最近の記事
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索する



君の名は。バナー


ありふれた奇跡第3話、翔太が死のうとしたわけ

「ありふれた奇跡」情報は、ランキングから。


第3話視聴率:10.1%
第2話視聴率:10.9%
第1話視聴率:12.5%


加奈から
『これはデートではなく、死のうとしたことのある人の会だ』
と言われ、残念に思いながらも納得する翔太。
そして、死のうとした理由を聞かれる。

死のうとしたわけを、話そうとする翔太だったが
話そうとすると、体が震えて
話すことができなかった。

そんな翔太を抱きしめる加奈。



しばらく後、きれいな夕日を浴びながら
少し高台になったところの手すりに腰をかけ
突然、死のうとしたわけを始める翔太。

それは、文房具会社に入社したての頃の話。
翔太は、4人の新入社員の中で、1番営業成績が悪く
上司に呼び出された。
そこで、上司から屈辱的な言葉を浴びせかけられる。

翔太は、何も言い返すことができず
あげく、帰り際には、その上司に愛想笑いをしてしまう。

そんな自分が情けなくって、許せなくって…
自宅の倉庫で首を吊ろうとした。

それを祖父に見つかり、思いとどまったと
さめざめと涙を流しながら
翔太は、そう言った。





翔太の言葉と、沈みゆく夕陽と、エンヤの歌と。
その情景は、とても印象的なシーンでした。



次週

加奈に家が見たいと言われ
翔太は、加奈を家に連れてくる。



しばらく後。
桂(戸田恵子)が、家で1人ブランデーを飲んでいると
静江(八千草薫)がやってきて、1枚の写真を桂に差し出す。

その写真は、加奈が翔太と翔太の家族とで田崎家前で撮ったもの。
桂が、その写真を朋也(岸部一徳)に見せると、朋也は何か気になるようで…。


詳しいあらすじは、ありふれた奇跡ホームページ



ありふれた奇跡キャスト

<中城家>
中城加奈:仲間由紀恵

一見、明るく普通の女性。
でも、家族にも言えない心の傷を抱えている。
偶然知り合った翔太に、自分と同じ匂いを感じ、次第に惹かれていく。


中城朋也:岸部一徳

加奈の父。
精密機械メーカーで順調に出世を重ねてきたが
家族には言えない秘密がある。


中城 桂:戸田恵子

加奈の母。
自宅で人形教室を開いる。
社交的だが、静江には気をつかっている。
加奈が何か隠しているようで気になっている。


中城静江:八千草薫

加奈の祖母。
楽観的。
加奈とは、友人同士のような関係。


<田崎家>
田崎翔太:加瀬亮

左官職人。
祖父の四郎の下で、ビルの工事現場などを回っている。
心に傷を抱え、普段は口数も少ない。
しかし、加奈に対しては自分と共通するものを感じ
積極的にかかわろうとする。


田崎重夫:風間杜夫

翔太の父。
家業の左官業を継がず、水道局に。
5年前に妻と別れて以来、田崎家は男所帯に。
ある日、妻が再び現れ。


田崎四郎:井川比佐志

翔太の祖父。
左官の親方で仕事には厳しい。
跡を継がず水道局に勤めた重夫には不満を持つ。
孫の翔太のことは気にかけている。


藤本 誠:陣内孝則

電車に飛び込もうとしていたと思われるが
自殺する気などなかったと否定。
誠は、ある悲しい過去を背負い、孤独にほそぼそと暮らしていた。


安藤律子:キムラ緑子
翔太の母。
5年前に男を作って家を飛び出す。
今になって、派手な格好で重夫や翔太の前に…

権藤:塩見三省
警官。
藤本誠の件で駅に呼ばれ、3人と知り合う。

神戸幸作:松重 豊
左官職人。
翔太の先輩。
黙々と仕事をする職人気質の男。

時枝晴美:黒坂真美
トーヨー厨房勤務。
加奈の後輩。

妙:宮田早苗
スナック「妙」のママ。
加奈がよくランチに行く。
翔太や誠も通うようになる。



脚本:山田太一

主題歌
エンヤ「ありふれた奇跡」




「ありふれた奇跡」情報は、ランキングから。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(注)誹謗中傷、内容に関係ないスパムコメントは削除します。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



■動画見放題ラインアップ
『ガリレオ』『昼顔』『BOSS』『のだめカンタービレ』『北の国から』『警部補・古畑任三郎』『コードブルー』『101回目のプロポーズ』『救命病棟24時』『医龍』など…



FX業界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。