最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


あしたの喜多善男視聴率

あしたの喜多善男情報は、ランキングから。

●最終回「最後に残された、自由」

最終回視聴率: 6.8%
第10話視聴率: 5.6%
第9話視聴率: 5.8%
第8話視聴率: 5.8%
第7話視聴率: 6.0%
第6話視聴率: 6.2%
第5話視聴率: 5.2%
第4話視聴率: 8.2%
第3話視聴率: 7.3%
第2話視聴率: 8.0%
第1話視聴率:12.7%

結局、喜多善男(小日向文世)は、平太(松田龍平)の説得で
死ぬことを諦めました。
平太も父親が自殺したという、悲しい過去があったのですね。

そして、自殺を止める決め手になったのがカレー。
このドラマでカレーは、うまい使われ方をしてきたのですが
最後もカレーで締めてくれました。

生きるか死ぬか?そんな究極の選択の中で
カレーという日常的なごくありふれたものが
いや、ありふれたものだからこそ
「また、カレー食べたいなぁ」って、善男を現実の世界に
引き戻したのでしょうね。

ああいう状況では、一般論よりも効果的だったってことですね。
CGもよくできていました。

そして、自殺をやめた善男は、みずほ(小西真奈美)と再会。
ここの演出はすばらしかった。

善男の横顔アップ。
みずほの横顔アップ。
交互に切り替わって・・・
言葉をどちらも発しない。
長い、長い沈黙。

みずほが一度も心から善男を抱きしめたことがない
と言ってたことから、みずほが善男を抱きしめるのか?
と思いきや。

善男は静かに踵を返す。
過去を断ち切った瞬間です。
そして、みずほも踵を返し反対方向に歩きだす。
決して、振り向くことなく・・・

しのぶ(吉高由里子)との再開シーンも見たかったなぁ。


あしたの、喜多善男 DVD-BOX



●第10話「最終章!絶望をのりこえろ」




11年の時を経て、ついに三波(今井雅之)と対峙した善男(小日向文世)。
すごいシーンでしたね。
ネガティブ善男が善男の中に取り込まれ
分離された人格が一つに。
小日向文世、迫真の演技です。
しびれました。

そして、平太(松田龍平)に利用されていたことを知りながらも
警察から平太をかばう善男。
それをロッカーの中で聞く平太。
いいシーンでした。

視聴率は悪かったけど、見続けてよかったと思えるドラマです。




話は変わりますが、吉高由里子。
ブレークしそうな予感がありますね。
今度主演する蜷川幸雄監督の新作映画『蛇にピアス』。
これ話題になりそうだしね。
友情出演に小栗旬、唐沢寿明、藤原竜也という顔が並んでますから。
小栗旬、藤原竜也は暴力団員役。
唐沢寿明が警察官役として。

さらに、『蛇にピアス』の内容が
「スプリットタン」「ピアス」「刺青」「激しい肉体関係」と過激。
吉高由里子のヌードもあるかも?って噂ですし。
今年は、吉高由里子から目が離せません。



ドラマのほうは、次週最終回。
とうとう死ぬと決めた日。
はたして、善男は死んでしまうのか。






最終回あらすじ

全ての真実を突きつけられた善男。
死ぬ決意を固め行方をくらます。

平太は、善男が話していた「二人の心がつながった場所」を
みずほに聞くが、みずほは思い出すことができない。

その頃。
夫殺しの容疑がかかったみずほと接見した杉本(生瀬勝久)。
みずほの夫殺しに使われた携帯トリックから事件の真相をつきとめ
ある場所へ。

最期の場所にたどり着いた善男。
その背後から
現れたのは・・・



みずほの夫を殺した犯人も明らかになるでしょうし
そちらも楽しみです。
一番怪しいのは、森脇(要潤)ですが
「ネガティブみずほ」っていうのもないですかね。




●第9話「今こそ復讐の時」

第9話視聴率: 5.8%
第8話視聴率: 5.8%
第7話視聴率: 6.0%
第6話視聴率: 6.2%
第5話視聴率: 5.2%
第4話視聴率: 8.2%
第3話視聴率: 7.3%
第2話視聴率: 8.0%
第1話視聴率:12.7%

保険金殺人の謎だった部分が、だいぶ明るみになってきました。
ネガティブ善男(小日向文世)は
三波(今井雅之)の暗示によって作り出されたもの。
ということは、死のうと思っていることも暗示なのか?
それとも自分の意志なのか?
そのへんのところが、焦点になってきそうです。

三波がついに登場。
でも期待に反してというか、かなり普通の人になっていました。
これは、仮の姿?
そのへんも興味のあるところです。

善男に残された時間はあと2日。
どうなる。


第10話あらすじ

みずほ(小西真奈美)は平太(松田龍平)に電話。
そして、こう言う。
『三波が生きていることを伝えれば、あの人は死ぬのをやめるはず』と。

そのみずほ、森脇(要潤)らから社長職辞任を要求される。
夫殺しの容疑者が「みずほの指示」と自供したからだ。
みずほは無実を主張。
しかし、容疑者の携帯には、みずほとの通話記録が残っていた。


一方、平太は三波に会いに行こうと善男を連れ出す。
11年の時を経て、三波と対峙した善男。

善男の中で、封印していたはずの何かが・・・






●第8話「真犯人はアンタだ」

第8話: 5.8%
第7話: 6.0%
第6話: 6.2%
第5話: 5.2%
第4話: 8.2%
第3話: 7.3%
第2話: 8.0%
第1話:12.7%

『あなたと結婚した時には三波とは別れていた。
あなたのことが好きだったから結婚したの。
でも三波が死んだ時、どうしても思いが断ち切れない自分に気づいて
あなたのもとを去ったの。』
みずほ(小西真奈美)は善男(小日向文世)にそう言って
善男を招き入れ、抱き寄せた。
そして、耳元でそっと呟く。
『死ぬの・・・やめて』

しかし、善男の死の決意は変わらない。
なぜなら、それが偽りの抱擁だとわかっていたから。


次週三波(今井雅之)登場か!



第9話あらすじ

みずほは三波と名乗る男と会う約束をする。
三波が生きているなら、あとはビジネスの成功。
森脇(要潤)から介護衣服プロジェクトの利益の大きさを聞く。

なんとしても成功させたい。
そのためには、しのぶ(吉高由里子)との約束を守り
善男を死なせてはいけない。

平太(松田龍平)は、しのぶから善男を死なせないでと頼まれ
みずほにある取引きをもちかける。
取引きは成立するが・・・

そのころ、善男は何者かに拉致される。
残りの人生あと3日。



しのぶを中心に「善男を死なせない」そんな力が芽生え始めています。
はたして・・・


●第7話「完全犯罪か、友情か」

第7話視聴率: 6.0%
第6話視聴率: 6.2%
第5話視聴率: 5.2%
第4話視聴率: 8.2%
第3話視聴率: 7.3%
第2話視聴率: 8.0%
第1話視聴率:12.7%


ドラマも佳境に入って来ました。
善男(小日向文世)の知らない真実が明るみになって・・

善男にとれば、最後の拠り所にしていたところなので
知りたくなかった真実でしょうね。

ネガティブ善男もそう。
三波(今井雅之)の実験によって、生み出されたもののようだし。
すべてを知ってしまったらどうするんでしょう、善男は。


あと、平太(松田龍平)。
やっぱり、殺せなかったわけですが
ためらいがよく表現されていました。

きな粉餅でしたっけ?
平太の好物をお土産に渡すシーン。
ネタフリもしっかりしていたし
なんかいいシーンでしたね。

次週は、みずほ(小西真奈美)と会うことになるわけですが
11年前の真実に・・・善男は・・・


第8話あらすじ

杉本(生瀬勝久)は善男にかつて多額の生命保険がかけられていた記録を発見。
みずほと三波が共謀して保険金殺人を企てていたと確信する。

みずほのオフィス。
館道(平泉成)が、介護服プロジェクトにしのぶ(吉高由里子)を
起用したいと連れて来た。
そして、しのぶはみずほに「壮絶なジレンマを引き起こす」
あるお願いをする。
そのお願いとは・・・

善男の部屋。
みずほが「本当のことを話しに来た」と
11年前の結婚の真相を静かに語り始めた。



主題歌「真夜中のBoon Boon」を歌う山崎まさよしもゲスト出演。
三波と関係を持つ重要な役を演じることに。




●第6話「暴かれる真実」

第6話視聴率: 6.2%
第5話視聴率: 5.2%
第4話視聴率: 8.2%
第3話視聴率: 7.3%
第2話視聴率: 8.0%
第1話視聴率:12.7%

少しアップ、底は脱したか。

三波(今井雅之)が生きている可能性も出てきました。
しかも、どうやら三波はワル。
善男(小日向文世)は、騙されていたのか?

もし、三波が生きているとしたら
三波の命日に死ぬ意味もなくなってくるわけですが・・・

そして、平太(松田龍平)は善男を自らの手で殺すと
リカ(栗山千明)に告げ。

今までテンポが悪かったのですが
そろそろギアチェンジで加速しそうな感じです。



第7話あらすじ

杉本(生瀬勝久)から「三波が生きているという噂がある」
と聞いた善男。
三波を見かけたという女性・宇佐美(室井滋)に会いに行く。

宇佐美は三波を見かけていないと言うが
「三波は怖い男」と言い、三波にまつわるあるエピソードを語る。
その内容は善男にとって・・・

そのころ杉本は、三波が人がもつある感情にまつわる特殊な仮説
を展開している映像を入手。
その仮説とは・・・

また、リカのために自分の手で善男を殺そうと決めた平太。
意を決し、善男にナイフを・・・



●第5話「誘拐犯が人助け」

第5話視聴率: 5.2%
第4話視聴率: 8.2%
第3話視聴率: 7.3%
第2話視聴率: 8.0%
第1話視聴率:12.7%

消費税率に近づいてきました。
奇跡の11日間のタイトル通り
11日間もてば、奇跡?!
そんな危険な数字です。
まだ折り返し地点ですからね。

先週に続き熱海。
人のためになるとネガティブ善男(小日向文世)にそそのかされて
しのぶ(吉高ゆりこ)を誘拐したと事務所に電話。
だいぶ引っ張りましたね。

今回は、いくつかの班に分かれて進行。
善男・しのぶ班。
事務所社長・小林(デビット伊東)班。
杉本マサル(生瀬勝久)班。
みずほ(小西真奈美)森脇(要潤)班。
平太(松田龍平)リカ(栗山千明)班。
片山(温水洋一)班。

そして、最後交わるみたいな。
善男・しのぶ班に平太が合流。
小日向文世と松田龍平のコンビが一番面白いと思うので
期待したいですが・・・


第6話あらすじ

箱根から戻った善男、平太、しのぶ。
要求どおりに事務所が2千万円寄付したことを知るが
しのぶは、金が自分の手に入らなかったことに激怒。
「絶対許さない!」と捨てゼリフを言い残し・・・

一方、みずほは、杉本からカマをかけられ
事故死した三波(今井雅之)が、実は生きているのではと調べ始める。

そのころ杉本は善男に接触し、あることを告げる。
そのあることは善男にとって、衝撃の事実だった・・・





●第4話「アイドルを誘拐?!」

第4話視聴率: 8.2%
第3話視聴率: 7.3%
第2話視聴率: 8.0%
第1話視聴率:12.7%
下げ止まりました。

今回は、しのぶ(吉高ゆりこ)との箱根旅行が中心でした。
そして、どういうわけかしのぶを誘拐したことになってしまう善男(小日向文世)。

吉高ゆりこ、今回はかなり出ずっぱりだったのですが
かなりいいんじゃないですかね。
落ちぶれたアイドルと言う役で、足裏マッサージを武器に
かなりの小悪魔ぶりを発揮しています。
吉高ゆりこ、まだ19歳ですし今年ブレイクするかもしれませんよ。
NHK大河ドラマ「篤姫」にも出ているし・・・


話をドラマの内容の方に戻します。
森脇(要潤)の『なぜ喜多善男と結婚したのか?』との問いに
みずほ(小西真奈美)は『きっかけはアンドリューワイエスの画集』といい
『善男との結婚は、間違いだったとしか言いようがない』と言い切る。

アンドリューワイエス?
クリスティーナの世界?
どんな絵?
クリスティーナの世界は、こんな絵でした。



次週は、平太(松田龍平)、杉本(生瀬勝久)、片山(温水洋一)
しのぶの事務所社長・小林(デビット伊東)たちも箱根へ。

さらに、ボートで事故死したとされるみずほの夫・鷲巣の死因について
新事実が浮上。

どうなる・・・








●第3話「元妻と再会・・・暴走」

第3話視聴率: 7.3%
第2話視聴率: 8.0%
第1話視聴率:12.7%
堅実に?右肩下がりですが、もう少し下がるかもしれませんね。


今回は、元妻・みずほ(小西真奈美)との再会が話の中心。
再会に期待していた善男(小日向文世)でしたが
みずほ(小西真奈美)に完全に拒絶され、失意のどん底。

その悲しみを紛らわせてくれたのが、しのぶ(吉高ゆりこ)でした。
そして、せがまれて箱根へ。

といった内容。


どうも、みずほが善男と結婚した理由に
三波貴男(今井雅之)が関係してそうですね。

一方、平太(松田龍平)。
自殺では保険金が下りないので
殺し屋・片山(温水洋一)を雇うことに。

さらに、しのぶが誘拐されたってことに。
どうなる善男!


●第2話「母との別れ・・・と罠」

第2話視聴率: 8.0%
第1話視聴率:12.7%

かなり落ちました。
ボンビーメンも始まったし仕方ないですね。
問題は、ここで踏みとどまるか?
ずるずると下がり続けるか?
ですね。

母親との別れの場面。
後ろから抱きしめるシーンはよかったのですが
痴ほう症の始まった母を一人残しても
善男は旅立つ決意を変えないのですね。
やるせない。

そして、平太(松田龍平)。
善男に生命保険に加入させ、保険金を手に入れようと考えてはいるものの
善男の人柄に少しためらいが見受けられました。
この先、どうなるのか気になります。

次週、ついにみずほと再会!!!

善男『もう一度会いたかったんだ』
みずほ『いろんな準備をしてきたの。それが全部台なし!今更私に何の用があるの?』

はたして・・・


●「あしたの喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜」第1話「人生残り11日」


喜多善男(小日向文世)は、親友・三波貴男(今井雅之)の命日である
11日後に死のうと決意。
偶然出会ったキャバクラのスカウトマン・矢代平太(松田龍平)は
そんな善男に興味を抱きいろいろと世話を焼く。

元アイドル・宵町しのぶ(吉高ゆり子)と会わせたり
盗まれたバッグを取り戻したり・・・
そんな波乱な死を決意した1日目でした。


思っていた感じとは少し違うんですが、よかったと思います。
たぶんね、視聴者のターゲットは小日向文世と同年代ぐらいのお父さんなのかな?
という演出ですね。
お色気シーンが随所にちりばめられています。
来週には、ベット上で横になっているしのぶを
喜多善男が足裏マッサージするシーンもあるようだし。

ところで、宵町しのぶを演じた吉高ゆりこ
かなり可愛いんですが、吉高由里子って誰?
よく知らないんで調べてみました。

1988年7月22日生まれ19歳。
2006年、第28回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を受賞。
事務所は、アミューズ。
アミューズと言えば東証一部上場の会社で
所属タレントにサザンオールスターズ、福山雅治、ポルノグラフィティ
上野樹里、神木隆之介、小出恵介、深津絵里、三浦春馬、三宅裕司ら
を擁する大手芸能事務所。
今後の活躍が期待されます。


えっと、それからこのドラマなんと言っても松田龍平。
小日向文世とのコンビは味があっていいですね。
松田龍平の演技は初めて見ます。
顔はお母さん似ですが
演技はお父さんを彷彿させるところがありますね。
役柄もあるんでしょうけど。

そして、脇を固める小西真奈美、生瀬勝久、岩松了、要潤、栗山千明。
特に小西真奈美はイメージと違って、悪女役です。
その意外性もいいですね。

保険金殺人と親友・三波貴男(今井雅之)の死。
サスペンス的な要素も含まれています。
来週も見たいけど、来週はビンボーメンを見るでしょうね。


あしたの喜多善男、第2話あらすじ


喜多善男(小日向文世)の2日目。


平太(松田龍平)
喜多善男のところに
元妻・みずほ(小西真奈美)の行方が分りそうだと報告に行く。
よくしてくれる平太なのだが・・・
実は恋人リカ(栗山千明)の借金返済ため、善男を利用しようと企んでいる。



保険調査員・杉本(生瀬勝久)。
どんな手を使っても受取人をクロにするスゴ腕という噂。
そんな杉本、実はみずほ(小西真奈美)をシロだと思っている。
でも、秘密をつかみ保険金の受け取りを拒否させようとしていた。
その秘密のカギを握っているのが善男。



善男(小日向文世)。
1人暮らしの母・静子(加藤治子)の元へ。
静子は認知症が始まっていたが
善男の好きなカレーを作って待っていてくれた。

街に戻ってきた善男。
その頭上に巨大な看板が・・・




そんな明日の喜多善男、第1話視聴率は12.7%でした。


あしたの喜多善男、キャスト。

喜多善男 :小日向文世
鷲巣みずほ:小西真奈美:別れた妻
矢代平太 :松田龍平:善男を利用して保険金を手にいれようとするキャバレーのスカウトマン
長谷川リカ:栗山千明 :平太の恋人
森脇大輔 :要潤:みずほの側近
杉本マサル:生瀬勝久:事故死した夫の死に不審を抱く保険調査員
宵町しのぶ:吉高ゆり子 :アイドル
三波貴男 :今井雅之:善男の無二の親友
江端英二 :岩松了:カウンセラー


「あしたの喜多善男」主題歌
山崎まさよし:「真夜中のBoon Boon」



TVドラマ「あしたの喜多善男」オリジナル・サウンドトラック





明日の喜多善男情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率


この記事へのコメント
ネガティブ善男の演技も毎回すごいですけど昨日の小日向さんの演技本当にすごい!迫真の演技でした。私も最初から見続けて本当によかったと思えるドラマです。来週とうとう11日目。どうなるのか・・楽しみですね。
Posted by スピカ at 2008年03月12日 12:56
ネガティブ善男、むちゃくちゃ怖いですよね。
それをきっちり使い分ける小日向さん。
まさにプロですね。

長かったのか?
短かったのか?
最期の1日です。
どうなるのでしょうね。


Posted by ドラマル at 2008年03月12日 13:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。