最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


それでも、生きてゆく第5話・満島ひかり演じる双葉に恋をする

ドラマ『それでも、生きてゆく』情報はランキングから。


視聴率は、9.5%右斜め下


第1話:10.6%
第2話: 9.2%
第3話: 7.4%
第4話: 9.7%


/////////////////////////////

今回の話のメインは、大竹しのぶ演じる洋貴の母の
15年間心の中にあった正直な気持ちの告白でしょう。
それを後ろで聞いていた洋貴の、瑛太の顔演技も素晴らしかったし。

でも、それ以上によかったシーンが
洋貴と双葉がラーメンをすすりながらのシーン。
たわいもないお互いの夢の話から
被害者遺族である洋貴が、加害者遺族である双葉に
励ましの言葉。

双葉の手を握ろうとして、少し触れただけで
思いとどまった禁じられた愛。
切ない感じが見事に表現されたいいシーンだったと思います。


この満島ひかり演じる双葉。
お化粧などせず、服装も地味で、ひっそりと暮らし
たくさんの非難を浴びながらも卑屈にならず
母が本当の母でないことを知っても、その悲しみを出さず気丈に振る舞い
被害者遺族の洋貴に申し訳ない気持ちを持ちながらも
洋貴に腰が引けながらもツッコミを入れる双葉。

言葉にするのは難しいですね。

幸せになってほしいとは思うんですが
どうなってしまうんでしょう。

月刊満島ひかり (SHINCHO MOOK 127)







「それでも、生きてゆく」キャスト

深見 洋貴 - 瑛太
遠山(三崎)双葉 - 満島ひかり

雨宮 健二(三崎文哉) - 風間俊介(ジャニーズJr.)
日垣(深見)耕平 - 田中圭
日垣 由佳 - 村川絵梨
日垣 誠次 - 段田安則
野本(深見)響子 - 大竹しのぶ
深見 達彦 - 柄本明
深見亜季(享年7) - 信太真紀
草間 真岐 - 佐藤江梨子
草間 五郎 - 小野武彦
遠山(三崎)隆美 - 風吹ジュン
三崎 駿輔 - 時任三郎
遠山(三崎)灯里 - 福田麻由子
藤村 五月 - 倉科カナ
臼井 紗歩 - 安藤サクラ


脚本:「Mother」の坂元裕二、オリジナル。





ドラマ『それでも、生きてゆく』情報はランキングから。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。