最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


ブザー・ビート第9話、王道的展開

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜、情報は、ランキングから


第9話「引き裂かれた絆」

第1話視聴率:15.5%
第2話視聴率:13.5%
第3話視聴率:14.0%
第4話視聴率:14.1%
第5話視聴率:13.5%
第6話視聴率:13.8%
第7話視聴率:13.5%
第8話視聴率:17.5%
第9話視聴率:15.0%


前回のラブラブ的な展開から一転
相手を想うがあまりついてしまった嘘が発端で
二人の関係にほころびが生じ始める。

仕掛けているのは、菜月。

『何とも思われないで、記憶から消えるくらいなら
嫌われたほうがまし』
まさに、玉砕覚悟なので強いよね。
というか、怖いよね。


最後、直輝は菜月に「大切な人がいる」見たいなことを言ってました。
これで、菜月は直樹のことを諦めたのか?
どうでしょうね。


で、今度は川崎の帰国。

1本のひまわりを手にする直輝。
かつて、抱えきれないほどの花束をプレゼントした川崎。

目が離せません。





「ブザー・ビート」コラボTシャツ






次週

直輝は、莉子に一輪のヒマワリを買い、彼女のアパートへと急いだ。

莉子は、ボストンから帰国した川崎に会っていた。
直輝とケンカし、バイオリニストへの夢も諦めようとしていた莉子は
『幸せ』と答えながら、涙をこらえきれず、川崎の胸の中へ。

直輝が莉子のアパートに到着。
莉子の部屋からちょうど川崎が出てくる。

公園に行き、直輝と対峙した川崎は
『お前に彼女を守れるとは思えない』と言い放つ。




帰国した川崎の下、練習が始まったが
直輝は足首に激痛。
病院に運び込まれる。

医師から手術を勧められた直輝。
それを拒絶。

しかし、直輝の意志を無視し
「一刻も早く手術の日程を決めてほしい」
と医師に申し出たのが、菜月だった。



一方、莉子。
ある音楽財団の事務室に呼び出され
八尾隆介(升毅)と対面する。
八尾は、この音楽財団の理事長。
ある演奏会で、バイオリニストに欠員が出たことを伝える。


詳しいあらすじは、ブザー・ビートホームページへ。




過去記事

●:ブザー・ビート第1話、相武紗季の舌打ち

●:ブザー・ビート第2話、北川景子の罵声

●:ブザー・ビート第3話、相武紗季のベッドシーンにドキドキ

●:ブザー・ビート第4話、相武紗季の濃厚なキスシーン

●:ブザー・ビート第5話、山下智久の涙

●:ブザー・ビート第6話、山下智久と北川景子のキス

●:ブザー・ビート第7話、北川景子の泣き顔

●:ブザー・ビート第8話・莉子、と呼んでみた





「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」キャスト

●上矢直輝:山下智久:
小学生の頃にバスケの試合でブザー・ビートを決めてから
プロになることを決意。
ふとしたことで知り合った莉子と仲良くなり
友情から次第に好意を持つように…。
母、姉、妹の女系家族。
経済観念がしっかりしていて無駄遣いはせず、ガツガツしていない。
A型。

●白河莉子:北川景子:
曲がったことはキライで男っぽい一面もあるが、根は純情できまじめ。
誰にでも親切で、物おじせず、おせっかいな面も。
川崎に告白され、心が揺れるが直輝を見ているうちに
その優しさとバスケットに真摯に打ち込む姿に
やがて恋に落ちる。
O型。

●七海菜月:相武紗季:
美人でダンスもうまく、後輩たちからもあこがれの存在。
上昇思考が強く、ダンスの研究にも余念がない。
うだつのあがらない直輝に愛想をつかして
スター選手で、ワイルドタイプの代々木に引かれていく。
肉食系女子。
O型。


●海老名麻衣:貫地谷しほり
音大を卒業して、フルート奏者を目指している。
マイペースだが、バイタリティーがあって、行動的。
グルメマニアで、おしゃれが大好き。
恋バナが大好きなわりに、自身は慎重派で、彼氏なし。
菜月のようなタイプの女が嫌い。
B型。

●川崎智哉:伊藤英明
現役時代は、MVPを獲得するなどバスケ界では名の知れた選手だった。
ひざのけがで、引退してからコーチに。
莉子に一目ぼれし、次第に莉子を心から愛するようになる。
人格的にも、社会人的にも優れている。
恋をし始めると、少々強引な面を持つ。
O型。

●秦野秀治:溝端淳平
直輝の後輩。
関西出身の甘え上手の弟キャラ。
補欠から抜け出せない。
A型。

●代々木廉:金子ノブアキ:
スタープレイヤー。
ポイントゲッターだが協調性に欠け、ラフプレイも多い。
菜月にちょっかいを出す。

●宇都宮透:永井 大
人格者で、チームのまとめ役。
モテるのに何年も彼女がいないため、ゲイ疑惑がある。
川崎に昔からあこがれている。
直輝は伸びると感じていて、いろいろ親切にアドバイスをする。
O型。

●守口修斗:青木崇高
レギュラー。
直輝と仲良しの先輩プレーヤー。
妻子を持っているバスケットプレーヤー。

●足利国光:小木茂光
チームの部長。

●金沢しおん:小松彩夏
新人チアリーダーで、菜月の後輩。
華があり、選手や観客たちにも大人気。

●春日部良夫:金田 哲(はんにゃ)
チームのマネージャー。

●松山亮介:川島章良(はんにゃ)
トレーナー。

●上矢真希子:真矢みき
直輝の母。
夫と円満離婚し、インテリア家具店の店長としてバリバリ働いて
3人の子供を育ててきた。
息子にもっと活躍して欲しい、あの子はもっと輝ける、と思っている。

●上矢優里:大政絢
直輝の妹。
女子高生。
お兄ちゃんに、もっとしっかりしてほしいと思っている。



脚本は、大森美香のオリジナル

主題歌:B'z「イチブトゼンブ」





ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜・情報は、ランキングから


この記事へのコメント
確かに王道ですよね!!わかりながらもグングン引き寄せられる感じがします♪ドキドキ感がまたいいですね(^O^)
Posted by ちゃんかん at 2009年09月08日 16:04
ちゃんかんさん。

もう最終回まで見逃せませんね。
どんなブザービートを見せてくれるのでしょう。
Posted by どらまる at 2009年09月08日 22:28
いつも楽しく拝見させて頂いてます♪
今夏だけの話ですよね?!展開が早いですね。だからこそ、菜月の気持ちも分かります。
自分だけを真っ直ぐ見ていてくれて、プロポーズまでしてくれた直輝が、こんな僅かな間に莉子に心を移して…。
今の若者の恋愛自体、進展が早いのかもしれませんが、今時珍しいくらい実直で誠実な男として直輝が描かれていた分、彼の心の動きには違和感を覚えてしまいます。だから、ちょっと斜めにドラマを見てしまうのかな。
Posted by aiko at 2009年09月08日 23:00
王道というか恋愛ドラマはストレートなのが好きです。クサい台詞がなければの話ですが(笑)
恋愛スタートから結婚まで短い人が多いから色んな展開が早いのかな?って。自分は慎重なんですが(^o^)
Posted by せいちん at 2009年09月09日 08:33
aikoさん。

確かにそれは、ありますよね。
人間の心は、やっぱり、うつろいやすいのかなあ。


せいちんさん。

電撃っていう言葉も
そのうち死語になるかもしれませんね。
Posted by どらまる at 2009年09月13日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。