最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


それでも、生きてゆく第8話・失恋しました

ドラマ『それでも、生きてゆく』情報はランキングから。


視聴率は、8.8%右斜め下


第1話:10.6%
第2話: 9.2%
第3話: 7.4%
第4話: 9.7%
第5話: 9.5%
第6話: 8.1%
第7話: 9.0%


/////////////////////////////

月曜日に付き合っていた彼女にふられました。

一晩寝たら忘れられると思っていたけど
眠むれず
おいしい物を食べたら元気になるだろうと思っていたけど
食べられず

気分転換に外に出かけると、思い出の場所が随所にあって
地雷踏みっぱなしです。


彼女はドラマをあまりみない人だったんですが
僕は唯一この「それでも、生きてゆく」を薦めました。
よりによって、なんでこんな暗い壮絶なドラマと思われるかもしれませんが
彼女はかなり辛いことが連続して起こっておりまして
当初、こんな凄いドラマとは予想してなくて
辛いことを乗り越え、最終的に前向きになれ
ハッピーエンドを迎えるドラマだと思っていたからなんです。


ホントビックリするぐらい壮絶で
ドラマとはいえ、自分に起こったことが
すごく小さなことに思えました。
それで、かなり回復してきました。


僕の場合「それでも、生きてゆく」というほど大層なことではなかったんですが
失恋した時や辛いことがあった時、「それでも、生きてゆく」という気持ちに
切り替えるためにしていることとか、考え方とかあれば
教えてもらえないでしょうか?お願いします。





ドラマの方は、伝説として残るんじゃないかというぐらい
壮絶なシーンがありました。

響子と文哉シーンです。
大竹しのぶの迫真の演技、鳥肌が立ちました。
スゴすぎです。


あと、双葉が「死にたい」と言った後の洋貴の台詞。
このシーンにも心が震えました。




それでも、生きてゆく オリジナル・サウンドトラック







「それでも、生きてゆく」キャスト

深見 洋貴 - 瑛太
遠山(三崎)双葉 - 満島ひかり

雨宮 健二(三崎文哉) - 風間俊介(ジャニーズJr.)
日垣(深見)耕平 - 田中圭
日垣 由佳 - 村川絵梨
日垣 誠次 - 段田安則
野本(深見)響子 - 大竹しのぶ
深見 達彦 - 柄本明
深見亜季(享年7) - 信太真紀
草間 真岐 - 佐藤江梨子
草間 五郎 - 小野武彦
遠山(三崎)隆美 - 風吹ジュン
三崎 駿輔 - 時任三郎
遠山(三崎)灯里 - 福田麻由子
藤村 五月 - 倉科カナ
臼井 紗歩 - 安藤サクラ


脚本:「Mother」の坂元裕二、オリジナル。





ドラマ『それでも、生きてゆく』情報はランキングから。


この記事へのコメント
私も不調です。天気も悪いせいか引きこもり状態で、意欲がさっぱりないのです。
長女が学校何とか行くんだけど、、、、朝、微妙です。引っ越ししなきゃよかったのかなぁなんて、、、、。この3か月悩みまくりです。

私も唯一このドラマだけ見ているのです。
なぜか見てしまう。

きっといいことありますよぉ。
やっぱり時間ですなぁ。
Posted by いちご at 2011年08月26日 12:15
失恋…今は家族がいて毎日楽しく暮らしていますが私も大きな失恋したことあります。私もしばらく立ち直ることが出来ませんでしたが、いちごさんの言ってたように時間が一番の薬でしたね。今はまだダメだと思いますがとことん沈むのもいいかもしれないです。だってそれ以上沈む事はないですから。少しずつでもいい方向にいくと思います☆
長くなりましたが今回はホントに凄かったですね!!大竹しのぶには圧巻です。風間俊介もかなりよかったと思います。結末が全くわかりません!!ちなみにこのドラマには私の地元がチョコチョコ出てます。(湖は地元ではありませんが)なので余計に思い入れが違います。
Posted by ちゃんかん at 2011年08月26日 17:23
私は、2年前自分がガンになり、1年前主人がリストラ、半年前、主人が目と精神に軽い障害、しかも無職
と不幸の連続ですが
韓流ドラマ「ベートーベンウィルス」に
『神は、乗り越えられる者にしか試練を与えない。我々は神に選ばれているんだ!』
というセリフがあります。

辛い時はいつもこのセリフを思い出しています。

元気出して下さいね
Posted by うりりん at 2011年08月27日 10:01
いちごさん。

コメントありがとうございます。
そうですよね、時間は偉大ですよね。
僕も時間の治癒力に身を任せてみます。

いちごさんも不調とのこと。
ご自身が体調不調にもかかわらず
励ましのお言葉、すごく嬉しいです。
本当にありがとうございました。

天候不順、環境の変化
いろいろとストレスになることも多いかもしれませんが
いちごさんも何卒ご自愛していただいて
体調が早くよくなられることを心からお祈りします。
Posted by どらまる at 2011年08月27日 11:26
ちゃんかんさん。

コメントありがとうございます。
そうですね。
落ちて行く、沈んでいく感覚はとっても不安ですが
『こうなりゃ底まで行く着いてやる』と、前向きになるというか
『底まで沈めば、もうそれ以上、下はないんだ』と
「終わりがある」と意識できるようになれば
浮上も近い気がします。

貴重なご意見ありがとうございました。



>私の地元がチョコチョコ出てます。

そうなんですか。
それは思い入れも深くなりますよね。

改めてロケ地を巡ったりすると
自分の町自体にも新たな発見があったり
もっと好きになったり
いやあ、いいですね。羨ましい。

Posted by どらまる at 2011年08月27日 11:44
うりりんさん。

そんな辛い状況をお話頂きまして
本当にありがとうございました。

うりりんさんが、辛い時に思い出している
『神は、乗り越えられる者にしか試練を与えない。
我々は神に選ばれているんだ!』
という言葉の重さ、
ズッシリとズッシリとズッシリと
心に感じます。


どう言ったらいいのか分からないんですが
うりりんさんが、辛い時にこの台詞で乗り越えてきた事実を胸に
ありがたくこの言葉をいただき、この言葉と共に乗り越えていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

Posted by どらまる at 2011年08月27日 12:04
悩んでいる人にかける言葉って難しいです。他人からみれば小さな事でも
悩んでいる当人にとっては大きな問題だから・・・
ずいぶん前にドラマルさんにはお伝えしたと思うのですが、私も強迫神経症という病気になり、
すごく苦しい日々を過ごしていました。
でも、目に見える病気ではないので他人から見れば「そんなこと気にしないで。
元気出して!」のレベルだったのでしょう。そう言われるのが一番辛いのに(T_T)
辛い時は「辛い」と口に出すのが一番だと思います。自分の心の中だけにとどめずに
悲しい時は「悲しい」って言って思いっきり泣くと不思議とすっきりしたり・・・
食欲がなかったら無理に食べなくても大丈夫。自然と食べられるようになりますよ。

毎週毎週見るのが楽しみなこのドラマ。
やはり大竹しのぶの演技は凄い!!! 天賦の才能があるのでしょうね。
でも、それに負けていなかった風間俊介にも拍手をおくりたいです。
彼が『3年B組金八先生』に出ている頃から演技の上手さは光ってましたけど。
それから、ドラマとは関係ないのですが、瑛太が「死ぬなんて言うな!」って怒鳴った時、
彼のお父さんの事を思い出してちょっと切なくなりました。
Posted by ずくん at 2011年08月27日 12:32
おひさしぶりです。
どらまるさん、辛い思いされてるんですね。
人それぞれ、悩み事の解決法は違うので、どう言ったら良いのか…
でもどらまるさんの新年の挨拶に私は救われました。
自分のドラマの主人公、監督は自分。正にそうだと思いました。自分の人生、明るくも暗くも出来るのは、結局自分だと言われてるみたいに私は解釈しました。
辛い状況から立ち直ってくれる事を、ゆっくり見守っています。
どらまるさんは、恩人さんだから。
Posted by AME at 2011年08月28日 07:03
ずくんさん。

「フリーター家を買う」のお母さんと重なると
言っておられたこと、覚えています。
今回は、温かいコメントありがとうございます。

我慢せず、自然に任せて
言葉にしたり、涙にして、体の外に出すことが
人間が人間として進化した過程で
身につけてきた術というような気もしてきました。

自然に身を任せてみます。
ありがとうございました。



>でも、それに負けていなかった風間俊介にも拍手をおくりたいです。

そうですね。
大竹しのぶだけじゃないですよね。
風間俊介がいたからこそ、あの凄まじいシーンが成立したわけで
今後ますます目が離せませんね。

Posted by どらまる at 2011年08月28日 17:01
AMEさん。

新年の挨拶で、確かに僕はそう言いました。
それを覚えていて下さり、そのように言っていただけるのは
すごく嬉しいです。
ほんとうにありがとうございます。

そうなんですよね。
自分の人生の主人公は他でもない自分です。
僕の代役は誰もいません。

主人公がこんな事でくじけるはずも、くだばるはずもなく
立ち上がって、顔を上げて、しっかり歩き出すもの。
主人公たるもの、苦しみを次の幸せの糧にして
成長していくものです。

必ずやハッピーエンドを迎えるという気持ちで
転んでも転んでも、その度に起き上がって
最高のドラマを作らないといけませんよね。

なんか元気が出てきました。
AMEさん、大事なことを忘れていたようです。
思い出させてくれて、本当にありがとうございます。


Posted by どらまる at 2011年08月28日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。