最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


働きマン第8話ジワジワ上昇

働きマン情報は、ランキングから。


働きマン第8話。

今回は、前回の新二(吉沢悠)との別れを吹っ切れない弘子(菅野美穂)が描かれていました。
仕事をバリバリこなす働きマンもそのショックで
いつもの弘子では考えられない失敗を繰り返すことに。
働きマンといえど、やっぱ人間ですからね。

そして名シーン。
新二に伝えていなかったことを電話で伝えるシーンです。

■弘子の部屋

弘子、ソファーを背に床に座り込んで携帯をかける。
「ぷるるるる」という呼び出し音。
緊張した面持ちの弘子。
携帯がつながる。

新二「もしもし」
弘子「あ、新二、私」
新二「うん」
弘子「今大丈夫?」
新二「うん」
弘子「あのね、私・・・・・ずっと、言いたいことを言えないままだったから」
新二「・・・」
弘子「・・・・・私・・・本当は新二と別れたくない!」
新二「・・・」
弘子「・・・・・新二が好きです・・・・・今でも・・・それだけをちゃんと伝えたくて」
新二「ありがとう。俺もさ、実を言うと、まだヒロのことが頭から離れていない」
弘子「・・・」
新二「でも・・・・戻れない」
弘子「・・・・・・・・・・・・・そっか・・・・・そっか・・・・ありがと、すっきりした」
新二「・・・」
弘子「ありがと、今まで」
新二「うん」
弘子「じゃあね、仕事ガンバって」
新二「ああ、ヒロも」

携帯を切る弘子。
切った携帯をしばらく見つめる。
そして、テーブルの上あったキーをつかむ。
キーについたひょうたん。
そのひょうたんをゆっくりはずし
ひょうたんに向かって語りかけるように

弘子「ありがとう」




弘子ナレーション

心に溜まった想いをほうっておいてもなくならない。
捨てきれないもの。
でも、捨てなきゃいけなもの。
きちんと整理して、いい思い出だけをしまいこんで
また、前に進もう!




テロップ
失恋は痛くて、痛くてたまらない。
でも、立ち止まっていたらダメ。
顔をあげて、歩いていこう。










そんな働きマン第8話の視聴率は、13.2%。
ジワジワ上がってきています。

第1話15.7%
第2話12.3%
第3話13・0%
第4話11・1%
第5話12.6%
第6話10.1%
第7話12.7%
第8話13.2%





働きマンキャスト

松方弘子:菅野美穂
田中邦男:速水もこみち:新人
渚マユ :平山あや:編集2年目
荒木雅美:佐田真由美
小林明久:荒川良々:芸能・風俗担当
梶舞子 :吉瀬美智子:文芸担当
堂島保 :野仲イサオ:事件担当
山城新二:吉沢悠:弘子の恋人、ゼネコンに勤める
菅原文哉:津田寛治
梅宮龍彦:伊武雅刀:編集長
成田君男:沢村一樹:『JIDAI』 の編集部デスク
【第1話ゲスト】
関口歌子:夏木マリ:大臣の第二秘書
【第2話ゲスト】
野川由実:釈由美子:『週刊ベースボールキング』の編集者
【第3話ゲスト】
堀田めぐみ:小松彩夏:グラビアアイドル
【第4話ゲスト】
夏目美芳:小西美帆:女流作家



働きマン情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率トップへ
この記事へのコメント
はじめまして。突然のコメント失礼いたします。

この度、
ユーザーさんのアフィリエイトIDが自動で稼動するブログランキング

「インフォ・ブログランキング」

というサイトをオープンしました。
なお、今だけ100人限定で特別ページを追加するキャンペーンも実施中です。

完全自動アフィリページのサンプル一覧↓↓↓
http://www.info-blogrank.com/rank.php?mode=individual

まずはブロガーさんやアフィリエイターさんに本当に役立つサービスかどうかを確認してみてください。

詳しくは、
http://www.info-blogrank.com/first.html

どうぞよろしくお願いいたします。m_ _m

http://www.info-blogrank.com/

Posted by インフォ・ブログランキング at 2007年11月29日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。