最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


岡田准一、劇団ひとりの「陰日向に咲く」映画化主演

劇団ひとりの情報は、ランキングから。


劇団ひとりの処女小説で65万部のベストセラーとなった
「陰日向(かげひなた)に咲く」が
V6の岡田准一主演で映画化されるようです。

監督は、「そのときは彼によろしく」の平川雄一朗。

「陰日向に咲く」は、ホームレスになったサラリーマン
ブレイクしないアイドルを応援し続けるオタク青年
老婆を騙そうとする小心ギャンブラー
浅草のストリップ劇場のしがない芸人など
情けない落ちこぼれが主人公となった
5つの短編からなる連作小説です。

さえないながらも懸命に生きる個性豊かな登場人物たちの
おかしくも悲しい物語が読者に支持されました。




岡田准一が演じるのは、借金に苦しみオレオレ詐欺に
手を染めようとするギャンブル狂の男。

信念もないまま詐欺をはたらこうとするも
気弱な性格から思わぬ方向に気持ちが揺らいでいく。
 

映画では小説にはなかったオリジナルの仕掛けと
オチが用意されるそうです。


映画も小説同様に群像劇の模様。

群像劇とは、複数の物語が同時進行して、
相互に影響を与え合いながら進行する物語の形式です。


岡田准一「陰日向(かげひなた)に咲く」は
2008年新春公開予定。





岡田准一情報は、ランキングから。 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。