最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


パーフェクト・リポート第7話・出世虫も脱皮したし、一番の出来だったなあ

ドラマ「パーフェクト・リポート」の情報はランキングから。


視聴率は、5.6%


第1話:7.7%
第2話:7.9%
題3話:7.6%
第4話:9.7%
第5話:6.0%
第6話:5.6%



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今までの中で一番の出来だったと思います。

メインは、心的病気になってしまった出世虫の帰省療養の話。
父親が地方新聞の記者をやっていて
最初、そんな父親を見下していた出世虫が、最後には尊敬の念に変わる
ありがちな話ですが、なんか良かった。

父親役が北見敏之というキャスティングもよかったのかも。

現場復帰を果たす仕事虫なんですが
それは父親だけの影響ではなく、遊軍取材班の後押しもあったから。
チームのバックアップがあってこそ。
うまくまとまっていました。


あと、桃井の失敗を率先して奥澤がフォロー。
今までにはなかったことでした。
ダメダメだった遊軍もチームとして、成長していく姿が心地良かったですね。

仕事虫も桃井も、決して
「砂漠で一人ぼっちで雨乞いしている気分」ではなかったはず。





「パーフェクト・リポート」キャスト

松雪泰子:蒼山叶

小出恵介:赤坂衆:入社6年目の元政治部記者
世渡り上手。
今の若者をリアルに反映したような、無駄なことはやらない主義の男。
「オンエアに乗らないニュースは取材する意味なし」
というドライな考え方。
事あるごとに蒼山とぶつかる。

相武紗季:奥澤緑:入社3年目・バラエティ専門の人気女子アナ
「彼女にしたいアナウンサー」のNo.1に選ばれるほどの人気者。
タレント気質が激しく、アナウンサーでありながら報道の知識はゼロ。
ある夜、たまたま読むことになった緊急ニュース特番の原稿を間違いまくり
上司から「報道で勉強して来い」と、3カ月間の期限付きで送りこまれた
女子アナ崩れの爆弾娘。

要潤:黄田功:偏屈な映画監督気取りの報道カメラマン
映画の撮影カメラマン志望。
事件・事故の現場で、ゆったりとした画ばかりを撮り、使い物にならない。

小日向文世:白石弘
一見、人は良さそうなのに、知りたい情報をゲットするためには
取材対象者すらも笑顔でだますため、取材先からクレームが絶えない。

遠藤雄弥:桃井 祐
アシスタントディレクター

小柳 友:紫村 健
カメラアシスタント。

平山浩行:黒井 彰
ニュース編集部デスク。




ドラマ「パーフェクト・リポート」の情報はランキングから。 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。