最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


官僚たちの夏第5話、堺雅人の侍スピリット

官僚たちの夏、情報は、ランキングから


第5話「電算機を救え」

第1話視聴率:14.5%
第2話視聴率: 9.1%
第3話視聴率:10.6%
第4話視聴率: 8.0%
第5話視聴率: 8.3%

庭野を演じる堺雅人が、また、熱い演技を見せてくれました。

アメリカのコンピュータ企業・IDN社が日本進出のため副社長が来日。
通産省の保護政策を痛烈に批判し
IDN製コンピュータの輸入を求めてきた。

一方の通産省。
日本の将来のために
国内のコンピュータ産業は絶対に必要と考えていた。

今、IDN製コンピュータの輸入を許可すると
日本のコンピューターメーカーは潰れてしまうと
IDN社とギリギリの交渉を続けていた。

しかし、交渉は平行線。
交渉決裂かと思われたときに
庭野の熱弁です。


保護貿易政策がいいのかどうかは分からないけど
『必要とあらば、この窓からいつでも身を投げる覚悟がある』という
心意気は、心打つものがあります。







次週

昭和36年。
風越は、企業局長に昇進。
来るべき貿易自由化から、国内産業を守る法案作成に奔走していた。

法案は、国際競争時代に備え、産業再編や企業合併を推進
それを税制金融面から支援するというもの。

しかし、通商局長に就任した玉木は
『役所主導で合併統合を進めれば
民間の自由な企業活動が保障されなくなる』と反対。


そんな中、公害問題が浮上。
風越は『日本をここまで豊かにした産業が、まるで悪者だ』と
公害問題に目を向けようとはしなかった。

一方、玉木らは
『アメリカと違って日本は狭い。
対策を急がないと日本は公害大国になる』
と問題を深刻に捉えていた。


詳しいあらすじは、官僚たちの夏ホームページへ。


「官僚たちの夏」キャスト

風越信吾  : 佐藤浩市
庭野貴久  : 堺雅人
鮎川光太郎 : 高橋克実
西丸賢治  : 佐野史郎
丸尾要   : 西村雅彦
牧順三   : 杉本哲太
山本真   : 吹石一恵
御影大樹  : 田中圭
風越道子  : 床嶋佳子
風越貴子  : 村川絵梨

片山泰介 : 高橋克典
玉木博文 : 船越英一郎
池内信人 : 北大路欣也



脚本:橋本裕志


官僚たちの夏情報は、ランキングから


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。