最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


働きマン第3話視聴率下げ止まり

働きマン情報は、ランキングから。


働きマン第3話「いつか勝負をかけるぞマン」

今回は田中(速水もこみち)が中心の話。
速水もこみちはやる気のない新入社員を熱演しています。
やる気のない社員ですから、熱演という言葉はしっくりきませんが
肩の力が抜けた感じでいいんじゃないでしょうか。

一方、菅野美穂は熱演でしょうね。
エステのシーンでは、チチを見せたり?
田中を叱るシーンでは、背の高い速水もこみちの頭を
ジャンプしながらシバいてましたしね。
『100年早いんだよ!!!』って。


昨日の名場面シーンプレイバック。
最後の屋上でのシーンです。

■屋上

没になった企画書をまるめて遠い眼の田中。
そこに松方。
松方『あ、、、あのさ、、、さっきは、、、、』
田中『何でむきになっちゃったんですかね?』

少し驚く松方。
松方『えっ?』
田中『自分でもよく分らないんですよね。』
田中、企画書を指さし
田中『ただ、これ書いてる時・・・何ていうか・・・』
松方『楽しかったんでしょ?』

松方、田中の隣に歩み寄り
松方『あんたでも、熱くなることあるんだね。』
田中、松方のツーショット、カメラ寄る。

松方『これからは、ビシビシいくよ!』
田中『えっ?』
田中、まじかよ、っていう顔で松方を見る。

松方、田中と目を合わせ
松方『覚悟しときな!』
回れ右して、立ち去る松方。

松方ナレーション
『自分が仕事できるようになると
ダメなものを素早く切り捨てようとしてしまう。
使える新人、使えない新人。
無駄な労力使いたくないから。
でも、諦めたらダメなんだ!
まだ芽は出ていないけど、彼もまた働きマン・・・
かもしれないから。』


そんな働きマン第3話の視聴率は、13.0%でした。


第1話15.7%
第2話12.3%
第3話13・0%



働きマン明日をつくる言葉



働きマンキャスト

松方弘子:菅野美穂
田中邦男:速水もこみち:新人
渚マユ :平山あや:編集2年目
荒木雅美:佐田真由美
小林明久:荒川良々:芸能・風俗担当
梶舞子 :吉瀬美智子:文芸担当
堂島保 :野仲イサオ:事件担当
山城新二:吉沢悠:弘子の恋人、ゼネコンに勤める
菅原文哉:津田寛治
梅宮龍彦:伊武雅刀:編集長
成田君男:沢村一樹:『JIDAI』 の編集部デスク
【第1話ゲスト】
関口歌子:夏木マリ:大臣の第二秘書
【第2話ゲスト】
野川由実:釈由美子:『週刊ベースボールキング』の編集者

働きマン主題歌:UVERworld「浮世CROSSING



働きマン情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率トップへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。