最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


任侠ヘルパー最終回・りこは、グレープフルーツサワーが好きだった

任侠ヘルパー、情報は、ランキングから

最終話「最後の手段」

第1話視聴率:17.5%
第2話視聴率:13.8%
第3話視聴率:14.2%
第4話視聴率:17.8%
第5話視聴率:13.2%
第6話視聴率:12.2%
第7話視聴率:15.7%
第8話視聴率:15.7%
第9話視聴率:15.7%
第10話視聴率:13.0%
最終話視聴率:15.6%


記事のタイトルは、いつもあっさり決まります。

ドラマを見る時は、傍らにノートと色鉛筆を用意し
雰囲気的にいいセリフを言いそうだなという時に
耳コピーで書きとります。
それをタイトルにしたり。

あるいは一番印象的なシーンをコンパクトにまとめるか。



でも、この最終回は、少し悩んだ。
だって、いいシーンがたくさんありすぎて選べない。


意表をついて、「グレープフルーツサワー」のシーンにしたけど
このシーン、けっこういいシーンだった。

りこは、普段組長として立場があるし、気を許すことはまずない。
でも、今回初めて、やくざとしてではなく
若い女性としての本音が垣間見れたシーンで
なんだろう
りこの置かれている立場の厳しさを知ったって感じかな。

居酒屋で「グレープフルーツサワー」を頼んだぐらいで
心に留まることなんてまずないからね。



他にも、タイトル候補目白押しで
「こども店長、自らほっぺをムギュ」ってのも浮かんだ。

父親と継母の元で暮らすことになった涼太。
寂しくなって母親のところを訪ねるけど
「しばらく会わないって約束したでしょ」と
追い返されてしまう。

その辛さを乗り越えるためなのか
その辛さを分かってもらうためなのか
彦一のところへ行く。

そこで寂しさがあふれ出し、泣きそうになる涼太は
弱い姿を見せたときに彦一が涼太にする「ほっぺをムギュ」を
自らやって、悲しみを我慢する。
それを温かく見守る彦一。

ここは、泣けましたねえ。
いいシーンでした。



あと、別の記事タイトル比較という意味で
「四方木りこ土下座る」とか
「黒木メイサと草g剛のキス」とか


警察との格闘シーンでの
「草g剛のライダーキック」とか


書き出したらキリがないのでこの辺でやめておきますが
いいドラマでした。

任侠を通して、介護の世界の一端を上手く描いていた
と思います。






『任侠ヘルパー』キャスト

草g剛:翼彦一
黒木メイサ:四方木りこ:女組長、死んだ兄に代わって組長になる。

藪宏太:鷹山三樹矢:元極道ヘルパー
五十嵐隼士:黒沢五郎:元極道ヘルパー
夕輝壽太:六車雅人:元極道ヘルパー
仲里依紗:美空晴菜
山本裕典:和泉零次:構成員たちを受け入れる介護施設員
向井理:高田和樹

松平健:鷹山源助:隼会大幹部
宇梶剛士:二本橋賢吾:苦労人の組長
大杉漣:園崎康弘:介護施設のオーナー


中別府葵:日野弥生
安田美沙子:堀井皐月
橘ユキコ:松原浩美
山田親太朗:大島陽介
高木万平:古賀健介
高木心平:古賀康介
甲斐まり恵:戸川由香
三浦まゆ:野村愛子

夏川結衣:羽鳥晶:彦一と対立していくこととなる介護事業組織のやり手社長
加藤清史郎:羽鳥涼太:女社長の息子役

彦一と女社長は、反発し合いながらも
何か特別な感情が…
女組長も、一目おいていた彦一を意識し出す。

脚本は、古家和尚。




任侠ヘルパー情報は、ランキングから


この記事へのコメント
良かったですよね!
涼太がほっぺたを自分でギュッてするとこ、泣けましたね(泣)
あれで終わってもいいんですけど…でも、続きが見たいです!!彦一何だかんだで結局りこちゃんを選んでくれないかな…
Posted by みー at 2009年09月18日 08:38
自分もほっぺとサワーかな(^o^)
草なぎくん色々あったけど演技上手いし役に対してストイックな感じもあって素晴らしいと思いました。1クールに1本あるかないかくらい続編希望したい作品でした。
Posted by せいちん at 2009年09月18日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。