっかりでしたが
理解しようというシーンもちらほら見えてきました。

今後、加賀見先生(松下由樹)・青柳(杉田かおる)と
対立する展開になっていくのでしょうかね。



●第1話。

美人でまじめな公立小学校教諭・鮎川規子(伊東美咲)。
規子が担任する1年2組に人一倍好奇心旺盛で
奇想天外な質問や行動をする賢人(清水優哉)という
転校生がやって来ました。

賢人によってクラスは大混乱。
そういった感じの話。


ドラマの冒頭は、山おんな壁おんなの続きを連想させるような
規子と美浦(谷原章介)のやりとり。
美浦に「面白くない!」と婚約を破棄されてしまいます。

前にも書きましたが、伊東美咲は演技に迷いがあるように感じました。
どうも壁おんなのキャラとかぶっていて、壁おんなのパワーを弱くしただけ
そんな印象です。
それで、エジソンの母はあまり面白くないと書いたんですが
(そう思っている私だけかもしれません。評判はいいそうです。)
理由はまだあって、子役の演出。

子供たち3〜4人で、井戸端会議をしているシーンがあって
大人びた話をしているんですが、どうも大人目線で言わされている感を
拭えないんです。
そうすると興ざめして、現実の世界に引き戻されてしまうんですよ。

このドラマは、子役の台詞がけっこう多いので
あまり違和感の感じない演出にしてほしいな、とは思っています。

あと細田よしひこも、いまひとつ存在感が薄いですよね。
ライフではよかったので、これからに期待しています。



ただ、谷原章介はいい。
最近は、外しませんね。

特にいい人じゃなくて、毒のある役で
力関係が上になる上司役とかの突っ込みは、最高。
あと変態の要素も加われば、谷原章介最強です。

堀北真希との出るトコ出ましょ!
北川景子とのモップガール。



それとエジソンの母・あおい(坂井真紀)の
『賢人の脳みそは、腐ってなんかない!』というシーンはよかった。


そんなエジソンの母第1話視聴率は、11.0%でした。



エジソンの母キャスト

鮎川規子  … 伊東美咲:エジソンの担任
花房あおい … 坂井真紀:エジソンの母
美浦博之  … 谷原章介:規子元彼で、生徒の才能にいち早く気付く大学教授
花房賢人  … 清水優哉(子役)
久保裕樹  … 細田よしひこ
野口昌平  … 伊藤正之
草加雄二  … 堀部圭亮
伊勢智   … 山中聡
花房チエ  … 上村香子
岩井雄三  … 田中要次
青柳美月  … 杉田かおる:同級生の母でセレブ主婦
加賀見祐子 … 松下由樹:学年主任


脚本は、マイ☆ボス マイ☆ヒーローの大森美香。

エジソンの母、主題歌: Superfly「愛をこめて花束を」
 


エジソンの母ドラマ情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率


この記事へのコメント
はっきり言っておもしろくない 何より美咲さんの魅力が出ていない 期待はずれ
Posted by 美咲さんのファン at 2008年01月15日 12:53
ハッキリ言っておもしろい。

美咲さんの良さって何?
Posted by クレソン at 2008年01月16日 07:31
芸能界一の美しさとスタイルです 今はそうでもないですか 誰が主役だか解らないしスト−リ−も解りにくい
Posted by 美咲さんのファン at 2008年01月17日 08:52
うち切りにならない事を願うだけです もうダメかもしれませんね CMはいいんですがね
Posted by 美咲さんのファン at 2008年01月21日 17:14
このドラマおもしろいね。大根役者の伊東美咲じゃなく国仲涼子あたりだったらもっと絞まった作品になっただろうに残念。
Posted by くま at 2008年01月28日 20:52
美咲さんは大根ではありませんよ 脚本がダメなんでしょう あまり見ないです
Posted by 美咲さんのファン at 2008年02月02日 09:33
美咲さんももうダメですかね? 頑張ってほしいですがね 引退となると寂しいです。
Posted by 美咲さんのファン at 2008年02月12日 17:25
結局 平均1桁台ですか こんなくだらないドラマをなぜ作ったんですかね? 美咲さんの評価が落ちるだけです
Posted by 美咲さんのファン at 2008年03月10日 15:02
平均9.5%ですか、もう美咲さんでは視聴率は取れないかもしれませんね。
Posted by 美咲さんのファン at 2008年03月17日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。