最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


二宮和也・柴咲コウ、映画「大奥」

2010年10月1日公開の映画「大奥」。

主演は、二宮和也・柴咲コウ。
監督は、金子文紀監督。
原作は、よしながふみ。




男女の役割が逆転した大奥を舞台に
1人の女将軍に3000人の美男が仕える世界を描く。



●大奥キャスト

徳川吉宗:柴咲コウ
熾烈な御三家の跡目争いから、徳川第8代将軍となった女傑。
不況の世を憂い、質素倹約を旨に果敢に政治改革に挑む。

水野祐之進:二宮和也
男女の役割が逆転した江戸で、ただひとり武士道を追い求める。
困窮した旗本のお家を救うため、身分違いの幼馴染への想いを忘れるため
大奥に上がることを決意する。

お信:堀北真希
幼馴染の水野と両想いながら、貧乏旗本の水野と
名門薬問屋の娘という身分の違いの叶わぬ恋に悩む。

鶴岡:大倉忠義
大奥ナンバーワンの剣の達人。
しかし、水野との剣道の試合で敗れ
恋慕する上司・松島に捨てられ乱心。
水野に決闘を挑む。

杉下:阿部サダヲ
大奥に入って10年の古参。
貧しい御家人の家出身で、出世を諦めながらも大奥で
一生生きていくことを決意する。
新入り水野の指南役。

松島:玉木宏
大奥で将軍にお目見えできる選りすぐりの中でも
美貌・聡明さにおいて最も秀でている。
将軍の籠愛を受け出世を目論む。
上司・藤波や配下の鶴岡との身体の関係を持つ策略家。




●コメント

柴咲コウ
『客観的に女性が将軍となっての「大奥」、どんな映画になるのか楽しみです。
コミックを読んで、男女が逆転した世間の描き方に妙に説得力があったし、現代に通じる女性の芯の強さがより濃く感じられました。
二宮和也さんとのお仕事は初めてですが、足を引っ張らないよう、かつ、お芝居を間近で受けられる喜びを携え、現場を楽しみたいと思います』

二宮和也
『初の時代劇に、初共演と初物づくしな印象です。
柴咲さんと共演できると聞いて、嬉しかったです。
お芝居がうまいと思える人と一緒にできるっていうのは、とても幸せな現場だなあっと。
今から楽しみです』

堀北真希
『誰も思いつかない面白い設定の作品に出演することが決まり、ワクワクしています。
また、役者として尊敬している二宮さんと共演させていただけるということで、たいへん嬉しく思っています』

大倉忠義
『初めて二宮さんと共演することになり、とても楽しみにしています。
豪華共演者の方々の中で、自分の色を出せるように頑張ります』

阿部サダヲ
『杉下、カッコイイです。
この役に自分が挑戦させて頂けるということが嬉しいですし、感謝しています』

玉木宏
『原作は斬新な切り口で、瞬時にそ世界観に入り込んで読み入ってしまいました。大切なことがたくさん詰まった作品になるよう、大奥の一員松島をしっかり演じていきたいと思います』





また凄い設定ですね。
どんな映画になるのでしょう。

配役は、すごく面白そう。
それに豪華ですね。

見に行くかも。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。