最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


デカワンコ第3話、手越祐也

ドラマ「デカワンコ」の情報はランキングから。


視聴率は、12.1%右斜め下

第1話:13.0%
第2話:12.8%



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ワンコと桐島は、新婚夫婦を装い向かいのアパートから張り込み。
ワンコと桐島のやりとりが展開していきます。

桐島はワンコを認めておらず、見下しているのですが
現実はワンコの臭覚が事件解決に繋がって
ワンコの方が実績を上げている状態。

そんなアンバランスな心理を手越祐也は
上手く表現しているのではないでしょうか。
ワンコに惚れてしまう状況になれば
さらに期待したいですね。



直木賞作家・重松清が絶望の淵を駆け抜けた少年の心の痛みを描いた小説を映画化!心優しい少年シュウジは、世の中を斜に見ることしかできない孤独な少女エリと出会い、恋心を抱くが彼女は東京へ引っ越してしまう。やがて、兄が起こした放火事件から一家離散に。一人になったシュウジは東京へ向かうのだが、途中で殺人未遂事件を起こしてしまう…。手越祐也、韓英恵、中谷美紀ほか




●「デカワンコ」キャスト

多部未華子:花森一子(通称・ワンコ)
拳銃にストラップを付け、ゴスロリファッションで捜査現場に向かう新人刑事。
その拳銃はミニスカートの下に忍ばせている。
警察犬ばりのきゅう覚を持つ。
決めゼリフは「ニオイます!」。

沢村一樹:重村完一
13係の主任警部補。
「落としのシゲさん」の異名をとる。

手越祐也:桐島竜太
考えるより先に手が出るイケメン若手刑事。
当初、ワンコに拒否反応を示すが、次第にペースに巻き込まれ、共に成長していく。

小松原勇気:吹越満
和田純:石塚英彦
柳誠士郎:大倉孝二
デューク・タナカ:水上剣星
五十嵐太一:佐野史郎
門馬次郎:升毅

田村和正:田口トモロヲ
ミハイル:シェーン
松田洋雄:伊東四朗
青木琴美:渡辺直美

脚本 - 伴一彦




ドラマ「デカワンコ」の情報はランキングから。


この記事へのコメント
「疾走」
原作もいいですけど、映画もすごくいいです。
Posted by ずくん at 2011年01月31日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。