最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


JIN―仁―2・第2話・ここまでやるか大沢たかお、ふんどし一丁で拷問

「JIN―仁―」ドラマ事情報は、ランキングから


視聴率は、18.4%右斜め下


今週より裏でフジのドラマ「マルモのおきて」がスタート。
視聴率は11.6%と、この時間枠の初回視聴率としては
パーフェクトリポート:7.7%、スクール:11.0%を
上回り過去最高。
このドラマ枠が認知されだしたのか?面白いのか?
「mother」の芦田愛菜ちゃんが出ているし、気になるドラマなんですが。



第1話:23.7%


JIN―仁―前シリーズの視聴率

第1話視聴率:16.5%
第2話視聴率:16.4%
第3話視聴率:17.2%
第4話視聴率:17.2%
第5話視聴率:20.3%
第6話視聴率:20.2%
第7話視聴率:16.8%
第8話視聴率:22.3%
第9話視聴率:16.1%
第10話視聴率:20.4%
最終話視聴率:25.3%

//////////////////////////////////////////////////

予想をはるかに超える面白さ。
ちょっと群を抜いてますなあ。

家計をやりくりするために、身の回りのものを質入れ。
それを口外することもなく、奥ゆかしく仁に尽くす咲。

さらに野風とも一緒に住むようになって
野風を通して見える未来への嫉妬。
不器用な優しさで尽くす咲の想いに、キュンときますね。




そんな前半とは打って変わって、後半では牢屋での囚人たちの拷問。
ちょっと明日のジョーを思い起こすようなシーンでしたが
驚きは大沢たかおの熱演です。

ふんどし一丁で囚人たちに担がれて、拷問されて、口を塞がれ。
ゴールデンタイムの主演男優でここまでやる人は、そうはいませんよ。
もう釘付けです。




もうひとつ、このドラマには面白味があります。
それは、現代からタイムスリップしたということで
仁が歴史上の著名な人物とたくさん出会い
それらの人々と関わることで、未来が変わるかもしれないという疑念です。

仁が心の声でつぶやきます。
幽体離脱した自分を見る如く、客観的に。

牢屋に入れられてこんな目に合うのは、神の裁きなのだろうか?とか
口を塞がれ遠のく意識の中で、このまま死んだら現代に戻れるのだろうか?とか

憂いべく事態なのに、冷静に語るこの語りが
このドラマの懐の深さなんですよね。


JIN-仁- DVD-BOX





「JIN―仁―」キャスト

南方仁 - 大沢たかお
友永未来・野風 - 中谷美紀
橘咲 - 綾瀬はるか
橘恭太郎 - 小出恵介
佐分利祐輔 - 桐谷健太
山田純庵 - 田口浩正
橘栄 - 麻生祐未
勝海舟 - 小日向文世
坂本龍馬 - 内野聖陽
喜市 - 伊澤柾樹
茜 - 橋本真実
多紀元琰 - 相島一之
福田玄孝 - 佐藤二朗
西郷吉之助 - 藤本隆宏
東修介 - 佐藤隆太
中岡慎太郎 - 市川亀治郎
近藤勇 - 宮沢和史(THE BOOM)
皇女和宮 - 黒川智花
佐久間象山 - 市村正親
久坂玄瑞 - 林泰文




「JIN―仁―」ドラマ事情報は、ランキングから


この記事へのコメント
ますます目が離せない展開ですよね。
主人公の仁が死んでしまうことはありえないと判っていても、
やはりハラハラしてしまいます。

さて、裏の「マルモのおきて」ですが
やはり子役の二人が泣かせます。上手すぎる演技…
芦田愛菜ちゃんは可愛いけど、バラエティとか情報番組でのコメントが
上手すぎて、たまにイラッとすることがあります。大人げないかな f^^;
Posted by ずくん at 2011年04月26日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。