最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


キムタク、盲目の侍の一分をかけた復讐

譲らない心。譲れない愛。
人には命をかけても守らねば
ならない一分(いちぶん)がある。

映画キャンペーンに走り回るキムタクの焦り

なぜキムタクが焦っているのかというと
山田洋次監督と組んだ10年ぶりの映画「武士の一分」の
評判がイマイチだからと、記事は綴っています。

キムタクこと木村拓哉主演「武士の一分」とは
どういう映画なのでしょうか?
さっそく、小図鑑を開いてみましょう。

「武士の一分」は山田洋次監督による
『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く
藤沢周平原作小説の映画化で、三部作の最後になります。

キムタクの役どころは、
貝の毒にあたり失明した下級武士・三村新之丞。
妻と仲間、そして一分を通すため復讐に挑む侍の姿を描いています。
キムタクの妻役には映画初出演の壇れい。

キムタクの侍姿も新鮮ですよね。

ともに死するをもって心となす。
勝ちはそのなかにあり。
必死すなわち生くるなり。

12月1日よりロードショーです。

木村拓哉の素顔に迫る、初のオフィシャルDVD!主演映画『武士の一分』の制作舞台裏やプライベートに密着

武士の一分ホームページ

ブログランキングよろしく。

ドラマ視聴率トップへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。