最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


赤鼻のセンセイ第7話、イリュージョン?

赤鼻のセンセイ、情報は、ランキングから

第7話「友人の死!消えた笑顔」

第1話視聴率:9.4%
第2話視聴率:8.9%
第3話視聴率:8.2%
第4話視聴率:7.9%
第5話視聴率:6.9%
第6話視聴率:7.9%
第7話視聴率:8.7%


ドラマは、話をうまく展開させるために
突っ込みたくなるシーンによく遭遇します。
今回もそう。

参太朗が盲腸で入院。
隣のベットに漆原という男が、病室を移り変わってくる。
夜、たわいもない話をしながら眠りにつき
翌朝、参太朗が目を覚ますと、漆原がいない。
布団も消えてなくなっていた。

漆原は、昨夜、急死したというのだ。
隣に寝ているのだから、そんな異変が起これば
気がつくだろう。
そう、突っ込みをいれたくなるんですね。


ただ、深く考えると
夢の中ででも起こったような演出にしたのは
『病院は死ぬ場所ではなく、生きる場所』という太川の言葉などから
漆原の死をオブラードに包んだのかなと。



今回は、今までと少し展開が変わっていて
脳天気だった参太朗が、漆原の死に直面して
自分の置かれている状況を顧み反省。
変わり始める転換期のような感じです。


和田っちが、痛々しい医療器具をつけながら
参太朗を激励するシーンには、ちょっとホロっと来たなあ。









次週

桜山の兄・幸一(羽場裕一)が、帰ってきた。

幸一は、桜山に近々院内改革を行うと断言し
院内学級の閉鎖を命ずる。
困った桜山は、院内学級の閉鎖を心配する石原達に
「心配ない」とつい嘘をついてしまう。

ところが、石原は幸一の口から院内学級の閉鎖を告げられる。

『ちょっと待ってください!
子供達が勉強して喜んでいたの、知ってるでしょう!』
はっきりしない態度の桜山にも怒りをぶつける石原。

しかし、幸一から
『君は明日から来なくていい』とクビにされる。


詳しいあらすじは、赤鼻のセンセイホームページへ



「赤鼻のセンセイ」キャスト

石原参太朗:大泉洋:院内学級教師(中学生担任)
太川絹  :小林聡美:院内学級教師(小学生担任)
七瀬遥華 :香椎由宇:小児科医
桜山真  :上川隆也:桜山総合病院院長。

権田俊郎:光石研:院内学級教師(美術担当)。
西森倫子:平岩紙:院内学級教師(音楽担当)。


八重樫 守:神木隆之介:中学3年生・難治性喘息
和田雅樹:須賀健太:中学2年生・急性骨髄性白血病
田中香:高良光莉:中学2年生・慢性肝炎で入院中

本間 ゆうた:前田航基(まえだまえだ):小学4年生。複雑骨折
本間 きいた:前田旺志郎(まえだまえだ) ゆうたの弟

横山 一:尾美としのり:定食屋「一膳飯」店主。

近藤ミチル:入山法子
遠野治雄:高橋努
滝川琴美:工藤里紗
横山千紘:能世あんな
牧村優:田島ゆみか
樋口陽子:住谷念美




ドラマ赤鼻の先生情報は、ランキングから


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。