最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


JIN―仁―2最終回、今度の終わり方はどうだ

「JIN―仁―」ドラマ事情報は、ランキングから


視聴率は、26.1%右斜め上



第1話:23.7%
第2話:18.4%
第3話:20.4%
第4話:20.7%
第5話:20.8%
第6話:18.8%
第7話:18.8%
第8話:18.7%
第9話:19.2%
第10話:21.1%


//////////////////////////////////////////////////

終わってしまいましたね。
なんか、運動会やお祭りが終わった後に感じるのと同じような
物悲しい気持ちです。


最終回の終わり方。
前回はどうだったのか、読み返してみました。
前回の最終回感想はこちら

何気に気がついたんですが、今回の視聴率は
前回も含めて一番だったんですね。


話を戻します。
前回はいろんなモノを積み残したままの最終回で
かなり批判もあり、映画化も噂されていました。

それに比べると今回は、納得出来る最終回でした。
タイムトリップや胎児の腫瘍の謎は
山本耕史演じる後輩の野口に解説させるカタチで展開。

パラレルワールドとかよく解らん理論で、「ということでどうです」と
煙に巻かれた気もしないでもないんですが・・・

最後、歴史の修正力が働く中
咲の仁に対する愛、仁の咲に対する愛が
養子になった野風の子孫・橘未来が取り持つという
劇的な終わり方に、僕の心は「感動」という感情で上書きされました。


綾瀬はるかをはじめ、内野聖陽、中谷美紀・・・
皆さん素晴らしい演技だったわけですが
やっぱり主演の大沢たかおの体を張った演技が印象的です。

主役なのにキレイな顔でいることは殆どなく
泥に汚れ、血にまみれ、汗だくになりながらの治療。

フンドシ姿で拷問に耐え、権力の前にも屈せず立ち向かい
顔をクシャクシャにして泣き叫び、患者の死に自らの無力に悩み苦しむ演技から
咲の助言に子供のように「はい!」と答える演技まで。

大沢たかおの幅広い演技にホント魅了され、記憶に残る演技でした。




僕の中では、2011年上半期の中で1番のドラマです。


●『JIN-仁- 完結編』関連商品、名言集、フォトギャラリーは⇒こちら


●映像ではなく文字で振り返りたいなら
「第1シーズン」「完結篇」を合わせた完全シナリオ集!
また、この壮大なストーリー、ドラマチックな世界観をいかにして構築したかなど
プロデューサー、脚本家、ディレクターが語りおろす舞台裏インタビュー、制作秘話も
満載ボリュームで掲載。

『JIN―仁―』完全シナリオ&ドキュメントブック
『JIN―仁―』完全シナリオ&ドキュメントブック




「JIN―仁―」キャスト

南方仁 - 大沢たかお
友永未来・野風 - 中谷美紀
橘咲 - 綾瀬はるか
坂本龍馬 - 内野聖陽
橘恭太郎 - 小出恵介
佐分利祐輔 - 桐谷健太
山田純庵 - 田口浩正
橘栄 - 麻生祐未
勝海舟 - 小日向文世
喜市 - 伊澤柾樹
茜 - 橋本真実
多紀元琰 - 相島一之
福田玄孝 - 佐藤二朗
西郷吉之助 - 藤本隆宏
東修介 - 佐藤隆太
中岡慎太郎 - 市川亀治郎
近藤勇 - 宮沢和史(THE BOOM)
皇女和宮 - 黒川智花
佐久間象山 - 市村正親
久坂玄瑞 - 林泰文




「JIN―仁―」ドラマ事情報は、ランキングから


この記事へのコメント
久しぶりにいいドラマをみたような気がします。
今日リピしているけど、あの手紙のところで涙が止まらないには私だけ、、、?
Posted by いちご at 2011年06月27日 13:16
こんにちは。終わってしまいましたね。。。
私の中でも、ダントツ1番のドラマです。記憶に残る作品になりました。


Posted by yukinko at 2011年06月27日 14:13
切ないなかにも清々しさを感じさせる、素晴らしい結末でした。
謎だらけのままだった前回から、よくぞこんな納得の結末を導き出せたものと感動しています。
ストーリーも俳優陣の演技も秀逸で、久々に見応えのあるドラマでした。
 ただ、ホワイトボードの説明は、ちょっと私には難しかったです(汗)

今度の日曜日は 何を楽しみにしたらよいのか・・悲しい気分です。
Posted by ゆう at 2011年06月27日 16:31
どらまるさんこんばんは♪仁とてもよかったです☆私は最初の放送は見ていなくてあらすじ位しかわからなかったんですがかなり楽しめました。あの出演者あってのドラマだった気がします。いいドラマでした。
Posted by ちゃんかん at 2011年06月27日 19:59
咲の治療薬がガケの上にあったのはなぜ???

という素朴な疑問が残りましたが、タイムスリップの細かな点は
どうでも良いと思えるくらい、咲の手紙が心に染みました(T_T)(T_T)

大沢たかおはもちろん良かったのですが、意外にも髷が似合っていた
小出恵介クンも良かったです。益々ファンになりました。
Posted by ずくん at 2011年06月28日 19:19
どらまるさん こんばんは。
いろいろ疑問は残るけど、野口先生の解説、咲の手紙・・・私の中では、すとんと納得出来たラストでした。
本当は仁先生と咲が幸せに暮らすラストが見たかったなと思いますが、ホワイトボードの解説通り、パラレルワールドとして幾重にも少しずつ違った世界があるならば、二人が一緒に幸せになる世界もきっとあるはず。
本当にいいドラマでした。
Posted by きゅう at 2011年06月29日 00:20
前回の最終回の時にもコメントしました。私、続編やるの反対だったんです。謎解きや史実に合わせることで、話に違和感が生じそうで。
でも、続編よかったです。タイムスリップという特異な話なんだけど、あの手紙が時空を超えた二人の強い絆を表した壮大なドラマでしたね。
役者さんの演技・脚本・音楽素晴らしかったです。大沢さんのナレーション素敵でした。
Posted by たかたく at 2011年06月29日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。