最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


菊地凛子モザイクなしの大胆ヌードも公開「バベル」

ドラマ情報は、ランキングから。


菊地凛子の大胆演技が話題なってる?

ハリウッドデビュー作ブラッド・ピット主演の映画「バベル」での話。

日本でも「バベル」の完成披露試写が行われたようで
そこで映画関係者が興奮気味に語ったと
ライブドアニュースで配信されました。
その部分を引用しますと

「菊地がノーパンの超ミニスカートで男を挑発するシーンは生唾モノです。
彼女が男に見せつけるようにゆっくりと脚を広げると、
黒々とした長めのヘアがあらわになる。
『氷の微笑』以来の衝撃映像ですよ。
これがモザイクなしでスクリーンに大写しになるんですから、
ド肝を抜かれました。
一糸まとわぬ姿になって刑事を誘惑するシーンもあります。
スレンダー体形のわりにバストは豊か。
刑事にもみしだかれて、柔らかそうに揺れていました」

当の菊地はヌードシーンについて「たいしたことではない」と語っている。
肝が据わった女優のようだ。


アカデミー賞で助演女優賞にノミネートされるぐらいですから
女優魂も相当なものなのでしょうね。
ただ、なぜ菊地凛子が映画「バベル」に出れたのか?
そのエピソードを。

菊地凛子は、2004年の9月「21グラム」などで知られる鬼才、イニャリトゥ監督が
日本などを舞台にした新しい映画で聴覚障害の女子高校生役の
オーディションをすることを知りました。

「監督の大ファンだったし、彼が日本で撮影する機会なんて
2度とないと思ったから、どうしても出演したいと思った」
ことから、オーディションに。

しかしそのオーディションは2004年秋から約1年間、
ほぼ月1回のペースで行われ、しかもオーディション度に
「異なる演技を要求される」という厳しいもの。

仕事のかたわら聾学校に通って手話を学び、日常生活もできる限り手話で。
コンビニでは障害者に成りきって買い物。
地下鉄では列車の入駅を風で察知する訓練までして、感覚を磨いた。
そんな熱意、執念が実って合格したのは、なんとクランクインするわずか2週間前だったそうです。
約1000人の中から大役に選ばれたのは、決して強運だからではないのです。

また、10代の女子高生役に見合うために5キロも増量。
ほんと菊地凛子は、すごい。

昨日のワイドショーで言ってましたが
菊地凛子のギャランティーが100倍だったか1000倍だったか
になっている、ってそんな話をしていました。
そりゃ、世界の菊地凛子になったわけですからね。
ちなみにブレーク前の木村拓哉と出ていた富士通のCM出演料は、20〜30万だとか。

「バベル」の日本公開は今年のゴールデンウイーク。

あっとそれから、米アカデミー賞の前哨戦の1つ、米俳優組合賞が発表され、
助演女優賞にノミネートされていた菊地凛子は受賞を逃したようです。
助演女優賞にはミュージカル映画「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソンが。



バベル出演
ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、
ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子
監督
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ


菊地凛子出演映画
1999年生きたい(監督:新藤兼人)
2001年空の穴 (監督:熊切和嘉)
2002年八月の幻(監督:鈴木浩介)
2004年茶の味(監督:石井克人)
2005年誰がために(監督:日向寺太郎)
2006年ナイスの森(監督:ナイスの森(石井克人+三木俊一郎+ANIKI)きくち(委員長)役
2006年笑う大天使(監督:小田一生)桜井敦子役




ドラマ情報は、ランキングから。

ドラマ視聴率トップ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。